2007年10月04日

DS『いただきストリートDS』

2007年6月21日発売/スクウェア・エニックス/5,040円(込)/TBL(ボードゲーム)/1〜4人用
0645.jpg0645-ura.jpg

<ゲーム内容>
 ダイスを振ってマスを進み、誰よりも早くお金を稼いでゴールするのが目的の運と知略が絡み合うボードゲーム『いただきストリート』(いたスト)シリーズのDS版。スーパーマリオとドラゴンクエストのキャラクターが共演。Wi−Fi対応作品。

<操作方法>
 十字ボタン・・・キャラクターやカーソルの移動
 SELECTボタン・・・リリーフの切り替え
 STARTボタン・・・ゲームをスタートする/通信時にチャット画面に切り替える。
 Aボタン・・・コマンドの決定
 Bボタン・・・コマンドのキャンセル
 Xボタン・・・マップの閲覧
 Yボタン・・・マップ閲覧時にカーソル移動が速くなる
 Lボタン・・・ページの切り替え/お店の選択/「アイテムコレクション」でキャラクターを回転させる
 Rボタン・・・ページの切り替え/お店の選択/「アイテムコレクション」でキャラクターを回転させる

2007年08月21日

DS『財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 200万人の漢検とことん漢字脳』

2006年11月9日発売/IEインスティテュート/2,499円(込)/ETC(漢字検定公式ソフト)/1〜2人用
0629.jpg0629-ura.jpg

<ゲーム内容>
 財団法人日本漢字能力検定協会が企画した漢字検定公式ソフト。監修は、藤原和博。漢字検定10級から準1級/1級まで対象としている。書き取り、即読み漢字、筆順、画数、送りがな、三字・四字熟語、熟語の構成・誤字さがしなどのトレーニングが用意されている。個人データは2人まで作成可。

<操作方法>
 上画面・・・操作の説明や、問題の内容を表示します。
 タッチスクリーン・・・全ての操作はタッチスクリーンで行います。なお、左利きの方は左利き設定にした際に、タッチスクリーンが左に来るように持ち替えます。
※ニンテンドーDSを横に持って、操作します。

2007年04月18日

DS『チンクルのバルーンファイトDS』

2007年4月中旬発送/任天堂/2006年クラブニンテンドープラチナ会員特典/ACT/1〜4人用
0574.jpg0574-ura.jpg

<ゲーム内容>
 ゲームモードは3つ。多くの敵を倒してスコアを競う1人用の「1 PLAYER GAME」、DSダウンロードプレイを使って最大4人でバルーンファイトが遊べる「2−4 PLAYERS GAME」、風船をできるだけ多く割ってスコアを競う1人用の「BALLOON TRIP」。基本的にはファミコン版と一緒の内容だが、2画面使用。

<操作方法>
 十字ボタン・・・項目の選択、チンクルの移動
 STARTボタン・・・ポーズメニュー
 Aボタン・・・項目の決定、チンクルが上昇
 Bボタン・・・キャンセル、チンクルが連続上昇
※L+R+START+SELECTを押すとタイトル画面に戻ります。
※A+B+X+Y+L+Rを押しながらゲームを起動すると、データを初期化できます。

続きを読む

2007年01月01日

DS『監修 日本常識力検定協会 いまさら人には聞けない 大人の常識力トレーニングDS』

2006年10月26日発売/任天堂/3,800円(込)/ETC(常識トレーニング)/1〜4人用(※ダウンロードプレイは2人まで)
0523.jpg0523-ura.jpg

<ゲーム内容>
 「ことわざ」、「マナー」、「知識」など様々なテーマから出題される常識問題に答えて常識力を身につけていく事ができる作品。約1800問収録している。Wi−Fiに対応していて全国平均と比較をする事もできる。

<操作方法>
 タッチペンで下画面をタッチ、スライドするだけで操作できます。具体的には、「タッチして答える」、「スライドして線をつなぐ」、「音楽を聴いて答える」、「文字を書いて答える」などがあります。

2006年12月30日

DS『ゲーミックス Vol.1 横山光輝三国志 第一巻 〜桃園の誓い〜』

2006年12月28日発売/ASNetworks/3,990円(込)/ETC(ゲーミックス)/1人用
0522.jpg0522-ura.jpg

<ゲーム内容>
 横山光輝著「三国志」のコミックス1〜10巻が収録されたデジタルコミック。収録されたコミックを読み、年表や地図、TOPICS(人物と用語の解説)で学び、三国志を題材にしたRTS(リアルタイムストラテジー)で遊ぶ事ができる作品。他にもおまけモードで、登場人物のトピックスが読める「人物辞典」と、三国志のクイズゲーム「百人斬り」を楽しむ事ができる。ゲーム×コミックス=ゲーミックス。

<操作方法>
【コミックスモードの操作方法】
 十字ボタン・・・カーソルの移動/項目の選択/(画像閲覧モード時)画像の移動
 SELECTボタン・・・ゲームモードへの切替
 STARTボタン・・・オプション画面を開く
 Aボタン・・・項目の決定
 Bボタン・・・キャンセル (TOPICS表示時)一つ前の画面に戻る
 Xボタン・・・下画面を切り替える
 Yボタン・・・下画面を切り替える
 Lボタン・・・コマを進める。(長押しで早送り)
 Rボタン・・・コマを巻き戻す(長押しで早戻し)
※Lボタン、Rボタン、STARTボタン、SELECTボタンを同時押しすることでゲームをリセットしてタイトル画面に戻ります。

【ゲームモードの操作方法】
 十字ボタン・・・カーソルの移動/項目の選択
 SELECTボタン・・・コミックモードへの切替
 STARTボタン・・・タイトルへ戻る(一番最初のメニューに戻ることが出来ます)
 Aボタン・・・決定(カーソルが自軍ユニットの上にある)個別メニューを開く/(カーソルが自軍ユニット上にない)全体メニューを開く
 Bボタン・・・キャンセル/一つ前の画面にもどる
 Xボタン・・・全体メニューを開く
 Yボタン・・・ヒント表示
 Lボタン・・・選択ユニットの切替
 Rボタン・・・選択ユニットの切替
※Lボタン、Rボタン、STARTボタン、SELECTボタンを同時押しすることでゲームをリセットしてタイトル画面に戻ります。

2006年12月22日

DS『麻雀格闘倶楽部DS Wi−Fi対応』

2006年12月7日発売/コナミ/5,229円(込)/TBL(麻雀)/1〜4人用
0518.jpg0518-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植のオンライン対戦麻雀ゲーム。手牌の拡大表示により牌が見やすくなり、指での操作も可能。独自のマッチングシステムで段位(級位)の近いレベル同士の対戦ができるようになっている。灘麻太郎、小島武夫、二階堂姉妹をはじめとする総勢48名のプロ雀士がCPUとして登場。ダウンロードプレイやワイヤレスプレイにより最大4人までの対戦プレイや、Wi−Fiで全国の人達とも対戦できる。振動カートリッジ対応作品。

<操作方法>
 下画面(タッチスクリーン)・・・操作全般
 十字ボタン・・・項目の選択、牌の選択
 十字ボタン上・・・コマンド
 SELECTボタン・・・(押し続ける)ルール確認(LボタンまたはRボタンでページ切り替え)
 STARTボタン・・・対局の中断、途中棄権
 Aボタン・・・項目の決定、牌を選択中にする、選択中の牌を捨てる
 Bボタン・・・キャンセル、ツモ牌か直前にカーソルの合っていた牌を選択中にする
 Xボタン・・・長考
 Yボタン・・・鳴き無しON/OFFの切り替え
 Lボタン・・・牌を選択中にする、選択中の牌を捨てる
※Lボタン、Rボタン、SELECTボタン、STARTボタンを同時に押すと、タイトル画面に戻ります。

2006年10月18日

DS『直感ヒトフデ』

2004年12月2日発売/任天堂/3,800円(込)/PZL/1〜2人用/セーブデータ数4
0473.jpg0473-ura.jpg

<ゲーム内容>
 タッチペンで白黒ピースをなぞると、白黒が反転。色が横一列揃えばピースが消えます。ピースで画面が埋らないようどんどん消していくゲーム(チャレンジモード)。タッチペンだけで操作できるので、感覚的にプレイできます。翌年はゲームボーイアドバンスでリメイク(http://todays-game.seesaa.net/article/8138281.html)されました。

【ゲームモード】
■チャレンジ・・・画面の上からどんどん落下してくるピースをすばやく消していくモード。
■チェックメイト・・・じっくり考えて一筆書き一手ですべてのピースを消し去るモード。
■バーサス・・・消したピースを相手に送って攻撃ができます。DSワイヤレス通信を利用した対戦モード。
■ラウンジ・・・各種設定や、チェックメイトのエディット問題の交換ができます。

<操作方法> 
 タッチする・・・タッチペンなどでタッチスクリーンを軽く押す操作を「タッチする」と言います。
 スライドする・・・タッチペンなどをタッチスクリーンに軽く当てたまま、画面をなぞる操作を「スライドする」と言います。

2006年09月30日

DS『イコールカードDS』

2006年9月7日発売/電遊社/3,800円(込)/ETC(算数パズル)/1〜5人用/セーブデータ数4
0467.jpg0467-ura.jpg

<ゲーム内容>
 0〜9までの数字と+−×÷の14枚のカード、それぞれに赤・青・黄・緑の4つの色があります。それに「イコールあわせ」モードで使うフリーカード2枚を加えた全58枚のカードがあります。カードの裏側は、すべてEQUAL=イコールと書いてあり、それらを組み合わせて何通りもの計算式を考えながら駆け引きを楽しむ作品。

【ゲームモード】
・イコールドリル・・・カードを並べかえて式をつくる勉強モード。
・イコールならべ・・・カードで式をつくって並べていくゲームモード。一番早く手札が無くなった人が勝ち。
・イコールあわせ・・・同じ数や色のカードをかさねていくゲームモード。一番早く手札が無くなった人が勝ち。
・イコールナイン・・・手札と記号カードを使って、答えが9に近い式をつくるゲームモード。答えが一番9に近い人に多くの点数が加算され、一番早く勝ち点に到達した人が勝ち。

<操作方法>
 『イコールカードDS』は、すべてタッチペンのみで操作します。
〇上画面・・・操作の説明や、プレイフィールドを表示します。
〇タッチスクリーン・・・すべての操作は、タッチスクリーンで行います。

2006年09月17日

DS『Wi−Fi対応 役満DS』

2006年9月14日発売/任天堂/4,800円(込)/TBL(麻雀)/1〜4人用
0465.jpg0465-ura.jpg

<ゲーム内容>
 初心者から上級者まで楽しめる『役満』シリーズ(※)の一つ。サポート(理想型表示)や危険牌予測、アガリ牌の確認、代打ち、麻雀辞典など親切設計。キャラクターはマリオシリーズの面々で、コンピューターでは打ち方が異なるようになっている。ワイヤレス対戦やWi−Fiを使った最大4人までの対戦や戦績の確認など回数を増やせば増やすほど記録が楽しみな作りになっている。

※『役満』シリーズ
 麻雀牌「役満」(参考アドレス:http://www.nintendo.co.jp/n09/majan/majan.html
 FC『役満天国』
 GB『役満』
 GBA『どこでも対局 役満アドバンス』
 DS『Wi−Fi対応 役満DS』

<操作方法>
 十字ボタン・・・項目の選択/牌の選択/(十字ボタンの下で)副露コマンドの表示
 SELECTボタン・・・鳴無モードのON/OFF
 STARTボタン・・・ポーズメニュー表示
 Aボタン・・・項目の決定/捨て牌の決定
 Bボタン・・・項目のキャンセル/前の画面に戻る
 Xボタン・・・一手戻る/ボイスチャット
 Yボタン・・・アガリ牌の確認
 Lボタン・・・理想型表示
 Rボタン・・・危険牌予測/予測相手の切り替え
※Lボタン+Rボタン+STARTボタン+SELECTボタンを同時に押すと、ソフトリセットしてタイトル画面に戻ります。

2006年09月06日

DS『研修医 天堂独太』

2004年12月2日発売/スパイク/5,040円(込)/ADV/1人用
0462.jpg0462-ura.jpg

<ゲーム内容>
 研修医の天堂独太になって患者を治していくアドベンチャーゲーム。いろいろな人と会話したり、患者を問診したりしながらカルテを作成していく「ADVパート」と、作成したカルテを頼りに手術を行って、患者を助ける「手術パート」の2部構成。2005年10月20日には、第2弾『研修医 天堂独太2〜命の天秤〜』も発売。

<操作方法>
 十字ボタン・・・各種項目を選択する
 STARTボタン・・・ゲームを中断する
 Aボタン・・・決定/テキストを送る
 Bボタン・・・キャンセル/テキストの早送り
 Xボタン・・・カルテの表示/カルテを閉じる
 Lボタン・・・カルテを使う(カルテ表示時)
 Rボタン・・・アイテム/人物の切り替え(カルテ表示時)
 触診(タッチしよう!)・・・タッチスクリーンをタッチする。
 切開(線をひこう!)・・・タッチスクリーン上をスライドする。
 手術(マルでかこもう!)・・・タッチスクリーン上をスライドする。
 ゲームの初期化・・・Xボタンを押したまま起動することによって、初期化画面を呼び出すことができます。

<ストーリー>

日本の医大では最高峰の

聖命医大付属病院の新人研修医。

天堂独太となって絶体絶命の患者を救え!