2010年08月07日

DS『DS山村美紗サスペンス 舞妓小菊・記者キャサリン・葬儀屋石原明子 古都に舞う花三輪 京都殺人事件ファイル』

2008年6月5日発売/テクモ/3,990円(込)/ADV(サスペンス)/1人用/セーブデータ3個
1168.jpg1168-ura.jpg

<ゲーム内容>
 「舞妓・小菊編」、「記者・キャサリン編」、「葬儀屋・石原明子編」の3つの物語が楽しめるアドベンチャーゲーム。チュートリアルとして「狩矢編」、おまけ要素として「京都スタンプラリークイズ」と「雑学手帳」もあり。

<操作方法>
 十字ボタン・・・カーソルの移動/項目の選択
 スタートボタン・・・少し前までの会話を確認(本編のみ)
 Aボタン・・・決定/文字送り/ページ送り
 Bボタン・・・キャンセル/(前の画面に)戻る
 Xボタン・・・人物相関図とリストの切り替え(本編のみ)、ヒントの表示(おまけ:京都スタンプラリークイズのみ)
※Lボタン、Rボタン、スタートボタン、セレクトボタンを同時に押すとゲームリセット(タイトル画面に戻る)。
※タッチペンで操作可。

2010年07月21日

DS『FIREEMBLEM(ファイアーエムブレム)新・紋章の謎〜光と影の英雄〜』

2010年7月15日発売/任天堂/4,800円(込)/S・RPG(ロールプレイングシミュレーション)/1人用(Wi−Fiワイヤレス対戦時のみ2人用)/セーブデータ3個+マップセーブ2個
1164.jpg1164-ura.jpg

<ゲーム内容>
 SFC『ファイアーエムブレム 紋章の謎』の第2部をリメイクした作品。仲間を失わない「カジュアルモード」の追加や難易度の選択、兵種の変更、武器の強化、キャラクターやマップの追加、プレイヤー自身が物語に参加するなど新要素がいくつかあり、戦略性と遊びやすさの範囲や量が大幅に増えた。ストーリーは、序章や外伝を含めて38のマップが用意されている。また、別視点からのオリジナルマップ4つやWi−Fiのダウンロードマップ、ワイヤレス対戦などもできる。

<操作方法>
 十字ボタン・・・カーソル移動
 セレクトボタン・・・(ユニットがいる場所で)持ち物ヘルプ表示
 スタートボタン・・・戦闘アニメーション・エネミーフェイズスキップ。イベント・会話スキップ。
 Aボタン・・・(ユニットがいない場所で)システムメニュー表示。(敵軍ユニットにカーソルをあわせて)敵軍ユニットの攻撃範囲表示。決定。(押しながら十字ボタン下)メッセージ早送り。
 Bボタン・・・状況画面/ユニットステータス画面切り替え。セリフ履歴表示。
 Xボタン・・・敵軍全体の攻撃可能範囲表示。
 Yボタン・・・(押しながら十字ボタン)スクロール速度アップ。
 Lボタン・・・未行動ユニットにカーソル移動。(押した状態で【攻撃】をタッチ)戦闘アニメーションスキップ。ガイド表示。
 Rボタン・・・状況画面/ユニットステータス画面切り替え。セリフ履歴表示。
※タッチペンとボタンのどちらでも操作可能。
※Lボタン+Rボタン+STARTボタン+SELECTボタン同時でソフトリセット。

<ストーリー>
かつて、
暗黒戦争と呼ばれた戦いがあった。

人々を絶望に陥れた
暗黒竜メディウスの軍勢を
亡国アリティアの王子マルスが、
オレルアン公ハーディンら
心強い仲間たちと共に
打ち倒した戦いである。

その1年後――。
ひとりの若者が、
アリティア城を訪れていた。
英雄マルスのために戦う
騎士を目指して。

2010年07月03日

DS『太鼓の達人DS ドロロン!ヨーカイ大決戦!!』

2010年7月1日発売/バンダイナムコゲームス/5,040円(込)/ETC(和太鼓リズムアクション)/1〜4人用(DSワイヤレスプレイ対応2〜4人、DSダウンロードプレイ対応2〜4人)/セーブデータ2個
1158.jpg1158-ura.jpg

<ゲーム内容>
 流れてくる音符に合わせ、リズムよく太鼓を叩く『太鼓の達人』シリーズのDS版第3弾。楽曲は全て入れ替えて、50曲用意されている。好きな楽曲を選んで演奏する「演奏ゲーム」、RPG風の新モード「ヨーカイ大決戦」、日替わりの課題曲に挑戦して段位を試せる「毎日うでだめし」、2〜4人で通信対戦できる「通信プレイ」、音色や衣装を変更したり、メールを確認できる「どんちゃんのへや」、ボタン操作やプレイヤー名の変更、データの削除などを行う「ゲームせってい」などのゲームモードが用意されている。DS版の前作はこちら、前々作はこちら

<操作方法>
【メニュー画面】
 十字ボタン・・・項目の選択
 下画面(タッチスクリーン)・・・項目の選択/決定
 Aボタン・・・項目の決定
 Bボタン・・・キャンセル

【ゲーム中/タッチ操作】
 ドン・・・太鼓の面をタッチする
 ド〜ン・・・太鼓の面の中心近くをタッチする
 カッ・・・太鼓の外側をタッチする
 カ〜ッ・・・太鼓のふちの近くをタッチする
 連タッチ・・・音符がワクに重なっている間、「ドン」または「カッ」を連続でタッチする
 風船音符・・・表示されている数だけ「ドン」を連続でタッチする
 でんでん音符・・・表示されている数だけ「ドン」と「カッ」をかわりばんこにタッチする

【ゲーム中/ボタン操作】
 ドン・・・十字ボタン、Aボタン、Bボタン、Xボタン、Yボタンのいずれかを押す
 ド〜ン・・・十字ボタンとAボタン、Bボタン、Xボタン、Yボタンのいずれかを同時に押す
 カッ・・・Lボタン、Rボタンのいずれかを押す
 カ〜ッ・・・Lボタン、Rボタンを同時に押す
 連タッチ・・・音符がワクに重なっている間、「ドン」または「カッ」を連続で押す
 風船音符・・・表示されている数だけ「ドン」を連続で押す
 でんでん音符・・・表示されている数だけ「ドン」と「カッ」をかわりばんこに押す

<ものがたり>
2000年の春、北陸の由緒ある太鼓工房にて
「どんちゃん」&「かっちゃん」が誕生しました!

どん&かつは、日本中に太鼓を広めるため上京。
和田家の居そうろうとなり、『太鼓の達人』を作って、
日本全国をお祭り騒ぎ状態にしました。

気がつけば、2010年。
どんちゃん「太鼓でみんなをハッピーにしたいドン!」
かっちゃん「ぼくも活躍して ちやほやされたいドン!」
という強い思いが高まり、ついに新作完成!

ドロロン!と太鼓の達人はじまりはじまり〜!!

続きを読む

2010年02月26日

DS『うたっち』

2010年2月25日発売/コナミ/5,250円(込)/ETC(リズムアクション)/1〜4人用(DSワイヤレスプレイ対応2〜4人、DSダウンロードプレイ2〜4人)/セーブデータ3つ
1119.jpg1119-ura.jpg

<ゲーム内容>
 画面の上から流れてくる「たっちぃ」をタッチしたり、はじいたり、こすったりして歌を奏でるリズムゲーム。DS本体のマイク機能を使って、カラオケ感覚で遊ぶこともできる。曲をクリアした後に「スクラッチカード」に挑戦して新しいキャラクターを増やしたり、ポイントを貯めてショップで新しい曲を買う事もできる。オートセーブ機能付。演奏曲目や動画などは公式サイトでご確認ください。

【モードセレクト】
■シングル・・・1人用のモードです。いろんな曲のクリアをめざす「キャンペーン」や、録音した声を使った演奏やカラオケなども楽しめる「フリープレイ」などで遊べます。
■ワイワイ・・・DSワイヤレスプレイを使って、近くにいる友だちと一緒に遊ぶモードです。最大4人で協力して演奏したり、対戦したりできます。
■ダウンロード・・・DSダウンロードプレイを使って、近くにいる友だちにゲームを配信し、最大4人で一緒にプレイするモードです。「ワイワイ」と同じように遊べるほか、さらに「ボイスプレイ」で演奏することもできます。
■おまけ・・・キャラクターの演奏時のアクションを見たり、演奏のお手本を見たりできます。

<操作方法>
 左画面
 右画面(タッチスクリーン)
 スタートボタン
 マイク
※DS本体をタテに持ち、右画面(タッチスクリーン)をタッチまたはスライドして操作します。

 たっちぃ(赤い音符)・・・「はんていエリア」と重なったら、そのレーンをタッチしてください。

 はねっちぃ(黄色い音符)・・・「はんていエリア」と重なったら、そのレーンを上方向にはじくようにタッチしてください。

 のびっちぃ(青色の音符)・・・「はんていエリア」と重なったら、そのレーンをタッチし続けてください。レーンをタッチしている間、「のびっちぃ」が短くなっていくので、「たっちぃ」と同じ大きさになったら、タッチペンをタッチスクリーンから離しましょう。

 こすっちぃ(緑の音符)・・・「はんていエリア」と重なったら、そのレーンを上下または左右にスライドしてください。「こすっちぃ」が短くなっていくので、「たっちぃ」と同じ大きさになったら、タッチペンをタッチスクリーンから離しましょう。なお、レーンからスライドがはみ出るとミスになるので注意してください。

2010年02月16日

DS『マル合格資格奪取! ITパスポート試験 基本情報技術者試験 応用情報技術者試験』

2010年1月14日発売/メディアファイブ/4,800円(込)/ETC(資格試験学習ソフト)/1人用/セーブデータ1つ
1115.jpg1115-ura.jpg

<ゲーム内容>
 「ITパスポート試験」「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」といった3つの情報系国家試験の学習ソフト。気軽に、そして本格的に学習できるようにモードがいくつか用意されている。試験の概要等は、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)をご参考ください。

【学習メニュー(ゲームモード)】
■スケジュールNavi・・・全16問の問題を解いて、あなたの苦手分野を判定します。この結果をもとに学習を進めていきましょう。毎回自動的に苦手分野を中心に出題されます。同じ問題を復習したい場合は、判定後に表示される復習ボタンを押します。
■傾向と対策・・・自分の学習したい分野を選択できる「分野別出題」、今までミスした問題から出題される「弱点克服」の2つから選択して学習します。
■模擬試験・・・問題数と制限時間が試験本番と同じです。試験後には成績と学習アドバイスが表示されます。
■練習問題・・・全10問だけの「お手軽」コース、全問題に挑戦する「とことん」コースの2つから選択して学習します。間違えた問題は、「傾向と対策」の”弱点克服”で出題されます。
■ゲーム出題・・・ゲーム感覚で学べる「HEXトレーナー」と「バルーン・マン」の2つに挑戦。
■データ閲覧・・・学習履歴をもとにしたあなたの成績一覧と、試験に関する各種情報を見ることができます。

<操作方法>
 上画面・・・ディスプレイ
 下画面・・・タッチスクリーン
 セレクトボタン・・・左手/右手モード切替 ※メニュー画面のみ
 スタートボタン・・・終了、採点画面へ ※「模擬試験」のみ使用

【左手モード】
 Lボタン+タッチスクリーン・・・「次へ」「前へ」ボタン、未解答問題へジャンプ ※「模擬試験」のみ使用
 十字ボタン・・・移動

【右手モード】
 Rボタン+タッチスクリーン・・・「次へ」「前へ」ボタン、未解答問題へジャンプ ※「模擬試験」のみ使用
 Xボタン・・・上へ移動
 Yボタン・・・左へ移動
 Aボタン・・・右へ移動
 Bボタン・・・下へ移動