2005年06月21日

PCE−Hu『忍者龍剣伝』

1992年1月24日発売/ハドソン/6,500円(別)/ACT/1人用
0133.jpg

<ゲーム内容>
 ファミコンでお馴染みの作品がPCエンジンに登場!走る、壁蹴りジャンプ、攻撃、忍術など多彩なアクション・シーンとストーリーを観る事のできるビジュアル・シーンで構成されています。コンティニューは何回でもできますが、そのステージの最初からの復活になります。シリーズがファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ、エックスボックスで発売されています。

<操作方法>
 方向キー・・・キャラクターの移動に使用します。上キーではしごを登る。下キーでしゃがむ、またははしごを降りる。左右キーでそれぞれの方向へ走り出します。
 SELECTボタン・・・オープニング画面中に1、2ボタンを同時に押しながらSELECTボタンを押すと、メッセージに使用される言葉を3ヵ国語(日本語・英語・中国語)のうち一つを選択することができます。
 RUNボタン・・・ゲームのスタート、ポーズに使用。またビジュアル・シーンを飛ばすこともできます。
 1ボタン・・・ジャンプをします。
 2ボタン・・・龍剣で攻撃をします。

<プロローグ>
 風の中でただひたすら睨み合うふたつの影があった。ゆっくり相手の動きを確かめるかのように動いていた互いの影は、月が雲の切れ間から現われたのをきっかけに、走り寄り空中で交差した。剣が閃光を放って交わったその瞬間、ジョウ・ハヤブサは自分の敗北を認めざるをえなかった。月光がふたりの忍者の明暗を静かに照らし出していた。

 父討たれるの報を聞いたリュウが駆けつけた時には、一通の手紙だけを残し、父ジョウの姿は跡形もなく消えていた。置き手紙には『龍剣を持ち、アメリカへ渡れ』と記されているだけだった。その龍剣こそ、ハヤブサ家に代々伝わる秘伝の剣である。

 闘いに敗れた父はどこにいったのか。いや生きているのか、死んでいるのかから分からないまま、リュウは父の残した言葉に従い、アメリカへと旅立っていった。そこでリュウを待ち受けているのが野望と殺戮、そして大きな謎であることを、彼はまだ知らない・・・。

<裏技>
[機数アップ]・・・ランボタンでスキップする。タイトル画面が出ている間、下と1ボタンを押し続ける。「HUDSON SOFT」の文字が青くなったら、ランボタンでスタートする。通常プレイヤー数は3人だが、6人に増えている。

[忍術アップ]・・・コンティニュー画面の時、上と1ボタンと2ボタンを同時に押し続ける。成功すると音楽がなり、忍術が99に増えている。

2005年05月09日

PCE−Hu『オーバーライド』

1991年1月8日発売/データイースト/6,500円(別)/STG/1人用
0090.jpg

<ゲーム内容>
 アイテムによるパワーアップ可能なライフ制の縦スクロールシューティング。全6面。攻撃ボタンを押さず飛行していると圧倒的破壊力を持った「プール・ショット(溜め撃ち)」が発射できたり、スピードを変化させる時に噴射されるファイヤーに当たり判定があるのが特長。

<操作方法>
 方向ボタン・・・”ギガイアス”の移動
 SELECTボタン・・・特に使用しない
 RUNボタン・・・ゲームのスタート・一時中断
 1ボタン・・・”ギガイアス”のスピードの変化(3段階)
 2ボタン・・・攻撃ボタン・押しつづけていれば連射が可能
※RUN+SELECTボタンでゲームがリセットされ、最初からやり直すことができます。

<ストーリー>
MISSION−CODE”OVERRIDE”発動!!

 人類はサジタリウス星系より来た異星人・クロンによって、その科学技術は急激に発展を遂げた。

 大宇宙空間に浮かぶ惑星・ウラノス。

 21世紀後半、月、火星につづく生息可能な場所(コロニー)として、人類はウラノスへの大量の移住を開始した。しかし、新社会の急激な発展は政治・経済のメカニズムを大幅に狂わせ、ウラノスでは移住民間における紛争が長期間絶えることがなかった。

 やがて治安が保たれ、社会秩序が回復され始めると、豊富な地下資源に支えられたウラノスは人類史上最高の文化の創造を目指し発展をつづけた。とくにその社会秩序を支えたバイオコンピュータ”フレイア”の功績には多大なものがあった。

 平静の時が過ぎゆくある日、事件は発生した。

 突然、地球・ウラノス間の交信が途絶えてしまったのだ!そして何故か、情報収集に出発した調査機も音信不通になってしまう・・・。

 ただならぬ事態を予感した地球政府は、あらゆる調査の結果、”フレイア”の暴走による未曾有の事件がウラノスに発生したと断定。ミッション・コード”OVERRIDE”を発動した。

 最終的破壊工作までをも許可する密命を帯びたホバータンク”ギガイアス”がウラノスへの侵入を開始する。攻撃目標”フレイア”はウラノスの極点データポートの地下3,000メートルにある。

<裏技>
[ステージセレクト]・・・タイトル画面で10回リセットをする。上、セレクトボタンを押しながらランボタンを押すと2面から始まる。同様に右、セレクトボタンを押しながらランボタンを押すと3面から始まり、下、セレクトボタンを押しながらランボタンを押すと4面から始まり、左、セレクトボタンを押しながらランボタンを押すと5面から始まり、右上、セレクトボタンを押しながらランボタンを押すと6面から始まる。

[無敵]・・・タイトル画面で10回リセットをする。ランボタンを押した後、すぐに1ボタン、2ボタン、セレクトボタン、ランボタンを押し続ける。

[サウンドテスト]・・・タイトル画面で10回リセットをする。セレクトボタンを押しながらランボタンを押す。

[エンディング]・・・タイトル画面で10回リセットをする。左上、1ボタン、2ボタン、セレクトボタンを押しながらランボタンを押す。
※リセットはRUN+SELECTボタンでし、10回押せば、継続して上記裏技を使用できます。

2005年05月05日

PCE−Hu『ビジランテ』

1989年1月14日発売/アイレム/6,300円(別)/ACT/1人用
0086.jpg

<ゲーム内容>
 『スパルタンX』の流れをくむライフ制の横スクロールアクションゲーム。全5ステージで、全て左から右に進む。アーケードからの移植。15分程度の時間でクリアできる内容だが、ダメージの設定が結構シビア。

<操作方法>
 方向キー・・・上でジャンプ、下でかがみ込み、左で後退、右で前進。
 セレクトボタン・・・ランボタンを押しながらセレクトボタンでリセット。
 ランボタン・・・スタート、ゲーム中のポーズ。
 1ボタン・・・キック(方向キーの上下を一緒に押すとジャンプキックや足ばらいができます。)
 2ボタン・・・パンチ(方向キーの上下を一緒に押すとジャンプパンチやかがみ込みパンチができます。)

<ストーリー>
 法も秩序もない裏通りやダウンタウン。それが、華やかな大都会ニューヨークの、もうひとつの顔だ!愛するマドンナを悪のローグス団にさらわれたビジランテは、敵地へ単身なぐりこむ。ナイフやピストルで迫るモヒカン野郎たち。素手とヌンチャクを武器に戦え。スリル&エキサイティング。キミは時代のヒーローになれるか?

続きを読む