2006年03月14日

PCE−Hu『ガンヘッド』

1989年7月7日発売/ハドソン/5,800円(別)/STG/1人用
0391.jpg

<ゲーム内容>
 同名の映画が原作の縦スクロールシューティングゲーム(けれども、映画の内容とは関連性がないらしい)。全9エリア。武器は4種類(フォトン・プラクター、ディスラプト・ウェーブ、フィールド・サンダー、リング・プラスター)あり、同じ数字の武器を取っていくとレベル6までパワーアップします。アイテムも4種類(H:ホーミングミサイル、M:マルチ・ボディー、S:シールド、F:フル・ファイヤー)あります。また、ボムは最高16個まで増やすことができます。コンティニューはフリー。’89夏休み全国キャラバン認定ソフト。

<操作方法>
 方向キー・・・ガンヘッドの動きをコントロールする
 セレクトボタン・・・スピードコントロール(5段階)
 ランボタン・・・ゲームスタート(ポーズ)
 1ボタン・・・ボム発射ボタン
 2ボタン・・・ビーム発射ボタン

<裏技>
[レベルセレクト]・・・タイトル画面で、セレクトボタンを押しながら、1ボタンと2ボタンを交互に10回ずつ押す。「NORMAL DOG」と「HARD HUMAN」を選べるようになる。ここで、同じコマンドを入力すると、「SUPER MANIA」が追加される。さらに、同じコマンドを入力すると、「GOD OF GAME」が追加される。

[ミュージックセレクト]・・・タイトル画面で、セレクトボタンを押しながら、方向キーの左と右を交互に8回ずつ押す。

[面セレクト]・・・上記裏技でミュージックセレクトの画面にしたら、1ボタンを1回、2ボタンを1回、セレクトボタンを21回押す。

[スペシャルパワーアップ]・・・上記裏技で面セレクトができるようにする。面を選んでスタートする時に、1ボタンか2ボタンを押しながらランボタンを押すと、自機のボムが10個に増え、かつ、リスタートコンティニューできるようになる。

[エンディング]・・・タイトル画面が出たら、すかさずランボタンを連打する。

2006年03月09日

PCE−Hu『極楽!中華大仙』

1992年3月13日発売/タイトー/6,800円(別)/STG/1人用
0386.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードでも発表された「西遊記」がモチーフの横スクロールシューティングゲーム。全6面。誠心波が1段階パワーアップする「力」、誠心波が2段階パワーアップする「強」、移動スピードが速くなる「速」、ストックがひとつ増える「命」、コンティニュー回数が1回増える「金」、一定時間無敵になる「無」などのアイテムが戦いを楽にしてくれる。また、門番を倒した後に出現する”法術屋”では、特殊攻撃である”法術”(火龍や分身など)が手に入ります。

<操作方法>
 方向キー・・・リッキー(プレイヤー)の移動
 SELECTボタン・・・使用しません
 RUNボタン・・・ゲームスタート/ポーズ
 1ボタン・・・リッキー(プレイヤー)の方向転換。一回押すごとに、リッキーが右から左、又は左から右へと向きを変えます。
 2ボタン・・・誠心波を撃ちます。法術を取得した場合、法術も誠心波と一緒に撃つことができます。

<ものがたり>
 現代亜細亜奥地最後の夢幻境”桃都山”。神々の世界にもっとも近く、俗世とは全く遮断されたこの地で、天に御奉仕いたします役目をもった人々が静かに、そして平和に暮らしておりました。ところが・・・・・・・・・。

 月に一度の、天からの使者が降臨なさる日のこと。突然の大地震によって、地の奥深く封印されておりました邪悪の権化”蛇鬼”が目醒め、この地の平和は乱されたのでございます。

 蛇鬼は天の使いの少女、”テス・ミン”をその体内に取り込み、悪しき力を拡大させ下僕を招喚し、”桃都山”を破壊せんとしていたそのとき!!

 一人の少年が、聖地を護らんと立ちあがったのでございます。少年の名は”リッキー・チェン”。この世で唯一人、仙人世界最高の称号「中華大仙」をいただいた”マイケル・チェン”の忘れ形見でありました。

 薄幸の少女”テス・ミン”の運命や如可に。

 リッキーの痛快娯楽活劇を存分に御堪能ください。

<裏技>
[SET UP MODE]・・・タイトル画面でSELECTボタンを押す。プレイヤー数やクレジット数が変更できる「SET UP MODE」の画面になる。


続きを読む

2005年11月19日

PCE−Hu『イメージファイト』

1990年7月27日発売/アイレム/7,000円(別)/STG/1人用
0284.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の縦スクロールシューティングゲーム。他にファミコンにも移植された。8方向キーとショットボタン、スピードチェンジボタンのシンプル操作。全8ステージの構成で、1〜5ステージは訓練、6〜8ステージは実戦(ただし、5ステージの平均破壊率が90%未満だと補習ステージになる)。2つのポッドと9つの特殊攻撃パーツによって攻撃パターンが変えられる。ポッドシュート(ポッドをつけている時、1ボタンと2ボタンを同時に押すとポッドを飛ばす攻撃)やバックファイヤー(スピードチェンジした時、プレイヤーの後から出る当たり判定があるもの)といった攻撃も可能。難易度が高い分、コンティニューは何回でもできるようになっている。

<操作方法>
 方向ボタン・・・8方向移動
 ランボタン・・・ゲームスタート、ポーズ
 1ボタン・・・スピードチェンジ(画面下に使用中のスピードが赤で表示される。)
 2ボタン・・・ショット
※1ボタンと2ボタンを同時に押すとポッドシュートとなる。

<ストーリー>

 緊急事態発生!!

 20××年、わずかでも軍事的優位に立たんとする東西陣営の果てなき戦争が続く中、突然西側のムーンベースが大爆発を起こした。巨大な爆発は月を四つの破片と無数のアステロイドと化し、地球上は大混乱に陥った。そして侵略はその間に始まったのである。

 正体不明の戦闘機により軌道工業プラントが破壊されてゆく中、偵察衛星から驚くべき映像が送られて来た。妖しげな輝きを放つ植物がムーンベースのマザーコンピュータに寄生するごとくからみついていたのだ。一部の学者はこれをエイリアンの侵略であると主張した。事態の収拾を急ぐべく西側の最新戦闘機OF−1”ダイダロス”が用意された。パイロット訓練は完璧でないものの、もはや一刻の猶予も与えられない。訓練飛行をクリアした者は即、宇宙へ飛び立って行った。

 ここに人類という種の存亡をかけた戦いが始まったのである。 


続きを読む

2005年10月08日

PCE−Hu『メルヘンメイズ』

1990年12月11日発売/ナムコ/5,500円(別)/A・STG/1人用
0242.jpg

<ゲーム内容>
 ジャンプで敵や障害物をかわし、シャボン玉で女王の手下たちを倒しながら進むアクション・シューティングゲーム。悪い女王を倒すのが目的。全9ラウンド。アーケードからの移植。ただし、アーケード版のクォータービューから縦スクロールのトップビューに視点が変わった。

<操作方法>
 方向キー・・・アリスの移動。8方向に動きます。
 セレクトボタン・・・ランボタンと一緒に押すとリセット。
 ランボタン・・・ゲームのスタートとポーズ。
 1ボタン・・・ジャンプ。
 2ボタン・・・押すとシャボン玉がふくらみ、放すと発射されます。押し続けるとシャボン玉はどんどん大きくなり、威力も強くなります。最大のときには貫通球を撃つことができますが、いつまでも押し続けていると破裂してしまいます。

<ストーリー>
「アリス、アリス」

ある夜のこと、アリスは誰かの呼ぶ声で目を覚ましました。

でも部屋の中には誰も見あたりません。

「アリス、こっちだってば」

もう一度眠ろうとしたアリスを引き止めた声は、鏡のほうから聞こえてきました。

「???」

鏡を見てびっくり。どうしたことでしょう、鏡の中にはアリスの姿ではなくウサギ、それもタキシードを着たウサギの姿が映っていたのです。

「アリス、お願いだ。助けておくれ!」

「ぼくの国が悪い女王に征服されてしまったんだ。ぼくたちでは女王に勝てないから人間の力が必要なんだ、それもきみの力が」

「え、わたしが? どうして・・・・・・」

「きみは鏡の世界に入れる、不思議な力を持っているからさ」

そう言うとウサギはアリスの手をとって鏡の中へと引っ張りました。

「きやああっ」

アリスはあっというまに鏡の中へ。

 

こうしてアリスの冒険は始まったのです。

<裏技>
[サウンドテスト]・・・1ボタン、2ボタン、セレクトボタンを押しながら電源を入れ、タイトル画面が出たらランボタンを押す。

[残機増でスタート]・・・タイトル画面で上を押しながらランボタンを押す。ゲームがスタートして右下の風船が4個(実際は10個)になったら成功。

2005年09月30日

PCE−Hu『パラソルスター ザ・ストーリー・オブ・バブルボブル3』

1991年2月15日発売/タイトー/6,600円(別)/ACT/1〜2人用
0234.jpg

<ゲーム内容>
 バブルボブルシリーズの第3弾。面クリアタイプのアクションゲームで、ワールドの最後にはボスが待ち構えている。パラソルを使った色々な攻撃↓で敵をやっつけよう!2人同時プレイ可能で、マルチエンディング。

■しずくのぼり:落ちてくる「しずく」に連続ジャンプして高いところに登れるぞ!
■速射投げ:パラソルボタンを連打!カサをほとんど動かさずに敵を投げる、攻防一体のワザだ!
■カチ割り:4つの「しずく」を、ころがっている「しずく」に投げつけて、瞬時に「大しずく」の効果を出せるぞ!
■つかみジャンプ:敵を踏み台にしつつ、その敵をつかんで高いところに登るおトクなワザ。

<操作方法>
 十字ボタン上・・・2ボタンといっしょに押すとカサを上に向かって開きます。
 十字ボタン左右・・・プレイヤーを左右に移動させます。
 セレクトボタン・・・ランボタンと同時に押すとリセットになります。
 ランボタン・・・ゲームスタート、ゲーム中のポーズ(1P、2P側とも有効)に使用します。
 1ボタン・・・ジャンプボタン。押している時間によってジャンプの高低が変化します。
 2ボタン・・・パラソルボタン。魔法のカサを開きます。押し続けると開いたままになります。
※1P、2P側とも操作方法は共通です。
※コンティニューは残りクレジット数のぶんだけできます。1人プレイ時はそのラウンドの始めからスタートとなります。2人でプレイ時は2人が同時にゲームオーバーにならない限り、その場からのスタートが可能です。アイテムの”百円玉”を拾うと、クレジット数がひとつ増えます。
※クレジット数が残っている限り、途中参加もOK!

<ものがたり>
 むかし、むかし―――。単身、魔物の洞窟に入り、その洞窟を封印した伝説の英雄がいました。けれども、一匹だけ魔物を逃してしまったことに、その英雄は気付きませんでした。

 逃した魔物は、暗黒の力を蓄え、ついには洞窟の封印すら破る力を得たのです。

 その魔物の名は、”時の魔王”―――。

 

 宿敵「すーぱーすかる」を倒し、村人を助けたバビーとボビー。彼らの故郷「レインボーアイランド」にもやっと平和が訪れました。

 二人はレインボーアイランドの英雄としてたたえられ、魔法のカサをその「あかし」として授かりました。

 もともと魔法使いの血を引く二人は、さらに新しい魔法を覚えようと修業にいそしんでいました。が、ある日のことです。

 ここ、レインボースターのまわりにある星々がSOSを発しているではありませんか。どうやら「すーぱーすかる」の攻撃を受けたのはここだけではなかったようです。

 さあ、勇気と友情とパラソルをもって新たなる冒険にとびだしましょう!

<裏技>
[サウンドテスト]・・・タイトル画面のとき、下、1、2を押したままランを押す。

2005年09月08日

PCE−Hu『コラムス』

1991年3月29日発売/日本テレネット/6,400円(別)/A・PZL/1〜2人用
0212.jpg

<ゲーム内容>
 赤、オレンジ、黄、紫、緑、水色の6色の宝石がタテに3つ1セットで次から次に落ちてくるので、同じ色の宝石を縦、横、斜めに3つ以上並べて消していく落ちモノパズルゲーム。GTを利用して対戦する事もできる。アーケードやコンシューマーでシリーズ化されている。

<操作方法>
 方向キー・・・宝石を左右に移動させます。下を押すと宝石が速く落下します。
 SELECTボタン・・・使用しません。
 RUNボタン・・・ゲームのスタート、ポーズに使用。
 1ボタン・・・落下してくる宝石の並び替えに使用します。
 2ボタン・・・1ボタンと同じ働きをします。

2005年09月02日

PCE−Hu『超絶倫人ベラボーマン』

1990年7月13日発売/ナムコ/6,800円(別)/ACT/1人用
0206.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植のアクションゲーム(3面や7面など一部シューティング面あり)。腕や足や頭を伸ばして攻撃したり、高さを変化できるジャンプなどが特徴。「わしが爆田博士じゃ!」、「ベラボー参上!」などの音声合成あり。ベラボー、ベラボーと(Huカードだけど)喋りまくり。

<操作方法>
【基本操作】
 方向キー・・・地上では左右で主人公の移動。下にいれるとしゃがみます。水中では8方向に移動。
 セレクトボタン・・・ランボタンと同時に押すとリセット
 ランボタン・・・ゲームのスタートとポーズ。
 1ボタン・・・地上ではジャンプ。押している時間によって高さが変わります。水中では爆雷の投下に使います。
 2ボタン・・・地上では攻撃。押している時間によって届く距離が変わります。水中では前方にミサイルを発射します。

【ベラボーテクニック】
 ベラボーパンチ・・・立った姿勢で2ボタンを押すとパンチ攻撃をします。
 ベラボーヘッドバット・・・方向キーの下を押しながら2ボタンを押すと頭突きをします。
 ベラボーキック・・・1ボタンを押したまま2ボタンを押すとジャンプしながらキックします。また方向キーを上に入れたまま2ボタンを押すと斜め上に攻撃できます。
 ベラボーハイジャンプ・・・1ボタンを押したまま2ボタンを連打すると、より高くジャンプすることができます。
 ベラボーハイハイ・・・方向キーを斜め下に入れるとハイハイしながら進めます。

<ストーリー>
平和な町を襲う突然の恐怖!

 今から30年ほど前、キミ達のお父さんがまだ子供だったころ。地球に恐るべき魔の手が迫っていた。平和な町新田4丁目になんと悪の科学者、爆田博士が現れたのだ!あやうし!新田4丁目。そのとき1人の男が立ち上がった。いったい彼は?

ベラボーマン、ついに登場!

 その男の名はナカムラ、いや、ベラボーマン。アルファ遊星人によって正義の使者に大変身した男。彼は地球征服を企む爆田博士の悪の軍団に、敢然と立ち向かっていったのである。

戦え、ベラボーマン!

 あるときはご町内、またあるときは水中、はたまた謎の忍者屋敷と、ベラボーマンと爆田博士の戦いははてしなく続く。がんばれベラボーマン。爆田博士を倒し、新田4丁目と地球の平和を守るんだ!


続きを読む

2005年08月02日

PCE−Hu『ダブルリング』

1990年9月28日発売/ナグザット/6,300円(別)/STG/1人用
0175.jpg

<ゲーム内容>
 自機が前進すると機体後方へ、バックすると機体中央へ移動するリングの使い分けが特徴の横スクロールシューティングゲーム。エネルギーカプセルによってビームの種類が変わります。黄色がミサイル、緑色がリングビーム、青色がレーザー、桃色がマルチウエイ、赤色がジャイロシールドです。難易度はBEGINNER、NORMAL、EXPERTの3種類で、武器の発射も通常とオート(連射)の2種類から選択できます。

<操作方法>
 方向キー・・・自機の上下左右の移動やMODEの選択をします。
 RUNボタン・・・ゲームスタート。ポーズ。
 1ボタン・・・スピード調整
 2ボタン・・・武器の発射

<W RING STORY>
 新世紀1560年。人類はスター・ジュピターの高圧ガス帯の中から、未知なる新物質”NX−05”を発見した。これは、空間をもコントロールできる超エネルギー体であった。人類は、NX−05採取のため、スター・ジュピターに研究基地”ジェミー”を建設し、NX−05の採取を開始した。しかし、これを狙って異次元獣軍”ゼクー”が空間の隙間より突如出現し、ジェミーを攻撃した。ジェミーはまたたく間に占領され、ゼクーはジェミーに貯えられたNX−05を彼等の基地”シンクロトロン”へと輸送し始めた。人類は、ジェミーに残された科学者を総て前衛基地”ガニメデ”に集結し、ついにNX−05をエネルギーとする宇宙戦闘機”スパイラス”を完成させ、シンクロトロンのゼクーをめざし、ディメンション・チューブへと突入した

<裏技>
[ステージセレクト]・・・オプション画面のミュージックで、1、1、9、2、2、9、6の順番で曲を聞く。1〜6面のステージセレクトができる。

続きを読む

2005年07月21日

PCE−Hu『森田将棋PC』

1991年9月27日発売/NECアベニュー/7,200円(別)/TBL(将棋)/1〜2人用
0163.jpg

<ゲーム内容>
 「入門教室」、「将棋道場」、「詰将棋」、「GT軍人将棋」といった4つのゲームモードが用意されている。駒モードの変更で、将棋の駒をモンスターに切り替える事ができたり、問題を設定してコンピュータに解かせる詰将棋など目新しい要素もある。

<操作方法>
 方向キー・・・メニュー画面では上下で選択、ゲーム画面では移動する駒の位置を指定します。
 SELECTボタン・・・RUNと同時に押すとリセットになります。
 RUNボタン・・・ゲーム中にメニュー画面を開くときに使います。
 1ボタン・・・メニュー画面では選択したメニューの決定、ゲーム画面では駒を置いたり、敵の駒を取るときに使用します。
 2ボタン・・・メニュー画面で使用すると一つ前のメニューに戻ります。

続きを読む

2005年07月06日

PCE−Hu『TATSUJIN(タツジン)』

1992年7月24日発売/タイトー/7,200円(別)/STG/1人用
0148.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードやメガドライブでお馴染の硬派な縦スクロールシューティングゲーム。全5ラウンド。パワーショットの「レッド」、達人ビームの「グリーン」、サンダーレーザーの「ブルー」といった3種類のショット(切り替えではなく、同色のアイテムを取って変更)と、一定の範囲の敵にダメージを与え、敵弾まで消し去ってしまう最終兵器「達人ボム」を使いながら進んでいく。各ラウンドのボスは次の通り。ラウンド1のボス:J・タンク、ラウンド2のボス:バッドロン、ラウンド3のボス:グルス、ラウンド4のボス:ドスバム、ラウンド5のボス:ドグラバ。

<操作方法>
 方向ボタン・・・ファイターを8方向に移動します。
 SELECTボタン・・・RUNボタンと一緒に押すとタイトル画面へ戻ります。
 RUNボタン・・・ゲームスタート/ポーズ
 1ボタン・・・達人ボムを使用します。
 2ボタン・・・3種類のショットウェポンを発射します。(通常攻撃)

<裏技>
[隠しモード]・・・7,100点とった後にソフトリセット(セレクトボタン+スタートボタン)する。タイトル画面で、セレクトボタンを押しながらランボタンを押す。「OPTIONS」といった難易度(EASY、NORMAL、HARD、EXPART)や自機数(1〜5)、ボム数(1〜5)、クレジット数(1〜9)など9項目の変更ができる設定モードに切り替わる。※デフォルトでは、3項目だけの変更。