2010年04月28日

Xb360『SUPER STREET FIGHTER IV(スーパーストリートファイター4)』

2010年4月28日発売/カプコン/4,990円(込)/B・ACT/1〜2人用(オンラインプレイヤーは2〜8人)/必要メモリー16MB
1133.jpg1133-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『ストリートファイターIV』のパワーアップ版。キャラクターが35人に増えた。PS3版と同時発売で、ソフト単品と特典付のコレクターズ・パッケージの2種類あり。ゲームモードは以下8種類。

■アーケード・・・1人プレイ用のCPU戦モードです。コントローラーを2つ接続することで乱入対戦が可能です。待ちうけ設定を行うとオンライン対戦を受け付けることもできます。
■バーサス・・・キャラクターやステージを選択し、CPUキャラクターやプレイヤーと対戦を行うモードです。
■Xbox LIVE・・・Xbox LIVEを利用してオンライン対戦を行うモードです。
■チャレンジ・・・様々な課題に挑戦するモードです。
■トレーニング・・・対戦相手の行動を設定し、バトルの練習ができるモードです。
■プレイヤーデータ・・・オンライン・オフラインでの様々な成績やプレイ経過情報を見ることができます。
■オプション・・・ゲームの各種設定ができます。
■Xbox LIVE マーケットプレース・・・ゲームの追加コンテンツをダウンロードすることができます。※一部の追加コンテンツは有料です。

<操作方法>
 方向パッド、左スティック・・・前進、後退、ジャンプ、しゃがみ、ガード
 STARTボタン・・・バトル中に押すとポーズ(一時停止)がかかり、ポーズメニューが開きます。もう一度押すとポーズがキャンセルされます。(オンライン対戦時はポーズがかかりません)
 Xボタン・・・弱パンチ
 Yボタン・・・中パンチ
 RBボタン・・・強パンチ
 LBボタン・・・弱中強パンチ同時押し
 Aボタン・・・弱キック
 Bボタン・・・中キック
 右トリガー・・・強キック
 左トリガー・・・弱中強キック同時押し

【その他の操作】
 方向パッド、左スティック・・・各モードの選択、モードメニュー、オプション項目の選択
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル
 RBボタン・・・ステータスを表示

<ストーリー>
――大会の影に隠されたもうひとつの物語が今、幕を開ける――。


軍事企業S.I.N.によって開かれた新たな世界格闘選手権には、
その発表当初から暗い噂が付きまとっていた。

滅亡の発表後も裏世界で恐れられる秘密結社シャドルー、
恐るべき能力を持つという新兵器、
連続格闘家失踪事件との関連。

様々な憶測の乱れ飛ぶ中で大会に参加した格闘家たちには、
これまで知られていなかった者たちの姿もあった。

失われた同胞を探す誇り高き戦士。
自然体で戦いを楽しむ南国生まれのミュージシャン。
古くより伝わる忍術の継承者。
世の中に背を向けたかつての英雄。
未来へ胸を弾ませる若き忍者。
道場を守るために走り出した空手家。
不屈の闘志を持つ英国人ボクサー。
最強の称号を狙うムエタイファイター。
実業家と格闘家を両立するトルコの勇者。
――そして、S.I.N.のCEOセスの部下として現れた一人の女。

個人の思惑と組織の利害が複雑に絡み合う大会の裏側で、
最後に勝つ者は誰なのか。

幾重にも張り巡らされた罠の中に、真の黒幕の哄笑が響き渡る――。


続きを読む

2010年03月26日

Xb360『北斗無双』

2010年3月25日発売/コーエー/8,190円(込)/ACT/1〜2人用(オフラインプレイヤー1〜2人、協力プレイ2人)/必要メモリー6MB
1124.jpg1124-ura.jpg

<ゲーム内容>
 漫画『北斗の拳』とコーエーのタクティカルアクションゲーム『無双』シリーズのコラボレーション作品。

[ゲームモード]
■伝説編・・・原作ストーリーを体験できる。
■幻闘編・・・仮想ストーリーを体験できる。伝説編を進めると、選べるようになる。
■挑戦編・・・強敵と連続して戦い、ランキングを競う。伝説編を進めると、選べるようになる。追加コンテンツをダウンロードすると、ここからプレイできる。
■入門編・・・チュートリアル戦闘を通じて、ゲームの基本操作を学ぶ。
■ギャラリー・・・人物や用語を解説する北斗事典の閲覧、ムービーやサウンドの鑑賞ができる。伝説編・幻闘編を進めると、選べる項目が増える。
■環境設定・・・ゲームのプレイ環境を設定する。データのセーブやロードをする。
■再開・・・戦闘中にセーブ(途中セーブ)されたところから、ゲームを再開する。

<操作方法>
 方向パッド・・・奥義切替
 左スティック・・・移動
 右スティック・・・カメラ操作
 右スティック(押し込む)・・・カメラ切替(ボス戦のみ)
 BACKボタン・・・マップ切替
 STARTボタン・・・情報画面表示、イベントスキップ
 Aボタン・・・ジャンプ、受け身
 Bボタン・・・伝承奥義
 Xボタン・・・通常攻撃
 Yボタン・・・強攻撃、(長押しで)練気攻撃
 LB・・・ガード、ジャストガード、受け身
 LB+左スティック・・・挑発
 LT・・・闘気覚醒
 RB・・・固有体術
 RT・・・投げ、その他の動作

<プロローグ>
時は世紀末。
世界は核の炎に包まれた。

かつて繁栄を謳歌した街は
一瞬にして荒野となり、
やがて暴力と絶望が支配する
時代が訪れた。

人々は渇望していた。
暗く閉ざされた乱世に、
光を灯してくれる救世主を―――

2009年11月26日

Xb360『真・三國無双 MULTI RAID Special』

2009年10月1日発売/コーエー/7,140円(込)/ACT(タクティカルアクション)/1〜4人用(オフラインプレイヤー1人、オンラインプレイヤー2〜4人)/必要メモリー400KB
1091.jpg1091-ura.jpg

<ゲーム内容>
 PSPで発売された『真・三國無双 MULTI RAID』のパワーアップ版。PS3版と同時発売された。「三国志演義」を基にストーリー構成がされているタクティカルアクションで、オンラインでは最大4人まで協力・対戦プレイができる。武将転生、勢力転生、施設の育成、武将カード、クエスト、武器強化、武幻、戦玉など、やりこみ要素が多数用意されている。セーブは3か所まで。

<操作方法>
【戦闘画面での操作】
 左スティック・・・移動
 左スティックボタン・・・了解ボイス
 方向パッド上、下・・・アイテム使用、カーソルの移動
 方向パッド左、右・・・アイテム選択
 右スティック・・・カメラ操作、ロックオン時の目標選択
 右スティックボタン・・・ロックオン
 BACKボタン・・・マップ切替
 STARTボタン・・・戦闘メニュー表示
 Aボタン・・・ジャンプ
 Bボタン・・・真・無双覚醒
 Bボタン(覚醒時)・・・無双乱舞
 Xボタン・・・通常攻撃
 Xボタン(空中で)・・・空中通常攻撃
 Yボタン・・・強攻撃
 Yボタン長押し・・・溜め強攻撃
 Yボタン(空中で)・・・空中強攻撃
 左スティック下+Yボタン(空中で)・・・空中特殊攻撃
 LT左トリガー・・・共闘武将への指示
 LBボタン・・・ガード、受け身
 RT右トリガー・・・武器切替
 RBボタン・・・(前方)ダッシュ
 RBボタン+左スティック・・・(左スティックの方向に)ダッシュ
 RBボタン+左スティック+Yボタン・・・ダッシュ強攻撃
 RBボタン+Yボタン・・・ダッシュ特殊攻撃

【都市画面での操作】
 左スティック・・・移動
 左スティックボタン・・・チャットログ画面(オンライン都市のみ)
 右スティックボタン・・・チャット入力(オンライン都市のみ)
 方向パッド・・・カーソルの移動
 BACKボタン・・・メイン武器・セカンド武器の表示切替
 STARTボタン・・・都市メニュー表示
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル/戻る
 Xボタン・・・クエスト解除(オンライン都市のみ)
 Yボタン・・・クエスト参加(オンライン都市のみ)
 LB、RBボタン・・・一覧のページ切替

2009年05月21日

Xb360『DEATHSMILES(デススマイルズ)』

2009年4月23日発売/ケイブ/7,140円(込)(初回限定版は9,240円(込))/STG/1〜2人用(オフラインプレイヤー1〜2人、オフライン協力プレイ2人、オンラインプレイヤー2人、オンライン協力プレイ2人)/必要メモリー512KB
1016.jpg1016-ura.jpg

<ゲーム内容>
 2007年にアーケードで発表されたライフ制横スクロールシューティングゲームの移植。左右のショットや強力なボム(召喚魔法)などを使い分けながら進んでいく。アーケード版「Arcade」、Xbox360用に画質を向上させた「Xbox 360」、アレンジ版の「Ver 1.1」などのゲームモードが用意されている。また、Xbox LIVEに接続して協力プレイをしたり、Xbox360マーケットプレースからダウンロードコンテンツ(有料:1200MSP)して「メガブラックレーベル」などが楽しめる。グラフィックは井上淳哉、サウンドはベイシスケイプ並木学が担当。

<操作方法>
【アーケード、Xbox360モード】
 左スティック・・・項目セレクト、自機の移動。
 方向パッド・・・項目セレクト、自機の移動。
 BACKボタン・・・ステージを始めからやり直します。(スコア登録はできなくなります)
 STARTボタン・・・ゲームスタート、ゲーム中はポーズになります。
 Aボタン・・・左に自機の方向が変わり左方向ショットを発射します。
 Bボタン・・・右に自機の方向が変わり右方向ショットを発射します。
 Xボタン・・・ロックショットをします(A+B同時押しでも可能です)アイテムカウンタが1000の場合はパワーアップできます。
 Yボタン・・・ボムを(召喚魔法)使用します。
 左トリガー・・・左方向ショットを連射します。
 右トリガー・・・右方向ショットを連射します。

【ver1.1アレンジ】
 左スティック・・・使い魔を操作します。項目セレクト、自機の移動。
 方向パッド・・・項目セレクト、自機の移動。
 BACKボタン・・・ステージを始めからやり直します。(スコア登録はできなくなります)
 STARTボタン・・・ゲームスタート、ゲーム中はポーズになります。
 Aボタン・・・アイテムカウンタが100以上の時パワーアップできます。
 Bボタン・・・押している間は左スティックで、自機と使い魔の操作を左スティックに割り当てます。
 Xボタン・・・ロックショットをします。
 Yボタン・・・ボムを(召喚魔法)使用します。
 左トリガー・・・左に自機の方向が変わり左方向ショットを発射します。
 右トリガー・・・右に自機の方向が変わり右方向ショットを発射します。

<ストーリー>
神隠しというものをご存知だろうか?
世界各地で報じられる行方不明の子供たち。
いったい彼等ロストチルドレンは何処へ行ってしまうのだろう・・・?
事故にあってしまった者・・・。
犯罪の手にかかる者・・・。
そして・・・。
異世界への扉を開けてしまった者・・・。

主人公、ウィンディアはロンドンで暮らす13歳の女の子。
ある日彼女は通学途中に行方不明になってしまう・・・。
目撃者によると、彼女は突然現れた光に吸い込まれ消えたという・・・。
これが神隠しである。
彼女は異世界に吸い込まれてしまったのだった。

彼女が行き着いた世界、そこは20世紀初頭を思わせる西洋の街で、
ウィンディアはある老人の屋敷に保護された。

屋敷の主人、ディオールは全てを理解しているかのように
驚愕の事実を語った。
ここはジルバラードという国で
地球上には存在しない場所なのだという事・・・。
そして帰る手段はもう無いのだという事・・・。

突然の出来事にウィンディアは泣き崩れてしまう・・・。

20世紀初頭のヨーロッパを思わせる平和な国、ジルバラード。
この国では、
「現世界から迷い込んだ者には特殊な魔法能力が身に付く」
と語られていた。
ディオールはウィンディアのような
身寄りのないロストチルドレンを養い、
彼女たちの魔法の力で国王に貢献して暮らしていた。
ディオールの娘たちは人々からエンジェルと呼ばれ親しまれ、
おかげでジルバラードは平和な毎日を送っていた。
しかしその平和を切り裂くような出来事が起きたのだ。
なんと伝説の魔物たちが現れ人々を襲い始めたというのだ。
ディオールは国王の命を受け、エンジェルたちを送る。
ウィンディアにとって初めての任務は、
襲われた街での魔物退治という過酷なものだった。
現場で彼女たちを待っていたのは・・・
魔界があふれてしまったかのような地獄だった・・・

続きを読む

2009年05月17日

Xb360『OTOMEDIUS GORGEOUS(オトメディウスG/オトメディウス ゴージャス!)』

2008年11月20日発売/コナミ/6,980円(込)/STG/1〜3人用(オフラインプレイヤー1人、システムリンクプレイ2〜3人、オンラインプレイヤー2〜3人、協力プレイ2〜3人)/必要メモリー256KB
1013.jpg1013-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の横スクロールシューティングゲーム。アーケード版の「オリジナルモード」の他、Xbox360版には、「ゴージャスモード」「ショップ」「ギャラリー」などのモードが追加された。最初から使用できるプレイヤーキャラクターは、空羽亜乃亜、エリュー・トロン、エモン・5、マドカ、ジオール・トゥイー、ティタ・ニュームの6人。シングルミッションやシングルプレイでプレイした内容を保存する「リプレイ」機能もあり。キャラクターデザインは、吉崎観音(よしざき みね)。

<操作方法>
 左スティック・・・自機の移動
 方向パッド・・・自機の移動
 STARTボタン・・・ポーズメニューの表示/ムービーのスキップ
 Aボタン・・・ショット&ミサイル
 Bボタン・・・バースト
 Xボタン・・・パワーアップ
 Yボタン・・・ショット&ミサイル

<ストーリー>
伝説より数千年・・・・・・
   こんどは乙女が
      世界を救います


惑星「グラディウス」と亜時空星団「バクテリアン」との激戦から
数千年の時が流れ、超時空戦闘機の戦いが
伝説から神話へと姿を変えて語られるようになっていたその頃――。

21世紀の地球では、
宇宙から訪れた謎の敵「バクテリアン」との戦いが続いていた。

聖グラディウス学園に通う高校2年生の少女、空羽亜乃亜。
彼女は、バクテリアンと戦う秘密時空組織「G」に才能を見出され、
伝説に語られる「ビックバイパー」の名を冠した
戦闘機(ライディングバイパー)に乗る
パイロット=「天使」となったのだった。

伝説から数千年、
新たな神話が幕を開ける。


続きを読む

2009年02月12日

Xb360『STREET FIGHTER IV(ストリートファイター4)』

2009年2月12日発売/カプコン/8,390円(込)/B・ACT/1〜2人用/必要メモリー140KB
0965.jpg0965-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『ストリートファイター』シリーズ最新作。アーケードからの移植で、PS3版と同時発売。ゲームモードは以下9種類。

■アーケードモード・・・1人プレイ用のCPU戦モードです。コントローラーを2つ接続することで2人乱入対戦が可能です。
■VSモード・・・キャラクターやステージを選択し、CPUキャラクターやプレイヤーと対戦を行うモードです。
■Xbox LIVE対戦モード・・・Xbox LIVEを利用してインターネット対戦を行うモードです。
■チャレンジモード・・・様々な課題のバトルに挑戦するモードです。
■トレーニングモード・・・対戦相手の行動を設定し、バトルの練習を行うことができます。
■プレイヤーデータ・・・プレイヤーの対戦記録を見ることができます。
■ギャラリー・・・ゲーム中のムービーや設定原画など開発中の画像を鑑賞できます。
■オプション・・・ゲームの各種設定ができます。
■Xbox LIVEマーケットプレース・・・ゲームのコンテンツのダウンロードができます。

<操作方法>
 方向パッド、左スティック・・・前進、後退、ジャンプ、しゃがみ、ガード
 STARTボタン・・・バトル中に押すと(一時停止)がかかり、ポーズメニューが開きます。もう一度押すとポーズがキャンセルされます。(Xbox LIVE対戦時はポーズがかかりません)
 Xボタン・・・弱パンチ
 Yボタン・・・中パンチ
 RBボタン・・・強パンチ
 LBボタン・・・弱中強パンチ同時押し
 Aボタン・・・弱キック
 Bボタン・・・中キック
 右トリガー・・・強キック
 左トリガー・・・弱中強キック同時押し

【その他の操作】
 方向パッド、左スティック・・・各モードの選択、モードメニュー、オプションの項目の選択
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル
 RBボタン・・・メインメニューで「ステータス」の編集画面に移動

2008年09月30日

Xb360『Virtua Fighter 5 Live Arena(バーチャファイター5 ライブアリーナ)』

2007年12月6日発売/セガ/8,190円(込)/B・ACT/1〜2人用(オンラインは2人)/必要メモリー600KB
0892.jpg0892-ura.jpg

<ゲーム内容>
 オンライン対戦ができる『バーチャファイター』。ゲームモードは以下7種類。

■ARCADE・・・CPUが操るキャラクターを倒していく1人用モード。スコアアタックを遊ぶこともできます。
■VS.・・・対戦専用モードです。データを持ち寄っての対戦やXbox LIVEを使用してオンライン対戦を行うこともできます。
■QUEST・・・ライバルたちと戦いを繰り広げるモード。アミューズメントセンターでの対人戦を仮想体験できます。
■DOJO・・・プレイヤーのテクニックを磨く練習用のモード。2種類のトレーニングやコマンドタイムアタックができます。
■VF.TV・・・保存したリプレイやムービーが鑑賞できるモード。ランキングの確認もできます。
■CUSTOMIZE・・・キャラクターデータのエディットができるモード。リングネームの変更やアイテム装備などができます。
■OPTIONS・・・プレイ環境を設定するモード。Xbox360コントローラーの設定や、システムデータのセーブ/ロードも行えます。

<操作方法>
【メニュー/各種選択画面】
 方向パッド/左スティック・・・カーソルの移動
 STARTボタン・・・スタート/キャラクター選択時タイプ変更
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル

【試合時】
 方向パッド/左スティック・・・キャラクター操作
 STARTボタン・・・ポーズ
 Aボタン・・・パンチ(P)
 Bボタン・・・キック(K)
 Xボタン・・・ガード(G)
 Yボタン・・・パンチ(P)
 LBボタン・・・P+G
 左トリガー・・・P+K+G
 RBボタン・・・P+K
 右トリガー・・・K+G

<STORY>
第4回世界格闘トーナメント決勝戦
死力を尽くして戦う舜帝、影丸の前に乱入するデュラル。
デュラル化された母・月影を止めるため、
覚悟を決め自らの手でデュラルを破壊した影丸だったが、
それは量産化された別の1体にしか過ぎなかった・・・。
この決勝戦での事件を受け、「J6」ではさらなる量産型デュラルの強化と、
それに伴う新たな実験体の確保が叫ばれるようになった。
そこで標的となったのが、ベネッサ・ルイスだった。
第4回世界格闘トーナメントに参加中のベネッサを捕らえ、
月影と同じようにデュラル化をしようとするが、
寸前で何者かに救出されてしまう・・・。
ベネッサのデュラル化には失敗したが、解析した彼女の戦闘データから
「J6」はさらなる高性能型「V−デュラル」の開発に成功する。
その後「J6」は第5回世界格闘トーナメントの開催を計画。
「V−デュラル」を投入し、その性能をテストする一方で、
ベネッサを救出した内通者を誘き出そうとするのだった。

「J6」の野望、そして格闘家たちの様々な思いを包み込んだ
世界格闘トーナメントが再び始まろうとしていた・・・。

2008年09月15日

Xb360『アイドルマスター』

2007年1月25日発売/バンダイナムコゲームス/7,140円(込)/SLG/1人用(オンラインは2〜6人)/必要メモリー4.7MB
0884.jpg0884-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の育成シミュレーションゲーム。芸能事務所の新人プロデューサーになって、所属する10人のアイドル候補生達とレッスンやオーディションを重ね、様々なコミュニケーションを通して信頼関係を築き、トップアイドルへ導くのが目的。同日にはキャラクタフィギュアが同梱の初回限定版(20,790円(込))が発売された。また、2007年11月1日には、プラチナコレクションとして廉価版(2,940円(込))も発売された。

<操作方法>
 左スティック・・・カーソルの移動
 STARTボタン・・・ポーズメニュー表示
 Aボタン・・・決定/会話送り/思い出アピール
 Bボタン・・・会話選択/キャンセル/ボーカルアピール
 Xボタン・・・会話選択/ダンスアピール
 Yボタン・・・会話選択/ビジュアルアピール
 LBボタン・・・ページ切り替え
 RBボタン・・・ページ切り替え