2021年10月24日

『NO RETURN(ノーリターン 後戻りできない!)』

P174.jpg

P174-2.jpg

P174-3.jpg

P174-4.jpg

■8歳〜/2〜4人用/25分
■参考サイト:ボードゲーム大好き坊主ブログ内
■1〜11の数字が書かれた6色のタイル×2セット=132枚のタイルを使用。交換・公開・回収する事によって、より高い得点を目指す作品。公開したタイルはマイナス得点になってしまう為、闇雲に高い数字のタイルを選ぶ事はできない。袋からタイルを引く運要素、公開する数字タイルの順番、得点化するための数字タイル残し、回収タイミングの見極めなどがゲームバランスとして成り立っている作品。

2021年10月15日

『GiriGiriCurry(ギリギリカレー)』

P173-4.jpg

P173.jpg

P173-2.jpg

P173-3.jpg

■8才〜/2〜5人用/20分
■参考サイト:ニコボドサイト内
■参考サイト2:ルルイエ屋根裏堂サイト内
■人数分のレシピカードやカレーリミットカード(鍋)にプレイヤーがそれぞれ食材カード(お肉、野菜、魚介)や隠し味カード(ビール、牛乳、醤油、チョコレート、コーヒー、ヨーグルト、リンゴ、ハチミツ、納豆、愛情、香辛料)を入れて、旨味の高いカレーを完成させる。カレーリミットカードを超えないように(レシピカードで左右される)バランス値合計を見極めながら、1つのカレーを選び、旨味値の高い得点を競う。ルールはシンプルながらも、他のプレイヤーの動向によって、様々な具材が投入されるカレー鍋をどの時点まで煮込み、どの時点で回収する(食べる)かギリギリのカレー作りが楽しめる。愛情は旨味6、バランス5と最も高く、勝負の最たるものだが、カレーリミットを超えてカレーではないナニカが作られる可能性も?!

2021年10月05日

『ReCURRRing(リカーーーリング)』

P172.jpg

P172-2.jpg

P172-3.jpg

P172-4.jpg

■8歳〜/3〜5人用/30分
■参考サイト:すごろくやサイト内
■場に出ているカードより、強いカード(数値がより少ない、もしくは同数値の枚数が1枚多い)を出して、交換や回収をし、手札内容を変えつつ、勝利条件となるカードをより多く回収するのが目的の作品。最初はよく分からない事も多いですが、何回かターンを経験すると、何を出して何を交換、回収していけばいいか分かるようになり、お互いの駆け引きが楽しくなってきます。1は1枚、2は2枚、3は3枚・・・といった感じで、強いカードの枚数が少なく、数値の分だけ枚数が用意されているので、終盤になればなるほど、何の数値が何枚残っているか理解できる人も。

2021年09月26日

『ダンジョン オブ マンダム エイト』

P171.jpg

P171-2.jpg

P171-3.jpg

■10歳〜/2〜4人用/30分
■参考サイト:ぼくとボドゲサイト内
■『ダンジョンオブマンダム』に8人の冒険者(7人増加)やスペシャルモンスターが加わった作品。8つの職業それぞれに6種類の装備が用意されている。スペシャルモンスター2体と合わせてダンジョンチャレンジスタート!カードを引いて、ダンジョンにモンスターを配置するか、装備を外してモンスターを除外するか判断を繰り返していく。ダンジョンの攻略ができそうになかったらパスしてチャレンジを諦める事もできる。パスしなかった最後のプレイヤーのみがダンジョンに挑戦できる。ダンジョン踏破を2回したプレイヤーが勝利。果敢に挑戦できないよう、2回ダンジョンに失敗したらゲームから脱落するので、他のプレイヤーとの駆け引きが重要。自身が攻略しやすいように強力なモンスターを装備で除外するか、他のプレイヤーが攻略しにくいようなモンスター配置にするか戦略が取れる。ランダム要素もある為、同じパターンにはならないので、繰り返し何度でも遊べる。特に1回ダンジョンを失敗した後は、後が無い為、ダンジョンチャレンジの緊張感や読み合いがより刺激的になる。

日本語と英語の2種類のマニュアルがありました。
P171-4.jpg

2021年09月19日

『回転ずしポーカー』

P170.jpg

P170-2.jpg

P170-3.jpg

P170-4.jpg

■6歳〜/2〜6人用/5分〜
■参考サイト:100均のメモブログ内
■参考サイト2:ボドゲーマサイト内
■参考動画:YouTube内
■寿司カード64枚(37mm×37mm)+回転皿ボード1枚(170mm×170mm)+説明書1枚。スシローとダイソーのコラボ商品。寿司カードで、トランプのポーカーを作って、得点を競う作品。トランプの役と異なり、寿司ネタ役・皿役・ロイヤル役の組み合わせ計算の為、慣れるまで得点計算がやや難しくなっている。協力:株式会社あきんどスシロー。ゲーム考案:鈴木カズ。