2018年09月15日

『DR.EUREKA(ドクターエウレカ)』

P055.jpg

P055-2.jpg

P055-3.jpg

■6歳〜/2〜4人用/15分
■参考サイト:JELLY JELLY CAFEサイト内
■見本となるカードと同じ構成にするアクション要素が強いボール移動パズルゲーム。ひらめきで移動の手数を減らし、器用さでボールを必要数だけ動かし、冷静さでボールを落とさないようにして、誰よりも速く正確に移し替えるのが目的。5回(5枚)速くできた人が勝者となる。

続きを読む

2018年09月03日

『教授ヘアーサロンへようこそ。』

P054.jpg

P054-2.jpg

P054-3.jpg

■8歳〜/2〜5人用/5〜20分
■参考サイト:植民地戦争+αサイト内
■砂時計を使用し、リアルタイムに髪型を選んで、他の教授たちよりも素敵なヘアースタイルを目指す。サロン分を考慮して、下1桁のスコアの最大値(9)に近いプレイヤーが勝者となる。変化する状況と独特な計算、時間が一定で無い砂時計など一筋縄で行かないのも特徴。

2018年09月01日

『サウンドクアルテット(サウンドクァルテット/サウンドカルテット)』

P053-3.jpg

P053.jpg

P053-2.jpg

■5歳〜/3〜6人用/15分
■参考サイト:百町森サイト内
■動物になりきって、相手が持っていそうな動物カードの鳴きまねをし、同じ動物カード4枚を揃えていくゲーム。手札が無くなった時点で、最も多く動物カードを揃えた人が勝ちになる。ユニークで賑やかな反面、ちょっと恥ずかしい部分も。

2018年08月20日

『Kingdomino(キングドミノ)』

P052-2.jpg

P052-3.jpg

P052-4.jpg

■8歳〜/2〜4人用/15分
■参考サイト:ぼくとボドゲ 〜ボードゲーム日記〜サイト内
■ターン毎に好きな土地タイルを取って、同じ種類の土地タイルを繋げて、自分だけの王国(最大5×5)を作り、得点を競うボードゲーム。王冠がついている土地タイルを取る順番や繋げ方、土地タイルの種類の運の良さなどによって、毎回異なる王国ができるのが魅力。

続きを読む

2018年08月13日

『タイムボム』

P051-2.jpg

P051-3.jpg

■10歳〜/2〜8人用/1〜30分
■参考サイト:ゴクラキズムサイト内
■2つの陣営に分かれ、ラウンド毎にシャッフルしたカードを選択し、ニッパーで切っていく。4ラウンドの間にすべての解除を切断するとタイムポリス陣営の勝利(完全解除)、BOOMが切断される(爆発)か4ラウンド終了(時間切れによる爆発)するとボマー団の勝利。上級ルールでは、スパイ陣営も加わり、4ラウンドが終了するとスパイ側が勝利する三陣営の戦いになる。誰がどの陣営なのかの見極めと駆け引き、運の要素が合わさった作品。

続きを読む

2018年08月06日

『ストリートファイターライバルズ』

P050.jpg

P050-2.jpg

P050-3.jpg

■10歳〜/2人用/5〜10分
■参考サイト:Board game every dayサイト内
■リュウ、ケン、ダッドリー、ジュリ、春麗、ポイズン、ガイル、ザンギエフの8キャラクターから選択可の2人用カードバトルゲーム。1キャラクター10枚。どの技をいつ仕掛けてダメージを与えるか、駆け引きが楽しめる。繰り返しプレイする事によって、デッキの使い方も分かるようになり、より深く探り合う事も。

続きを読む

2018年08月02日

『週刊少年ジャンプ人生ゲーム』

P049-5.jpg

P049-3.jpg

P049-4.jpg


■6歳〜/2〜8人用/20〜30分
■参考サイト:公式サイト
■週刊少年ジャンプ50周年×人生ゲーム50周年のコラボ作品。ジャンプ主人公コマをルーレットで動かし、漫画を読むような感じで進め、アイテムカードや仲間カードの力を借り、全員がゴールした時に最もJメダルが多い人が勝ちのルール。2018年7月下旬発売で、国際センターGVK(Gnade von Kagura(グナーデフォンカグラ))で遊べました。

続きを読む

2018年07月30日

『ラミィキューブ』

P048-4.jpg

P048-5.jpg

P048-6.jpg

■8歳〜/2〜4人用/20分
■参考サイト:ウィキ
■参考サイト2:たっくんのボードゲーム日記サイト内
■同じ色で3枚以上の連番(ラン)や異なる色で3枚以上の同じ数字(グループ)を組み合わせて、手元のタイルを全て無くしていくゲーム。ターン制。最初のみ合計数値30以上のランやグループが必要。それ以降は、場に出たランやグループを自由に編成(アレンジ)できる為、プレイの度に様々なパターンが楽しめる。通常はラウンド制で、手元に残ったタイルがマイナス得点になってしまう為、場に出す順番やタイミングも重要。何ゲームも連続でプレイすると疲れ等で思考力が厳しくなり、見逃してしまう事も。

続きを読む

2018年07月24日

『人狼ドッチ』

P047.jpg

P047-2.jpg

P047-3.jpg

P047-4.jpg

■10歳〜/3〜8人用/5〜10分
■参考サイト:4gamer.netサイト内
■正体隠匿によるコミュニケーションゲーム『人狼』シリーズの一つ。『ワンナイト人狼』みたいに短時間でプレイできるのが特徴。2枚の内のどちらか好きなカード(役割)を選べ、「警察」、「DJ」、「おばけ」といった新要素・第3勢力による駆け引きが楽しめる。

2018年07月22日

『8 the Liar(うそつきの8)』

P046.jpg

P046-2.jpg

P046-3.jpg

■8歳〜/2〜8人用/15〜30分
■0〜8の数字カード(計72枚)とライアーチップ(3枚×8種類)、プレイヤーカード(8枚)を使用したブラフゲーム。合計が8になるように裏向きで「8」と宣言して場に出していく。その際、ライアーチップで、うそつき!と宣言する事もでき、うそならカードを出した人が、本当なら宣言した人がカードを回収する。3回ライアーし、カードを全て無くした人が勝ち。場に8枚以上たまると回収されて使用できなくなる。また、ライアーチップが無くなってもプレイヤーカードでうそつき!と宣言できる。2〜4人用はカード18枚、5〜8人用は72枚で割った枚数でスタートする。
ゲームストア・バネストのお店で購入。購入価格は、1,800円。