2022年05月20日

『Odd Socks(オッドソックス)』

P194.jpg

P194-2.jpg

P194-3.jpg

P194-4.jpg

■8歳〜/3〜5人用/30分
■参考サイト:コロコロ堂 Web Store内
■プレイヤー人数×ラウンド数で勝負が決まるトリックテイキングゲーム。最大や最小の数字を出したプレイヤーが、青色や赤色の靴下を獲得。ペアにならない分がマイナス得点になる。最終的に0になるようにコントロールする必要があるが、大半はマイナス得点が発生する。2ラウンド目以降に最高点の0点を出したプレイヤーは、それ以前のラウンドのマイナス点を1つ無効にできるボーナスがあり、逆転要素も。

2022年05月16日

『テラフォーミング・マーズ・カードゲーム:アレス・エクスペディション』

P193.jpg

P193-2.jpg

P193-3.jpg

P193-4.jpg

■14歳〜/1〜4人用/60分
■参考サイト:ボドゲーマサイト内
■参考サイト2:ぼっちのホビーBlog[ボドゲ版]内
■火星開拓ゲーム。デッキを構築、拡大しつつ、火星の気温上昇・酸素濃度・海洋生み出しの貢献プレイヤー(勝利点)が最も高い方が勝利のルール。同時にフェイズを進行できるようになり、スピーディーなゲーム展開と中盤以降のコンボによる選択肢の広さが魅力。

2022年05月10日

『ebbes(エベス/エッベス)』

P192.jpg

P192-2.jpg

P192-3.jpg

P192-4.jpg

■10歳〜/3〜5人用/45分
■参考サイト:たっくんのボードゲーム日記サイト内
■5色、1〜15の数字のカードを使用。プレイヤーは毎ラウンド、任意のカードを出す。ただし、2人目以降は、原則、同じ色のカードをマストフォローしなければならないので、コントロールが難しい。状況に応じて加点・減点の色カードが変化するので、先が読みづらい展開で好き嫌いが分かれそうな作品。一方で、プラス点の色カードを獲得した相手にはマイナス点の色カードがいくように他プレイヤーと協力するシーンもあり、混沌とした戦いや読み合いの刺激を求める方にはハマりそうな魅力も。

2022年05月04日

『TICKET TO RIDE(チケット・トゥ・ライド・アメリカ)』

P191.jpg

P191-2.jpg

P191-3.jpg

P191-4.jpg

■8歳〜/2〜5人用/30分〜60分
■参考サイト:ハンドマンのボードゲーム紹介サイト内
■目的地カードに沿った路線を繋ぎ、最も勝利点の多いプレイヤーが勝利。都市間を繋ぐ路線の大半は色と個数が決められているので、単線だと迂回になったり、路線が繋げない事も。目的地カードが達成の場合プラス、未達成の場合マイナスの為、路線の色と同じ列車カードを必要枚数分引けるか、他の方と路線が被っていないかによって大きくゲーム展開が変わってくるのが魅力。初回プレイでしたが、カード運がよく、最長列車(39列車繋ぎました)のボーナスポイントも含めて118点の高得点が出せました!アメリカ以外にも基本セットや拡張セットが色々と発売されているみたいです。

2022年04月07日

『あいうえバトル』

P190.jpg

P190-2.jpg

P190-3.jpg

P190-4.jpg

■10才〜/2〜6人用/15分〜
■参考サイト:ゲームマーケットサイト内
■プレイヤーは、お題に沿った7文字以内の単語を考えて、決定する。他のプレイヤーが考えていそうな文字を選ぶ。文字が当たっていたら、その文字のちょっかんくんを反転する。最後まで単語(文字全て)を当てられなかったプレイヤーの勝利。被らない7文字の単語が有利に見えつつも、推測がしやすくなる罠があり、当てられにくい単語と同じくらい文字数も重要な駆け引きの要素になっているのが面白い作品。濁点、半濁点は省略できるので、それも含めての単語決定が楽しい。

※ゲームのタイトルがお題に選ばれたので、ラッドモビール(らつともひーる)を選択。