2020年11月17日

『UNO SUPER MARIO(ウノ スーパーマリオ)』

P149.jpg

P149-2.jpg

P149-3.jpg

P149-4.jpg

■7才〜/2人〜10人
■参考サイト:4Gamer.netサイト内
■カードにスーパーマリオシリーズのキャラクターがデザインされている。基本ルールはウノ(前の人が場に出したカードと同じ色や数字を出したり、記号カードの指示に従って自身のカードを出していき、手持ちのカードが残り1枚になったら「UNO(ウノ)」と宣言し、全てのカードを場に出されば勝利。)。さらにドロー+2や+ドロー4をはねかえせる「無敵マリオ」カード2枚や自由にルールを作れる「ホワイトマリオ」カード2枚が追加されていて、スーパーマリオスペシャルルールも遊べる。

2020年11月13日

『Cucco21(クク21)』

P148.jpg

P148-2.jpg

P148-3.jpg

P148-4.jpg

■6才〜/5〜12人用/30分
■参考サイト:すごろくやサイト内
■参考サイト2:たっくんのボードゲーム日記サイト内
■1〜21まで書かれたカードが配られ、交換するか・しないかの選択があり、オープンした時に最も小さい数字のカードを持っている人が、チップを払ったり、(4ラウンド以降は)脱落したりする。最終的に残った人がチップを総取りできる。それを繰り返し、最も多くチップを稼いだプレイヤーが勝利となる。カードの中には特殊能力もある為、不用意な交換をすると相手のプレイヤーが有利になる事も。シンプルなルールながらも駆け引きとカード運が組み合わさって、人数が増えれば増えるほど、毎ターンの相手の動向が気になる作品。

2020年11月07日

『ito(イト)』

P147.jpg

P147-2.jpg

P147-3.jpg

P147-4.jpg

■完全協力の会話ゲーム『クモノイト〜監獄からの脱出〜』(8歳〜/2〜10人用/約30分)と、協力と裏切りの会話ゲーム『アカイイト〜沈む船からの脱出〜』(8歳〜/4〜10人用/約30分)の2種類から遊べる。
■参考サイト:ニコボドサイト内
■参考サイト2:ぼくとボドゲサイト内
■お題が書かれたカードの内容にそって、数字を言葉で表現し、小さい順に出し切る(クモノイト)/ペアを組んで合計値を100に近づける(アカイイト)作品。その為、人それぞれの価値観によって、異なる数字のイメージがあり、ぴったり合う場合もあれば、全然噛み合わない場合もあったりと終始ワイワイガヤガヤ楽しめる雰囲気になっている。

2020年11月03日

『R−Rivals(アールライバルズ)』

P146.jpg

P146-2.jpg

P146-3.jpg

P146-4.jpg

■2人用/5分〜
■参考サイト:ボドゲーマサイト内
■参考サイト2:GameLife オンラインショップサイト内
■0〜7の数字が書かれた8枚のカードがお互いの手札。基本は数字が高い方の勝ちだが、それぞれのカードには特殊効果がある為、一筋縄ではいかない。単純なルール、シンプルな勝敗にもかかわらず、奥行きを感じるゲーム性と読み合いや駆け引きの緊張感・快感が得られる作品。インストも含めて短時間・2人でプレイできるのも魅力。

2020年10月13日

『レジスタンス:アヴァロン』

P145.jpg

P145-2.jpg

P145-3.jpg

P145-4.jpg

■13歳〜/5〜10人用/30分
■参考サイト:ホビージャパン 公式サイト内
■参考サイト2:コロナビサイト内
■参考サイト3:ぼくとボドゲサイト内
■チーム戦の正体隠匿作品。遠征ミッションによる投票(承認・却下)から、それぞれの陣営を推測していく。相手チームが誰か分かるマーリン、マーリンを知る事ができるパーシヴァル、敗北時にマーリンを当てれれば大逆転が可能な暗殺者(アサシン)など両陣営の役職者が面白く、最後の最後まで勝敗が分からない展開が熱い。

2020年10月09日

『KNISTER(クニスター)』

P144.jpg

P144-2.jpg

P144-3.jpg

P144-4.jpg

■8才〜/1〜12人用/15分
■参考サイト:ふうかのボードゲーム日記ブログ内
■ダイス2個を交代で振っていき、出た目の合計の数字を埋めていき、列ごとのポーカーの役に沿った得点の合計点を競うゲーム。斜めのみ2倍の得点。最も合計点が高いプレイヤーの勝利。マスが埋まっていくと、欲しい出目を祈るようになる光景はお約束(笑)ダイスとポーカーの親和性が高い事を証明した作品。ゲームストア・バネスト20周年記念ボードゲーム会(2019年9月)では200人同時、SoLaCe〜ソラス〜のクリスマス事前イベント(2019年12月)では数十人で、ボドゲカフェ&スペース Gnade von Kagura(グナーデフォンカグラ)の月間スコアタ挑戦(2020年8月)では1人で、それぞれプレイ。ルールも分かりやすく、紙やペンがあれば、1人以上何人でもプレイできるのも魅力。

2020年10月05日

『イエサブのボブジテン』

P143.jpg

P143-2.jpg

■15才〜/3〜8人用/30分
■参考サイト:イエローサブマリンONLINEFLAGSHOPサイト内
■お題カードのカタカナ語を日本語だけで説明し、他のプレイヤーに伝えるゲーム『ボブジテン』のイエローサブマリンバージョン。専門用語が多い為、難易度は上がっている!(通常版は10才〜に対し、イエサブ版は15才〜)

2020年10月04日

『革命 大富豪 PLAYING CARDS』

P142.jpg

P142-2.jpg

P142-3.jpg

■大富豪(革命ルール)や追加ルールの遊び方カード入りのトランプ。
■2020年夏に100円ショップのダイソーで発見。税込み110円で購入。
■カード54枚+遊び方カード1枚

続きを読む

2020年09月26日

『BELLZ!(ベルズ)』

P141.jpg

P141-2.jpg

P141-3.jpg

P141-4.jpg

■6歳〜/2〜4人用/10分
■参考サイト:親子ボードゲームで楽しく学ぶ。サイト内
■交代に磁石の棒を使って、同色の鈴10個を誰よりも早く取っていくゲーム。他の色の鈴が磁石の棒にくっついたり、フィールド外に出てしまったらそのラウンドは獲得できない。鈴の色は、パープル・ゴールド・ブルー・グリーンの4種類。磁石の棒は太い方(磁石の力が強い)と細い方(磁石の力が弱い)のどちらか一度決めたらプレイ中は変更できない。前者は大きな鈴を引き寄せやすいが、他の鈴もくっつけてしまう可能性が高くなる。一方、後者は堅実に同色の鈴を集めていきやすいが、一度にくっつけれる個数が少ない。

2020年09月15日

『アズール:サマーパビリオン』

P140.jpg

P140-2.jpg

P140-3.jpg

P140-4.jpg

■8歳〜/2〜4人用/30〜45分
■参考サイト:ぼくとボドゲサイト内
■タイルの獲得、タイルの配置を交互に繰り返し、得点を競うゲーム。シリーズ化されていて、第三弾との事。獲得できる色のタイルはランダムで、また他のプレイヤーの思惑もあり、思うように取れない事も。配置は自由に選択できる為、ラウンド毎に先の展開も考えつつ、最大効果の得点を狙っていく楽しさがある。タイルの獲得と配置をするシンプルな要素にもかかわらず、対戦相手や人数、状況などによって様々な可能性が発見でき、考える面白さ・難しさが同居した作品。