2010年02月13日

WS『スーパーロボット大戦COMPACT』

1999年4月28日発売/バンプレスト/4,500円(別)/S・RPG/1人用
1112.jpg1112-ura.jpg

<ゲーム内容>
 テレビアニメでおなじみのロボットやキャラクター達が活躍するターン制のシミュレーションRPG『スーパーロボット大戦』シリーズのWS版。パーソナルデータテーブル・システムを搭載している。セーブは3つまで。

[パーソナルデータテーブル・システムについて]
 スタートボタンを押しながら、ワンダースワン本体の電源を入れると、「所有者登録画面」が表示されます。ここで名前や生年月日を登録できますが、この数値をパイロットが修得する精神コマンドに反映させるシステムが「パーソナルデータテーブル・システム」です。
 入力したデータによって、仲間になる全パイロットの修得精神コマンドが変化します。

<操作方法>
 Yボタン2、4・・・未行動ユニットの検索
 Yボタン3・・・全体マップ表示
 Yボタン1・・・使用しません。
 Xボタン1・・・カーソルの上移動
 Xボタン2・・・カーソルの右移動
 Xボタン3・・・カーソルの下移動
 Xボタン4・・・カーソルの左移動
 SOUNDボタン・・・音量の調節(3段階)
 STARTボタン・・・ゲームの開始
 Aボタン・・・コマンドの決定、各種ウインドゥの呼び出しなどに使用。
 Bボタン・・・キャンセル、ユニットや地形のデータ参照
※Aボタン、Bボタン、STARTボタンを同時に押すと、手元リセット可能。その後、STARTボタンを押し続けるとクイックコンティニュー
※ワンダースワン本体を横に持ってプレイします。

<ストーリー>
宇宙世紀00XX。
人類の新たな進化の方法を模索した科学者がいた。

その科学者の名は波乱創造。

彼は人類をあらゆる環境で生きていくことができるサイボーグ・・・・・・”メガノイド化”する事により、重力に魂を引かれる地球の人間が宇宙へ、そして宇宙に生きる人々がもっと外の宇宙へ旅立つことができるよう、日夜研究に励んだ。
しかし、メガノイド試作1号機「ザウサー」、同2号機「コロス」が実験中に暴走し、火星の研究所は消滅・・・・・・創造は命を落とすことになった。

創造主を失ったメガノイド・コロスは、残された不完全なプログラムに従い、「人類メガノイド化計画」を発動させ、地球人類に対し宣戦布告を行う。
折り悪く、地球圏の征服を目論む侵略軍、ムゲ帝国の侵攻もそれに重なり・・・・・・地球はメガノイドと、宇宙はムゲ帝国と戦うという、かつてない大戦の火蓋が切られた。

激戦は、ホワイトベース隊の力により一応の終焉を迎える。

それから1年。

波乱創造の予想したとおり、アースノイドとスペースノイドの確執は、独立を宣言したコロニー国家の雄、「ジオン公国」の地球連邦政府に対する独立戦争というかたちで、ついに具現化した。
かつてスペースノイドたちと共にムゲ帝国と戦ったホワイトベース隊は、ロンド・ベル隊に名を変え、「1年戦争」と呼ばれる戦いに突入する。

その戦いの最中・・・・・・故郷バーム星を失い、第二の故郷として地球を我がものとしようと企むオルバン大元帥率いる小バームが他星系から来襲し、地球圏は未曾有の大混乱を迎えつつあった・・・・・・。

2010年01月01日

WS『POCKET FIGHTER(ポケットファイター)』

2000年4月6日発売/バンダイ/3,800円(別)/B・ACT/1〜2人用
1099.jpg1099-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードからの移植。カプコンの人気キャラクター達(リュウ、ケン、春麗(チュンリー)、さくら、モリガン、レイレイ、フェリシア、タバサ、いぶき、ザンギエフ、ダン、ゴウキ)がデフォルメされて戦う2D対戦格闘アクションゲーム。相手にダメージを与えたり、ガードクラッシュで手に入れることができる「ジェム」を集めると必殺技がレベルアップする。カードバトルのモードや集めたカードを見るモードもあり。プレイステーション、セガサターンなどにも移植された。また、PS2『ストリートファイターZERO ファイターズジェネレーション』にも収録されている。

<操作方法>
 Yボタン1・・・パンチ+スペシャル
 Yボタン2・・・挑発
 Yボタン3・・・スペシャル
 Xボタン1・・・ジャンプ
 Xボタン2・・・前進 ※右向きの場合
 Xボタン3・・・しゃがみ ※しゃがみ後、即ジャンプで大ジャンプ
 Xボタン4・・・後退およびガード ※右向きの場合
 STARTボタン・・・ゲームスタート/ポーズ(もう一度押すと解除)
 Aボタン・・・キック/決定
 Bボタン・・・パンチ/キャンセル
※本体を横に持ってプレイします。

2009年12月13日

WS『プロ麻雀 極 for WonderSwan』

1999年10月7日発売/アテナ/3,800円(別)/TBL(麻雀)/1〜2人用
1095.jpg1095-ura.jpg

<ゲーム内容>
 井出洋介プロ、馬場裕一プロなど有名プロと対局ができる麻雀ソフト。LEVELシステムを採用し、LEVEL UPに伴い色々な機能が追加される仕組みになっている。高速思考、左手だけでも操作できる、オートセーブ機能搭載など親切設計。

<操作方法>
【メニュー画面】
 Yボタン1・・・決定
 Yボタン2・・・キャンセル、前の画面に戻る
 Yボタン3・・・決定
 Yボタン4・・・使用しません
 Xボタン1・・・項目選択(上方向)
 Xボタン2・・・項目選択(右方向)
 Xボタン3・・・項目選択(下方向)
 Xボタン4・・・項目選択(左方向)
 SOUNDボタン・・・音量の調整(3段階)
 STARTボタン・・・決定
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル、前の画面に戻る

【対局中】
 Yボタン1・・・雀士ウインドゥ
 Yボタン2・・・スクロールスイッチオン、スクロールスイッチオフ
 Yボタン3・・・捨て牌、入力待ちのキャンセル
 Yボタン4・・・使用しません
 Xボタン1・・・画面スクロール
 Xボタン2・・・捨て牌選択(右)、画面スクロール
 Xボタン3・・・コマンドメニュー、画面スクロール
 Xボタン4・・・捨て牌選択(左)、画面スクロール
 SOUNDボタン・・・音量の調整(3段階)
 STARTボタン・・・雀士ウインドゥ
 Aボタン・・・捨て牌、入力待ちのキャンセル
 Bボタン・・・スクロールスイッチオン、スクロールスイッチオフ
※ワンダースワン本体を横に持ってプレイします。
※タイトル画面で、Xボタン1を押しながらAボタンを押すと、データを初期化できます。

2009年12月02日

WS『マジカルドロップ forワンダースワン』

1999年10月14日発売/データイースト/3,800円(別)/PZL/1〜2人用
1092.jpg1092-ura.jpg

<ゲーム内容>
 上から降りてくる色々なドロップ(玉)を取ったり、投げたりして、同じ色のドロップを縦に3つ以上並べて消していくパズルゲーム。アーケードをはじめ、SFC、PS、SSNPに移植されていて、様々な機種でシリーズ化されている。

[ゲームモード]
■すとーりー・・・次から次へと挑戦してくる妖精たちと戦うモードです。8人のキャラクター、3つの難易度が用意されています。
■ひたすら・・・ただひたすら出てくるドロップを消していくモードです。ゲーム終了時に段位認定します。
■たいせん・・・専用通信ケーブルをつなげて対戦するモードです。
■うらない・・・今日のあなたの運勢を占うモードです。恋愛運、金運、仕事・勉強運、相性などが占えます。
■おぷしょん・・・ゲーム中の各種設定を変更することができます。

<操作方法>
【通常モード】 ※うらないモード以外はワンダースワン本体を縦向きに持って遊びます。
 Xボタン1・・・使用しません。
 Xボタン2・・・使用しません。
 Xボタン3・・・ドロップを投げたり、モードの決定に使用します。
 Xボタン4・・・ドロップを取ったり、モードのキャンセルに使用します。
 Yボタン1・・・ピエロの左移動やモードの選択に使用します。
 Yボタン2・・・モードの選択に使用します。
 Yボタン3・・・ピエロの右移動やモードの選択に使用します。
 Yボタン4・・・ドロップを降ろしたりモードの選択に使用します。
 SOUNDボタン・・・音量の調節(3段階)。
 STARTボタン・・・ゲームのスタートやポーズに使用します。
 Aボタン・・・使用しません。
 Bボタン・・・使用しません。

【うらないモード】 ※うらないモードではワンダースワン本体を横向きに持って遊びます。
 Xボタン1・・・日付けや血液型の選択に使用します。
 Xボタン2・・・占いの種類の選択に使用します。
 Xボタン3・・・日付けや血液型の選択に使用します。
 Xボタン4・・・占いの種類の選択に使用します。
 Yボタン・・・使用しません。
 SOUNDボタン・・・音量の調節(3段階)。
 STARTボタン・・・ゲームのスタートやポーズに使用します。
 Aボタン・・・項目の決定。
 Bボタン・・・質問の選択やキャンセルに使用します。

2009年11月23日

WS『誕生〜Debut〜 for WonderSwan』

2000年2月24日発売/バンダイビジュアル/4,200円(別)/SLG/1人用
1090.jpg1090-ura.jpg

<ゲーム内容>
 PC98で発売され、様々なプラットフォームに移植されたアイドル育成シミュレーションゲーム。スケジュールを管理し、レッスンや仕事などでパラメーターを伸ばし、アイドル大賞グランプリ受賞を目指すのが目的。セーブは3つまで保存可。

<操作方法>
 Xボタン1、3・・・項目の選択 上・下
 Xボタン2、4・・・項目の選択 左・右
 Aボタン・・・決定/画面の送り
 Bボタン・・・キャンセル
※本体を横に持ってプレイします。

<ストーリー>
芸能界のスターを夢見る3人の少女(伊東亜紀【CV:冨永みーな】・藤村さおり【CV:笠原弘子】・田中久美【CV:かないみか】)、彼女たちを輝く星にできるかどうかはマネージャーのキミの手腕にかかっている!
アイドルデビューした3人を、翌年のアイドル大賞を受賞できるまで育て上げることができるのか?
キミの指導次第では彼女たちはまったく別の道に進んでしまうかも・・・。
果たして彼女たちを立派なアイドルに育て上げることができるか?
それはキミの腕にかかっている!!

2009年11月10日

WS『ロックマン&フォルテ 未来からの挑戦者』

1999年10月28日発売/カプコン、バンダイ/3,800円(別)/ACT/1人用
1086.jpg1086-ura.jpg

<ゲーム内容>
 新たな敵、ロックマン・シャドウを倒し、街に平和を取り戻すのが目的のアクションゲーム。武器や能力が異なるロックマンとフォルテの2人からプレイヤーを選択できる。セーブは3つまで保存可能。通常は横ステージ(本体を横に持ってプレイ)で、面によっては縦ステージ(本体を縦に持ってプレイ)も用意されている。

<操作方法>
【選択・設定画面】
 Xボタン・・・カーソルの移動、項目の選択
 STARTボタン・・・決定
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル

【アクション画面】
■横ステージ
 Xボタン・・・上下左右の移動、ハシゴの昇り降り
 STARTボタン・・・武器/アイテム選択画面の表示
 Aボタン・・・ジャンプ(フォルテのみジャンプ中にもう一度Aボタン入力で2段ジャンプできます。)
 Bボタン・・・ショット攻撃(ロックマンのみBボタン押し放しでチャージショットできます。)、特殊武器攻撃(特殊武器選択中)

■縦ステージ
 Yボタン・・・上下左右の移動、ハシゴの昇り降り
 Xボタン3・・・ジャンプ
 Xボタン4・・・ショット攻撃、特殊武器攻撃(特殊武器選択中)

【スペシャル技】
 Aボタン+Xボタン3(横ステージ)、Xボタン3+Yボタン4(縦ステージ)・・・ロックマン/スライディング・・・狭い通路や敵のジャンプをくぐり抜けろ!  フォルテ/ダッシュ・・・素早い動きで敵の攻撃をかわせ!

<ストーリー>
200X年のある日―――
人間とロボットが平和に暮らす街シンフォニー・シティをディメンションズというロボット軍団が襲った。
目撃者の話をまとめると、ディメンションズ圧倒的なパワーを持ったロボットたちの集団で、しかもその軍団を率いていたのは、あろうことかロックマンそっくりのロボットだったという。
ロックマンそっくりなロボットの体は漆黒に輝き、その破壊の様は邪悪に取りつかれた悪魔の様だったという。

ライト研究所でこのニュースを聞いたロックマンは、メンテナンス中にも関わらず、現場へ駆けつけた。

一方、Dr.ワイリーもこの事件に関心を示し、その謎を解明させるため同様にフォルテを向かわせた。

新たな敵ロックマン・シャドウに立ち向かうため、ロックマンとフォルテ・宿命のライバルが手を組んだ。戦いは一時休戦、最強コンビの誕生だ!
さあ、ロックマン!フォルテ!街の平和を取り戻せ!

2009年10月28日

WS『Harobots(ハロボッツ)』

1999年10月7日発売/サンライズインタラクティブ/4,300円(別)/RPG/1〜2人用
1082.jpg1082-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『機動戦士ガンダム』に登場する「ハロ」を4つのミニゲーム(かわら割り、障害物走、迷路、図形の計算)で育成し、アイテムをコンビナイズ(組み合わせ)し、サンライズ作品ロボットに変身させて戦わせる育成要素があるロールプレイングゲーム。シリーズとして、2000年12月1日にGBC『GBハロボッツ』が、2002年7月5日にGBA『ハロボッツ ロボヒーローバトリング!!』が、2005年12月15日に『ハロボッツ アクション!!』が発売された。

<操作方法>
【基本操作】
 Yボタン1・・・画面を戻す
 Yボタン2・・・画面を進める(名前入力時のみ使用)
 Xボタン・・・プレイヤー、カーソル移動
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル

【マップ上の操作法とデータセーブ】
 Xボタン・・・マップ画面でキャラクターを移動させます。メニュー画面ではカーソルの移動をします。
 Aボタン・・・マップ上で話しかけたい相手に向かってAボタンを押すと会話が出来ます。メニュー画面時に決定指示をします。
 Bボタン・・・ハロを所有後、マップ画面時にBボタンを押すと、メニュー画面が開きます。メニュー画面では現在のハロの状態を見ることが出来ます。メニュー画面の”システム”を選ぶとデータセーブ画面が表示されます。ここで、それまでのデータをセーブすることが出来ます。メニュー画面での決定キャンセル時とマップ画面に戻る際に使用します。

※本体を横向きで使用します。

<プロローグ>
「惑星クラウディア」アディウスエリア、ここにはその昔、惑星開拓用に使用されていたロボット達が当たり前のように普通の道具として使われています。
まだまだ危険な地域の残っているアディウスエリアでは子供達は10才になると、市民コードのかわりに周囲の環境にあわせて成長するロボペット「ハロ」を所有する権利が与えられます。
いざとなれば危機から救ってくれる巨大ロボ「ハロボッツ」へと変身するハロを所有することは、子供達のあいだでとても大きなステータスなのです。
そして今、ここアディウスエリアではハロの強さを競う”ハロボッツバトル”が大人気!!
”ハロを自在に操り、様々なハロボッツに変身させる”
そんなハロボッツバトラーに憧れてはいるけれど、まだハロを持っていない主人公「ノボル」は早くハロを手に入れ最強のハロボッツバトラーになることを夢見て今日もハロを探し始めます・・・。

さぁ、君もハロと冒険の旅に出かけよう!!

2009年10月07日

WS『FINAL LAP(ファイナルラップ)2000』

2000年3月23日発売/バンダイ/3,800円(別)/RCG/1〜2人用
1069.jpg1069-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の(通信機能を使用して)2人対戦プレイ可能なF−1レースゲーム。ポジションによるパワー変化システムを搭載しているので、最終周回まで勝負が分からなくなっている。アーケードモードの他、ワールドツアーモードやタイムトライアルモード、コースエディットなども用意されている。初回特典は、永井流奈のワンポイント攻略カードが同梱されているみたいです。FCやPCE−Huにもシリーズとして移植された。

[ファイナルラップとは?]
 世界初の筐体間通信機能を搭載し、1987年、株式会社ナムコが世に送り出した業務用レースゲーム。
 レース展開によって前後にスライドし、コースアウト時に振動するシート!キックバック機能を搭載したリアルなステアリング!そして最大8人まで可能な通信機能!これら先進のハードウェアはもちろん、注目はリアルさを追求したゲームのシステムにありました。
 適切なブレーキングと繊細なアクセルワーク、そしてコーナー進入時のシフトダウンなど、レーシングドライブそのもののリアルな操作が求められるゲームでした。また、ポジションによるパワー変化など、レースを白熱させる画期的な機能が搭載されていました。”リアルさ”と”ゲーム性”を高い次元で融合させたた初めてのレースゲーム、それがファイナルラップだったのです。

<操作方法>
【レース時】
 Xボタン2、4・・・ステアリング操作
 Xボタン1・・・シフトアップ(MT選択時)
 Xボタン3・・・シフトダウン(MT選択時)
 Yボタン3・・・ライバルカー視点(ARCADEのみ)※もう一度押すとプレイヤーカーの視点に変わります。
 STARTボタン・・・TIME TRIALの終了
 Aボタン・・・アクセル(離すとスピードが落ちます)
 Bボタン・・・ブレーキ

【設定時】
 Xボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル

【コースエディット時】
 Xボタン・・・パーツ配置カーソルの移動
 Xボタン(Bボタンを押しながら)・・・パーツ選択カーソルの移動
 Yボタン2、4・・・道タイプの変更
 STARTボタン・・・コースエディットの終了
 Aボタン・・・パーツの配置、パーツの回転(配置後)
 Bボタン・・・Xボタンとの組み合わせで、パーツ選択、カーソルの移動

※ワンダースワン本体を横に持ってプレイします。

2009年09月04日

WS『超兄貴 男の魂札』

2000年2月10日発売/バンダイ/3,980円(別)/ETC(カードバトル)/1〜2人用
1056.jpg1056-ura.jpg

<ゲーム内容>
 異色のシューティングゲーム『超兄貴』がカードバトルになって帰ってきた!様々な星を冒険しながら情報を集め、その星々のビルダーと肌を合わせて最強のデッキを作り、迫力彗星都市帝国の大帝を撃破するのが目的。選択できるキャラクターは8人(イダテン、ベンテン、サムソン、アドン、ヤエモン、ひかる17、サブー、アダム)で、セーブ(1箇所のみ)で保存・再開可能。通信ケーブルを使用して対戦プレイやカード交換もできる。

<操作方法>
 Xボタン・・・移動、項目の選択
 Yボタン・・・サブメニューのオープン、デッキ参照中のページ単位切換
 Aボタン・・・項目の決定、メッセージ送り、サブメニューのオープン
 Bボタン・・・項目のキャンセル、サブメニューを閉じる
※横に持ってプレイします。

<ストーリー>
ボ帝ビルとの戦いから2年、ビルダー星系は目覚ましい復興を遂げ、健全な兄貴たちは、日夜ハードなトレーニングを享受していた。
しかし、ここに新たな胸囲・・・、いや”脅威”が迫りつつあった。迫力彗星都市帝国!
圧倒的なパワーで軌道上の兄貴たちを制圧し、プロテインを略奪。そして、今まさにビルダー星系に迫らんとしている。
彗星到達まであと・・・(何日だろう?)
さあ、震わせよその大胸筋を、盛り上げよ上腕二等筋を、新たなる超兄貴伝説が始まる。

続きを読む

2009年08月21日

WS『タイムボカンシリーズ ボカン伝説 ブタもおだてりゃドロンボー』

2000年4月27日発売/バンプレスト/4,200円(別)/RPG/1〜2人用
1052.jpg1052-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『ヤッターマン』に登場するドロンボー一味の3人(ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラー)が主人公のギャグベンチャーRPG。ドロボウの神様ドクロベエから受けた指令「地球をまるごと買うことができてしまうほどの大金塊を手に入れる」を達成するのが目的。インチキ商売で資金を集めて悪玉メカを作り、パーツを組み込んでメカを強くし、善玉メカと戦っていく。通信ケーブルを使えば、対戦やパーツ交換など2人で遊ぶこともできる。セーブは1つのみ。

<操作方法>
 Xボタン・・・カーソルの移動。ドロンボー一味の移動(Bボタンを押しながらで高速移動)。
 SOUNDボタン・・・音量の調節。(3段階)
 STARTボタン・・・ゲームのスタート。フィールド画面で「能力コマンド画面」を開く。
 Aボタン・・・文章の送り。各コマンドの決定。人物との会話。インチキ商売スロットの停止。フィールド上の怪しい所を調べる。
 Bボタン・・・コマンドのキャンセル。インチキ商売スロットの停止。
 Yボタン1・・・コマンドのキャンセル。インチキ商売スロットの停止。
 Yボタン2・・・フィールド画面で「能力コマンド画面」を開く。
 Yボタン3・・・押しながら、AボタンまたはYボタン4で、メッセージの早送り。
 Yボタン4・・・文章の送り。各コマンドの決定。人物との会話。インチキ商売スロットの停止。フィールド上の怪しい所を調べる。
※横画面でプレイします。

<ものがたり>
ジャジャジャジャーン!
ワガハイはどろぼうの神様「ドクロベエ」だベエ。
久々に、ドロンボー一味「ドロンジョ」「ボヤッキー」「トンズラー」の三人に指令を与えに来たのだベエ。
今回、ドロンボーが狙うものは、この地球をまるごと買うことができてしまうほどの大金塊!
略して「地球まる金」なのだベエ。
しかし「地球まる金」を見つけ出すには、「Tパーツ」と言われる不思議〜なアイテムが必要なのだベエ。
そこで、ドロンボーに指令を与えるだベエ。
必ずやTパーツを見つけ出し、地球上のどこかに隠された大金塊「地球まる金」を手に入れるのだベエ!
「アラホラサッサー!」