2016年01月20日

WS『線脳MILLENNIUM(せんのうミレニアム)』

2000年3月16日発売/バンダイ/3,600円(別)/A・PZL/1〜2人用
1744.jpg

<ゲーム内容>
 上からゆっくり落ちてくるピースの線を、上下左右の壁につなげたり、線で囲んだりしながら、フィールド上のピースを消していくパズルゲーム。エンドレスモード、対戦モード、パズル的モード、2P対戦モードなどが用意されている。

<操作方法>
●選択画面
 Xボタン3・・・決定
 Yボタン・・・項目の選択・表示の切り替え
 STARTボタン・・・ゲームスタート

●プレイ画面
 Xボタン・・・相手の画面を見る(センノーとたたかう、ツナゲてたたかうプレイ時)
 Xボタン3、4・・・ピースの回転
 Yボタン1、3・・・ピースの左右移動
 Yボタン4・・・ピースの落下を加速
 STARTボタン・・・ポーズ

※このゲームはワンダースワン本体を縦に持ってプレイするゲームです。

2015年04月14日

WS『SPACE INVADERS(スペースインベーダー)』

1999年5月13日発売/サンソフト/3,800円(別)/STG/1〜2人用
1686.jpg

<ゲーム内容>
 ビーム砲からビームを発射して、全てのインベーダーを撃ち落とせばラウンドクリアの固定面縦シューティングゲーム。ビーム砲のストックがなくなったり、インベーダーに陣地を占領されるとゲームオーバーになる。ゲームモードは3つで、アーケード版を移植した「オリジナルモード」、通信ケーブルを使って2人で対戦する「2P対戦モード」、ゲームの設定を変更する「オプション設定」。

<操作方法>
 X4、X2ボタン・・・ビーム砲を左右に移動します。
 A、Bボタン・・・ビーム砲からビームを発射します。
 STARTボタン・・・ゲームを中断・再開します。
※Y4、Y2ボタンでもビーム砲を左右に移動させることができます。
※A、Bボタンを押しながらSTARTボタンを押すと、ソフトリセットがかかります。

2014年07月18日

WS『ワンダースタジアム’99』

1999年9月30日発売/バンダイ/3,600円(別)/SPT(野球)/1〜2人用
1587.jpg1587-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『ファミスタ』シリーズのWS版第2弾。オープン戦、オールスター、ペナントレースなどの野球の試合がプレイできる「とことん野球」やチームを作成したり、選手を育てる「とことん育成」、任意のバッターを選んでホームランによる得点を争う「ホームランレース」などのゲームモードが用意されている。選手データ以外の基本的なゲームモードや操作方法等は前作と同じ。

<操作方法>
 Xボタン・・・選手の移動、塁の指定、球種・コースの選択。
 スタートボタン・・・ゲームのスタートとタイムの宣告。
 Aボタン・・・バッティング、ピッチング、ファインプレイ、送球、帰塁、コマンドの決定。
 Bボタン・・・進塁、塁タッチ、けんせい時の画面切り替え、コマンドのキャンセル。
 Aボタン+Bボタン+スタートボタン・・・ソフトリセット
※本体を横向きでプレイするタイプ。

2014年07月17日

WS『ワンダースタジアム』

1999年3月11日発売/バンダイ/3,600円(別)/SPT(野球)/1〜2人用
1586.jpg1586-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『ファミスタ』シリーズのWS版。オープン戦、オールスター、ペナントレースなどの野球の試合がプレイできる「とことん野球」やチームを作成したり、選手を育てる「とことん育成」、任意のバッターを選んでホームランによる得点を争う「ホームランレース」などのゲームモードが用意されている。同機種では、『ワンダースタジアム’99』も発売された。

<操作方法>
 Xボタン・・・選手の移動、塁の指定、球種・コースの選択。
 スタートボタン・・・ゲームのスタートとタイムの宣告。
 Aボタン・・・バッティング、ピッチング、ファインプレイ、送球、帰塁、コマンドの決定。
 Bボタン・・・進塁、塁タッチ、けんせい時の画面切り替え、コマンドのキャンセル。
 Aボタン+Bボタン+スタートボタン・・・ソフトリセット
※本体を横向きでプレイするタイプ。

2014年03月07日

WS『ファイヤープロレスリング for WonderSwan』

2000年8月31日発売/加賀テック/3,980円(別)/SPT(プロレス)/1〜2人用
1563.jpg

<ゲーム内容>
 PCE−Huやスーパーファミコン等でリリースされているプロレスゲーム、『ファイヤープロレスリング』シリーズ(ファイプロシリーズ)のワンダースワン版。136人のレスラー、約900種の技、4人のレフェリーが用意されている。対戦相手・ルールなどを自由に設定し、フリーに対戦する事ができる「ワン ナイト マッチ」、4〜16人が優勝トロフィーを懸けて闘う「ワン ナイト トーナメント」、4〜16人の選手が総当たりで闘い、格闘ポイントを競う「オープンリーグ」、5人1組でチームを作り、5対5で闘う対抗戦「イリミネーション マッチ」、100ポイントを振り分けて好きなレスラーを作っていく「エディット」、通信ケーブルを使って友達と対戦する事ができる「ネットワークバトル」などのゲームモードから遊べる。

<操作方法>
【進行画面の基本操作】
 STARTボタン・・・ゲームスタート、決定
 Xボタン・・・カーソルの移動、項目の選択
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル、ひとつ前の画面に戻る
 Yボタン・・・レスラーメイク、技装備画面でレスラーの表示を移動
 Yボタン1・・・トーナメント、リーグモードの対戦表画面においてスキップするときに使用

【試合中の基本操作】
 Xボタン・・・レスラーの移動(8方向)
 STARTボタン・・・走る(Xボタンで方向指定)
 Bボタン・・・小技
 Aボタン・・・中技
 ABボタン同時押し・・・大技
 Yボタン4つ同時押し・・・スペシャル技
 Yボタン2・・・パフォーマンス1
 Yボタン4・・・パフォーマンス2
 Y1又はY3+STARTボタン・・・ポーズ

2012年07月24日

WS『たれぱんだのぐんぺい』

1999年12月9日発売/バンダイ/2,980円(別)/A・PZL/1〜2人用
1406.jpg

<ゲーム内容>
 下からせり上がってくるパネルにカーソルを合わせ、上下を入れ替えて、パネル内に描かれた4種類の「せん」を左右の壁につなげて消すアクションパズルゲームGUNPEI(グンペイ)と「たれぱんだ」のキャラクターがコラボした作品。SP(スペシャルポーズ)がたまると、たれぱんだが「はいきん」や「よことび」などの動作をする。同日には、本体同梱版(定価7,600円(別))が、シリーズがPSWSC、DS、PSPなどで発売された。

■ゲームモード■
「とりあえずたれぱんだ。」・・・ゲームオーバーになるまでひたすらプレイするモード。
「かんさつでたれぱんだ。」・・・各ステージごとに決められた数のパネルを消していくモード。
「ぱずるでたれぱんだ。」・・・一度のつなぎで画面上のすべてのパネルを消すパズルモード。
「つみかさねてたれぱんだ。」・・・全9ステージのおはなしモード。
「いつまでもたれぱんだ。」・・・ゲームオーバーなしのずーっとプレイできるモード。

<操作方法>
 STARTボタン・・・ゲーム中のきゅうけい。項目を決める。
 SOUNDボタン・・・音量の調節(3段階)。
 Xボタン2・・・フィールドのせり上げる。
 Xボタン3・・・パネルの上下を入れ換える。項目を決める。
 Xボタン4・・・パネルフラッシュ時間を強制的にスキップする。
 Yボタン1・・・カーソルの左へ移動。項目を選ぶ。
 Yボタン2・・・カーソルの上へ移動。項目を選ぶ。
 Yボタン3・・・カーソルの右へ移動。項目を選ぶ。
 Yボタン4・・・カーソルの下へ移動。項目を選ぶ。
※Xボタン1、Aボタン、Bボタンは使いません。
●このゲームはワンダースワン本体を縦に持って遊ぶゲームです●

2011年01月21日

WS『鉄人28号』

1999年12月22日発売/メガハウス/4,200円(別)/A・ADV/1人用
1218.jpg

<ゲーム内容>
 同名漫画のゲーム化。ワンダースワン本体を横にしてプレイする「アドベンチャーモード」と、ワンダースワン本体を縦にしてプレイする「アクションバトルモード」の両方が楽しめるストーリー仕立てのアクション・アドベンチャーゲーム。縦横の切り替えアイディアは目新しい反面、実際にプレイするとちょっと面倒な部分もあり。

<操作方法>
●アドベンチャーモード
 Xボタン1・・・選択カーソルの上移動
 Xボタン3・・・選択カーソルの下移動
 STARTボタン・・・次の場面に移動する
 Aボタン・・・会話を進める。
※アドベンチャーモードでは、ワンダースワンを横にして持ちます。
※会話の表示中にAボタンを押すとメッセージを早送りします。

●アクションバトルモード
 Yボタン1、2、3、4・・・左のコントローラー
 Xボタン1、2、3、4・・・右のコントローラー
 STARTボタン・・・アクションバトルをPAUSE(一時中断)できます。
※アクションバトルモードではワンダースワンを縦方向に持ち、鉄人の操縦器に見立てて操作します。

<ストーリー>
 ある日、少年探偵金田正太郎は、亡くなった父の親友である敷島博士に呼び出された。敷島博士は正太郎に、近年の科学技術の発達に伴って増加する凶悪犯罪への巨大ロボットの悪用、そしてこれらに対抗するため最強のロボット「鉄人28号」を製作したことを伝えられた。

 正太郎は、鉄人28号が父である金田博士の開発したロボットであることとその操縦者として自分が選ばれたことを聞き、大いに驚き戸惑うが謎の死を遂げた父の遺志を継ぐためにも鉄人28号で悪に立ち向かうことを決心したのだった。

 それから間もなく、特急列車の管制室が巨大ロボットに襲われたという事件の第一報が、正太郎にもたらされた。正太郎は、心に不安を残しながらも鉄人28号と共に事件解決へと向かう・・・。

続きを読む

2010年07月27日

WS『仙界伝 弐 〜TVアニメーション仙界伝封神演義より〜』

2000年12月21日発売/バンダイ/4,500円(別)/RPG/1〜2人用(2人用は通信ケーブルをつないでの通信共闘)
1165.jpg1165-ura.jpg

<ゲーム内容>
 TVアニメ「仙界伝封神演義」から数年後の世界が舞台。黄天祥(こうてんしょう)が主人公の最大3人パーティーのロールプレイングゲーム。キャラクター毎の属性や射程によって、ダメージや命中率が変化する。セーブは1箇所のみ。モノクロとカラーの両対応。

<操作方法>
 Xボタン1〜4・・・キャラクター、カーソルの移動
 Yボタン1・・・音量調節の呼び出し
 Yボタン2・・・3人目の仲間のアクティブコマンド使用
 Yボタン3・・・2人目の仲間のアクティブコマンド使用
 Yボタン4・・・主人公のアクティブコマンド使用
 STARTボタン・・・ゲームスタート、移動中にメニュー画面を開く
 Aボタン・・・項目の決定。メッセージの送り。移動中に話す、調べる。
 Bボタン・・・項目のキャンセル。メッセージの早送り。前のウインドウに戻る。

<プロローグ>
◆封神計画の始まり◆
紀元前11世紀の古代中国
殷と呼ばれる強大な王朝がありました・・・
殷の最後の皇帝・紂王は
妲己と呼ばれる仙女に魅入られ
悪政を行いましたが
それもやがて終わりの時が来ました・・・

◆殷周革命の勃発◆
殷周革命が起こり
殷の諸侯の1人であった
西岐の武王によって
周という新たな国が興されたのです

◆歴史の道標との戦い◆
その革命の裏では
封神計画と呼ばれる
仙道たちの争いが起こり、
妲己を使い、世界を操っていた
「歴史の道標」と呼ばれた異星人を
多くの犠牲を払いながら
消滅させました・・・
人々は、この時から
自分たちの意思で
歴史を歩み始めたのです・・・

これはその後の物語・・・

続きを読む