2007年04月11日

PS2『プロ野球 熱スタ2007』

2007年4月5日発売/バンダイナムコブース/7,140円(込)/SPT(野球)/1〜2人用/53KB以上
0570.jpg0570-ura.jpg

<ゲーム内容>
 リアル系プロ野球ゲーム『プロ野球 熱スタ』シリーズ最新作。2007年開幕予想データ、528人の選手が実名で登場。また、40人以上のOB選手も登場。解説は栗山英樹、大塚光二を起用。実況は節丸裕一。ファミスタもプレイでき、ゲームモードは10種類用意されている。

<操作方法>
【打撃】
 打撃カーソルの移動・・・方向キー/左スティック
 コンパクトスイング・・・×ボタン
 パワースイング・・・○ボタン
 1塁側にバント・・・(右打席の場合)△ボタンを軽く押す、(左打席の場合)△ボタンを強く押す
 3塁側にバント・・・(右打席の場合)△ボタンを強く押す、(左打席の場合)△ボタンを軽く押す

【走塁】
 進塁/盗塁・・・進塁/盗塁先に[方向キー/左スティック]+□ボタン
 走者全員の進塁/盗塁・・・L1ボタン
 大きくリードする・・・進塁先に[方向キー/左スティック]+L2ボタン
 全員大きくリードする・・・L2ボタン
 走者全員の塁間停止・・・L1ボタン+R1ボタン
 帰塁・・・帰塁先に[方向キー/左スティック]+×ボタン
 走者全員の帰塁・・・R1ボタン
 普通のリードにもどす・・・帰塁先に[方向キー/左スティック]+R2ボタン
 全員普通のリードにもどす・・・R2ボタン

【投球】
 球種選択・・・方向キー/左スティック
 投球コース選択・・・左スティック
 球種/球威/制球決定・・・×ボタン
 牽制球・・・牽制先に[方向キー/左スティック]+□ボタン、(プレートをはずしている場合)牽制先に[方向キー/左スティック]+×ボタン
 プレートをはずす・・・□ボタン
 走者を見る・・・(3塁側走者を見る場合)L2ボタン、(1塁側走者を見る場合)R2ボタン
 視点の切り替え・・・R3ボタン

【守備】
 野手の移動(捕球)・・・方向キー/左スティック
 ダイビングキャッチ・・・飛ぶ方向に[方向キー/左スティック]+×ボタン
 ジャンピングキャッチ・・・×ボタン
 ダッシュキャッチ・・・捕球方向に[方向キー/左スティック]+□ボタン
 スローイング・・・[方向キー/左スティック]で塁を指定して×ボタン
 中継・・・[L1ボタン/R1ボタン]+×ボタン
 ベースタッチ・・・[方向キー/左スティック]で塁を指定して□ボタン
 外野守備シフト変更・・・L1ボタン
 内野守備シフト変更・・・R1ボタン

【そのほかの操作】
 ポーズメニューの表示・・・STARTボタン
 投球メーターの表示切り替え・・・SELECTボタン
 オート守備の設定切り替え・・・(守備が「オート」か「セミオート」の場合)△ボタン
 観戦中に選手を操作する・・・(ペナントとドリームリーグ2007の観戦中)L3ボタン
 守備視点の切り替え・・・L3ボタン
 中継視点の切り替え・・・R3ボタン

2007年01月22日

PS2『鬼武者3』

2004年2月26日発売/カプコン/6,980円(別)/A・ADV/1人用/379KB以上
0538.jpg0538-ura.jpg

<ゲーム内容>
 「金城武」、「ジャン・レノ」をモデルにした主人公が活躍する鬼武者シリーズの第3弾。フルポリゴンで構築された世界で、1582年の日本と2004年のパリを舞台に繰り広げられる時空を超えた戦国絵巻。

<操作方法>
【戦闘時の操作】
 方向キー・・・キャラクターの移動
 左スティック・・・キャラクターの移動
 右スティック・・・構え方向の変更(R1ボタンを押している時)
 SELECTボタン・・・画面の一時停止
 STARTボタン・・・管理画面の表示
 〇ボタン・・・調べる、決定
 ×ボタン・・・魂の吸収、取り消し
 △ボタン・・・「戦術殻」の使用
 □ボタン・・・攻撃/攻撃後、ボタンを押し続けていると力を溜める
 L1ボタン・・・防御
 L2ボタン・・・現在位置表示(ボタンを長く押すことで表示される)
 R1ボタン・・・構え/強く押し続けることで力を溜める
 R2ボタン・・・180度反転
 R3ボタン・・・鬼武者変身(紫魂を5個吸収している時)
 R1+〇ボタン・・・弓攻撃(左馬介)、鬼蛍跳躍(ジャック)

【メッセージ、管理画面の操作】
 方向キー・・・項目の選択
 左スティック・・・項目の選択
 〇ボタン・・・決定
 ×ボタン・・・取り消し

<序章>
時は1582年。
燃えさかる本能寺にて、あの男が戦っていた。
―――還ってきた鬼武者、明智左馬介。
敵は幻魔、そして予言どおり
幻魔王として甦った織田信長である。
左馬介はついに、信長との最終決戦を
迎えようとしていた。

時は2004年。
穏やかなパリの街が、
突如として幻魔の襲撃を受ける。
街は地獄と化し、為す術も無く次々と
幻魔の手にかかる人々。
しかし、地獄の中で幻魔と戦う男がいた。
―――その名はジャック・ブラン。

二人の男達には、どのような運命が
待ち受けているのだろうか。
それぞれの物語は、果たして、
どのような結末を迎えるのだろうか。

永く続いた鬼と幻魔の戦いは、
ついに最終章を迎える。

2007年01月16日

PS2『真・三國無双2 猛将伝』

2002年8月29日発売/コーエー/3,980円(別)/ACT/1〜2人用/262KB以上
0534.jpg0534-ura.jpg

<ゲーム内容>
 三国志に登場する武将を選び、リアルタイムに戦場を駆け抜けて敵をなぎ倒していくタクティカルアクションゲーム。今作では、7人(呂布、貂蝉、孟獲、祝融、張角、董卓、袁紹)の猛将たちの無双モードを収録。エンディングテーマ曲は、一青窈の生路(CIRCUIT)。2004年8月5日にはコーエー・ザ・ベスト2,499円(込)が、2005年8月25日にはコーエー定番シリーズ1,554円(込)がそれぞれ発売されている。

<操作方法>
 左スティック/方向キー・・・項目の選択・変更、移動
 STARTボタン・・・ポーズ・情報画面表示、ムービースキップ
 STARTボタン+SELECTボタン・・・各モードからメニュー画面に戻れます。
 〇ボタン・・・項目の決定、無双乱舞攻撃
 ×ボタン・・・戻る、キャンセル、ジャンプ、(馬の横で)乗馬、(馬の上で)下馬
 △ボタン・・・チャージ攻撃
 □ボタン・・・通常攻撃
 L1ボタン・・・ガード、シフト移動
 L2ボタン・・・名前・体力表示
 R1ボタン・・・弓構え
 R2ボタン・・・マップ切り替え

2006年12月26日

PS2『SIMPLE2000シリーズ Vol.60 THE 特撮変身ヒーロー』

2004年9月2日発売/D3パブリッシャー/2,100円(込)/ACT/1人用/41KB以上
0520.jpg0520-ura.jpg

<ゲーム内容>
 全12話仕立ての番組風アクションゲーム。番組名からヒーロー(ヒロイン)の名前、デザインパーツ、アクセサリー、武器、技、変身ポーズ、キメポーズなどのカスタマイズが可能。テーマソングは、北本幸寛の「気がついたらヒーロー」、「やすらかな明日のために」。

<操作方法>
【メニュー】
 方向キー/左スティック・・・項目の選択
 STARTボタン・・・ゲームスタート
 〇ボタン・・・決定
 ×ボタン・・・キャンセル

【ゲーム中】
 左スティック・・プレイヤーの移動
 方向キー・・・ヒーローカスタマイズ時、項目選択/左スティックと□ボタンの同時押しの決めポーズを方向キーのみで代用することができます。
 STARTボタン・・・一時停止
 〇ボタン・・・パンチ/武器を使用
 ×ボタン・・・キック
 △ボタン・・・投げ技
 □ボタン・・・変身前:ヒーローに変身 変身後:決めポーズ
 L1ボタン・・・変身後:武器1を装備、武器をはずす ヒーローカスタマイズ時:キャラクターの回転
 L2ボタン・・・プレイヤー進行方向の視点変更
 R1ボタン・・・変身後:武器2を装備、武器をはずす ヒーローカスタマイズ時:キャラクターの回転
 R2ボタン・・・プレイヤー進行方向の視点変更

<ストーリー>
 世界征服をたくらむ悪の秘密結社「メメデス団」。「デスムキン大帝」率いる「メメデス団」は、その科学力により次々と改造人間を生み出し、世の中を恐怖と混乱へ陥れようとしていた。「メメデス団」怪人の手に掛かり、不遇の死を遂げる主人公。しかし、謎の科学者「道玄坂博士」の手により正義の改造人間として生まれ変わり、「メメデス団」への復讐を誓う。元の身体を取り戻すため、何より「メメデス団」の野望を打ち砕くため、正義の味方は日夜戦いつづける。

2006年12月21日

PS2『ロックマンX7』

2003年7月17日発売/カプコン/5,800円(別)/ACT/1人用/40KB以上
0517.jpg0517-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『ロックマンX』シリーズの7作目。Xシリーズ3人目のヒーロー”アクセル”が登場。ステージ選択後に3人の主人公(エックス、ゼロ、アクセル。ただし、エックスは条件付で使用可。)から好きな2人を選び、使い分けながら戦う「ダブルヒーローシステム」を導入。従来の2Dに3Dも加えたステージ構成になっている。オープニングテーマ曲は、愛内里菜「CODE CRUSH」。エンディングテーマ曲は、森久保祥太郎「LAZY MIND」。

<操作方法>
 左スティック/方向キー・・・キャラクターの移動/項目の選択
 右スティック・・・特殊武器の切り替え
 SELECTボタン・・・武器選択画面で「クイットゲーム」画面呼び出し
 STARTボタン・・・サブ画面呼び出し/ゲームの開始
 〇ボタン・・・ダッシュ/選択の決定
 ×ボタン・・・ジャンプ/選択のキャンセル
 △ボタン・・・特殊武器(エックス:特殊武器、ゼロ:必殺技、アクセル:コピーショット)
 □ボタン・・・ノーマル武器(エックス:エックスバスター、ゼロ:ゼットセイバー、アクセル:アクセルバレット)
 L1ボタン・・・3Dプレイ時のカメラ操作
 L2ボタン・・・プレイヤーチェンジ、ライドアーマーからの離脱
 R1ボタン・・・3Dプレイ時のカメラ操作
 R2ボタン・・・ロックオンターゲットのチェンジ

<プロローグ>
―――――――21XX年
人類が安全な地下都市で暮らす間、荒廃した地上を復興する「レプリロイド」たちの作業が順調に進んでいた。
しかし一方、「イレギュラー」と呼ばれる犯罪レプリロイドも激増しつつあった。

高性能レプリロイド・エックスは、イレギュラーを取り締まる公式組織「イレギュラーハンター」の精鋭部隊隊長として活躍してきたが、力で相手を押さえつけることに疑問を感じ、平和的解決の道を求めて第一線を退いてしまう。彼が抜けて弱体化したイレギュラーハンターに代わり、非合法にイレギュラーを倒す自警集団「レッドアラート」が活動を始めた。

ある日、事件現場に急行したイレギュラーハンター・ゼロは、大型メカニロイドに追われている少年レプリロイド、アクセルと出会う。彼は、イレギュラーハンターになるためにレッドアラートを脱走してきたと言うが、多くを語ろうとはしなかった。

そこへ、レッドアラートのリーダー、レッドが現れ、アクセルを引き渡すよう要求する。しかし、本人の意志を無視して自由を奪うことは、ゼロには絶対に許せない。

こうして、一人のレプリロイドを巡り、「正義」の意味を巡って、イレギュラーハンター対レッドアラートの戦いが始まった!

2006年12月16日

PS2『SIMPLE2000シリーズ Vol.47 THE 合戦 関ヶ原』

2004年4月8日発売/D3パブリッシャー/2,100円(込)/ACT/1人用/104KB
0514.jpg0514-ura.jpg

<ゲーム内容>
 関ヶ原合戦が舞台の剣戟アクションゲーム。「宮本武蔵」か「佐々木小次郎」のどちらかをプレイヤーキャラクターとして選び、徳川家康を倒し、西軍の勝利=歴史を変えるのが目的。全7章。敵をロックオンする雷光連撃(時間の停止した空間で、周囲の敵を次々に撫で斬りにしていく必殺技)によって、複数の敵を一度に倒す事が可能。また、宝玉のアイテム(宝玉技)は敵味方問わず倒す事が可能。

<操作方法>
【メニュー画面操作】
 方向キー、左スティック・・・項目選択
 〇ボタン・・・決定
 ×ボタン・・・キャンセル

【ゲーム画面操作】
 方向キー、左スティック・・・キャラクターの移動
 右スティック・・・視点切り替え時の視界操作
 SELECTボタン・・・ミニマップの表示切り替え
 STARTボタン・・・全体地図画面の表示
 〇ボタン・・・攻撃(剣攻撃) ※押し続けると雷光連撃
 ×ボタン・・・ジャンプ
 △ボタン・・・宝玉アイテムの使用
 □ボタン・・・ガード
 L1ボタン・・・視点方向の固定
 L2ボタン・・・視点切り替え
 R1ボタン・・・注視対象の切り替え
 R2ボタン・・・注視
 R3ボタン・・・敵体カバーの表示

2006年12月13日

PS2『デビル メイ クライ 2』

2003年1月30日発売/カプコン/7,800円(別)/ACT/1人用/368KB以上
0513.jpg0513-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『デビル メイ クライ』シリーズの第2弾。パワータイプのダンテとスピードタイプのルシアが主人公のスタイリッシュハイアクションゲーム。「ダンテディスク」、「ルシアディスク」の2枚組で、どちらからでも始められる。

<操作方法>
 方向キー/左スティック・・・キャラクターの移動、項目の選択
 SELECTボタン・・・ステータス画面
 STARTボタン・・・サブ画面
 〇ボタン・・・回避、調べる、選択の決定
 ×ボタン・・・ジャンプ、選択のキャンセル
 △ボタン・・・近距離攻撃(剣・体術)
 □ボタン・・・遠距離攻撃(銃・ナイフ)
 L1ボタン・・・デビルトリガー
 L2ボタン・・・遠距離攻撃(銃・ナイフ)切り替え
 L3ボタン・・・ターゲット切り替え
 R1ボタン・・・ターゲットロック ※押している間 同じターゲットをロックし続ける
 R2ボタン・・・ターゲットロックオフ ※押している間はプレイヤーの向いている方向に攻撃します。

2006年12月12日

PS2『SWITCH』

2002年8月29日発売/セガ/5,800円(別)/ADV/1人用/271KB以上
0512.jpg0512-ura.jpg

【シール↓も同梱されていました】
0512-seal.jpg

<ゲーム内容>
 メガCDで発売されたタイトルのリメイク。少年スラップ君とイヌのスティックが主人公。画面に出るスイッチを選んで押し、その結果起こる様々なギャグを楽しむ事ができる作品。間違ったスイッチを押すと世界のどこかにあるモニュメントに大変な事が起こり、正解のスイッチだと違う世界にワープする。最終的には、誤作動したマザーコンピュータのスイッチを押す(破壊する)のが目的。同日にドリームキャストダイレクト専売の限定オマケ付(6,800円(別))も発売。

<操作方法>
 方向キー・・・メニュー選択、カーソルの移動
 左スティック・・・カーソルの移動、決定、スイッチを押す
 STARTボタン・・・ゲームスタート、マップ画面表示
 〇ボタン・・・決定、スイッチを押す
 ×ボタン・・・キャンセル
※L1ボタン+R1ボタン+SELECTボタン+STARTボタン同時押しで、ソフトウェアリセットをしてタイトル画面に戻ります。

2006年12月11日

PS2『機動戦士ガンダムSEED』

2003年7月31日発売/バンダイ/6,800円(別)/A・STG/1〜2人用/192KB以上
0511.jpg0511-ura.jpg

<ゲーム内容>
 同名アニメをモチーフにしたアクション・シューティングゲーム。プレイヤーキャラクター、キラ・ヤマトの視点で原作ストーリーを追体験できる。2Dの近距離攻撃と3Dの遠距離攻撃を交互に使い分けながら進む。種が割れると攻撃力が大幅にアップし、雑魚敵を一撃で倒せたりダメージを受けなくなったりする。

<操作方法>
【選択・決定】
 左スティック・・・カーソルの移動、項目の選択
 STARTボタン・・・決定
 〇ボタン・・・決定
 ×ボタン・・・キャンセル
 □ボタン・・・決定

【バトル】
 左スティック左右・・・歩く、走る(大きく倒す)
 左スティック上・・・ジャンプ
 左スティック下・・・しゃがむ
 STARTボタン・・・ポーズメニューの表示、ムービーのスキップ
 〇ボタン・・・ガード
 ×ボタン・・・スラスター、ホバリング(押しっぱなし)
 △ボタン・・・近距離攻撃、ガード(押しっぱなし)
 □ボタン・・・遠距離攻撃
 L1ボタン/R1ボタン・・・ターゲットの切り替え

【特殊操作】
 スキルアタック・・・左スティックと△ボタンの組み合わせ
 空中下方攻撃・・・左スティック下+△ボタン
 緊急回避・・・〇ボタン、△ボタンまたは□ボタン2つ同時押し
 ホバリング・・・×ボタン押しっぱなし+左スティック

<STORY>
遺伝子操作によって生み出された人類”コーディネイター”。
彼らは宇宙開発施設プラントにおいてザフトを結成し、
地球からの経済的自立を求めていた。

コズミック・イラ70 ザフトと地球連合の軋轢は「血のヴァレンタイン」事件を契機に、
ついに本格的武力衝突へと発展する。
しかし戦況は、モビルスーツを擁するザフト軍の優勢で進んでいった。
そして・・・。

L3に浮かぶ中立国オーブの資源衛星ヘリオポリス。
キラ・ヤマトは、ザフト軍のガンダム奪取作戦に遭遇する。
各所で起こる爆発、プラントへ侵入するMSジン、混乱のヘリオポリス。
奇襲は成功し、秘密裏に建造されていた連合軍初のMSガンダムは、
5機のうちその3機までをザフト軍に奪われてしまう。

避難場所を探していたキラは、隣接する工場で、残る2機のガンダムを目撃。
そしてそこで、かつての親友アスラン・ザラに遭遇する。
彼は、ザフト軍の軍人として、この奇襲作戦に参加していたのだ。
運命的な再会に、戸惑う二人の少年。

戸惑いと混乱の中、地球軍の士官マリュー・ラミアスと共にストライクのコクピットになだれ込むキラ。
紅蓮の炎の中、いま、ガンダムが立ち上がる。

2006年12月03日

PS2『アルゴスの戦士』

2002年12月5日発売/テクモ/6,800円(別)/A・ADV/1人用/150KB以上
0507.jpg0507-ura.jpg

<ゲーム内容>
 古代ギリシャ・ローマ調の神々の時代を舞台としたスペクタクル・アクションアドベンチャー。MK3やFCで発売された同シリーズのリニューアル版だが、敵を倒して進んでいった作品と違い、謎解き要素が増えた。イギリス出身のソプラノシンガーIZZYの「Wish」をテーマ曲に起用。

<操作方法>
 方向キー・・・(メニュー時)カーソル移動
 左スティック・・・キャラクター移動
 右スティック・・・(押し込む)簡易マップ表示ON/OFF
 SELECTボタン・・・ポーズ
 STARTボタン・・・メニュー画面
 〇ボタン・・・ディスカーマー攻撃、(メニュー時)決定
 ×ボタン・・・ジャンプ、(メニュー時)キャンセル
 △ボタン・・・ヴァリアントブロウ
 □ボタン・・・ディスカーマー攻撃、(メニュー時)決定
 L1ボタン・・・ガード
 L2ボタン・・・ディスカーマー切替(降順)、メニュー画面切替
 R1ボタン・・・ガード
 R2ボタン・・・ディスカーマー切替(昇順)、メニュー画面切替

【基本操作/移動】
 歩く・走る・・・左スティック
 スライディング・・・R1ボタン+×ボタン
 ストンピング・・・ジャンプ中+R1ボタン
 タックル・・・R1ボタン+□ボタンもしくは〇ボタン
 リフト・・・□ボタンもしくは〇ボタン押しっぱなし
 フック・・・□ボタンもしくは〇ボタン押しっぱなし+左スティック
 ぶら下がり・・・ぶら下がり後 左スティックもしくは×ボタン

【基本操作/戦闘】
 スナップ攻撃・・・□ボタン押しっぱなしもしくは〇ボタン押しっぱなし+左スティック
 通常連続攻撃・・・□ボタン→□ボタン→□ボタン→□ボタンもしくは〇ボタン→〇ボタン→〇ボタン→〇ボタン
 空中での連続攻撃・・・□ボタン→△ボタン→△ボタン→△ボタンもしくは〇ボタン→△ボタン→△ボタン→△ボタン
 遠距離攻撃・・・□ボタン→□ボタン→△ボタンもしくは〇ボタン→〇ボタン→△ボタン
 特殊攻撃・・・□ボタン→□ボタン→□ボタン→△ボタンもしくは〇ボタン→〇ボタン→〇ボタン→△ボタン

【基本操作/使い魔】
 使い魔発動(レベル1)・・・R1ボタン+△ボタン
 使い魔発動(レベル2)・・・R1ボタン+△ボタン→△ボタン
 使い魔発動(レベル3)・・・R1ボタン+△ボタン→△ボタン→△ボタン

<Story>
時はローマ帝国がエジプト王朝を滅ぼしてから、しばらくの後。
舞台はローマ帝国の属領の一つ、地中海に浮かぶ「アルゴス王国」。

先の海戦で武勲を上げた戦士・「ゼーン」は、凱旋式にてアルゴス王の娘
「ハルモニア姫」からその栄誉を讃えられていた
しかしその時、異形の怪物達が式を襲撃。
怪物達は兵士を次々と殺め、ゼーンを地割れの底へ突き落すと、
悠然と姫を連れ去っていくのだった。

だがゼーンは、地の底に落ちるも謎の声に導かれるようにして一命を取りとめ、
そこで神々が創りだした戦盾「ディスカーマー」を手にする事となる。
こうしてゼーンは「ディスカーマー」を手に怪物達・・・
闇の眷属「ティターン」と戦う事を決意し立ち上がる・・・。