2008年05月13日

PS2『真・三國無双2』

2001年9月20日発売/コーエー/6,800円(別)/ACT/1〜2人用/200KB以上
0797.jpg0797-ura.jpg

<ゲーム内容>
 三国志に登場する武将を選び、リアルタイムに戦場を駆け抜けて敵をなぎ倒していくタクティカルアクションゲーム。2人対戦、2人協力プレイができるようになり、登場キャラ・ステージ数も増加した。エンディングテーマ曲は、一青窈の生路(CIRCUIT)。2003年2月6日にはMEGA HITS 3,980円(別)が、2005年8月25日にはコーエー定番シリーズ2,079円(込)といった廉価版が発売された。

<操作方法>
 左スティック/方向キー・・・項目の選択/変更、移動
 STARTボタン・・・ポーズ/情報画面表示、ムービースキップ
 STARTボタン+SELECTボタン・・・各モードからメニュー画面に戻れます。
 〇ボタン・・・項目の決定、無双乱舞攻撃
 ×ボタン・・・戻る/キャンセル、ジャンプ、(馬の横で)乗馬、(馬の上で)下馬
 △ボタン・・・チャージ攻撃
 □ボタン・・・通常攻撃
 L1ボタン・・・ガード/シフト移動
 L2ボタン・・・名前/体力表示
 R1ボタン・・・弓構え
 R2ボタン・・・マップ切り替え

2008年05月01日

PS2『アイラブベースボール プロ野球をこよなく愛する人達へ』

2004年7月29日発売/サミー/7,140円(込)/SPT(野球)/1〜2人用/112KB以上
0790.jpg0790-ura.jpg

<ゲーム内容>
 2004年度ペナントレース開始時の選手データを採用し、選手の特徴や表情をアニメ調トゥーンシェードで再現したコミカルな野球ゲーム。投球システム(かってに投法、ずりずり投法、めずらし投法、ぐるぐる投法)や打法システム(かってに打法、ずりずり打法、めずらし打法、ぱっちんこ打法)は選択できるので、好みのスタイルで戦える。ペナント、対戦、トーナメント、カスタム球団、練習、クイズ、カード、オプションとゲームモードも豊富。実況は、ニッポン放送ショウアップナイターの胡口和雄アナウンサー。全12球団のオープニングムービーも搭載。

<操作方法>
【試合中の操作】
 方向キー・・・項目の選択/カーソル移動/選手操作
 左スティック・・・項目の選択/カーソルの移動/選手操作
 右スティック・・・ぱっちんこ打法に使用
 SELECTボタン・・・使用しません
 STARTボタン・・・タイム
 ○ボタン・・・バント/一塁へ牽制球、送球
 ×ボタン・・・投球/決定/スイング/ホームへ送球
 △ボタン・・・二塁へ牽制球、送球
 □ボタン・・・三塁へ牽制球、送球
 L1ボタン・・・めずらし投法でボールを外す
 L2ボタン・・・使用しません
 R1ボタン・・・内野守備変更/走塁
 R2ボタン・・・外野守備変更/帰塁

【メニュー選択時の操作】
 方向キー・・・項目の選択
 左スティック・・・項目の選択
 右スティック・・・使用しません
 SELECTボタン・・・使用しません
 STARTボタン・・・決定(ショートカット)
 ○ボタン・・・決定
 ×ボタン・・・決定
 △ボタン・・・おまかせ機能
 □ボタン・・・キャンセル
 L1ボタン・・・選手情報の切り替え/投打システムのおすすめ
 L2ボタン・・・選手情報の切り替え
 R1ボタン・・・選手情報の切り替え
 R2ボタン・・・選手情報の切り替え

2008年03月27日

PS2『SEGA AGES 2500シリーズ Vol.32 ファンタシースター コンプリートコレクション』

2008年3月27日発売/セガ/2,625円(込)/RPG/1人用/117KB以上
0761.jpg0761-ura.jpg

<ゲーム内容>
 セガ・マークIIIやメガドライブで発売された『ファンタシースター』4作品を収録。プレイヤーキャラクターの移動スピードアップやイージーモード(敵とのエンカウント率を下げ、獲得できる経験値やメセタ《お金》を増やす)などの機能も搭載。さらに日本版の他に海外版や幻の作品『ファンタシースターII テキストアドベンチャー』も収録。

<操作方法>
【メインメニュー、システムメニュー画面での操作】
 方向キー・・・メニュー項目選択
 SELECTボタン・・・ゲーム中、システムメニュー画面を表示
 STARTボタン・・・ゲームスタート
 ○・□ボタン・・・決定
 ×・△ボタン・・・キャンセル

【ファンタシースターの操作】
 方向キー・・・移動/コマンド選択
 ○ボタン・・・コマンド画面の表示/決定/メッセージ送り
 ×ボタン・・・キャンセル
 □ボタン・・・コマンド画面の表示/決定/メッセージ送り

【ファンタシースターII 還らざる時の終わりにの操作】
 方向キー・・・移動/コマンド選択
 STARTボタン・・・ゲームスタート/ゲームのポーズ
 ○ボタン・・・コマンド表示/決定/メッセージ送り
 ×ボタン・・・キャンセル
 □ボタン・・・決定/話す/調べる/メッセージ送り

【時の継承者 ファンタシースターIIIの操作】
 方向キー・・・移動/コマンド選択
 STARTボタン・・・ゲームスタート/ゲームのポーズ
 ○ボタン・・・コマンド表示/決定/メッセージ送り
 ×ボタン・・・キャンセル
 □ボタン・・・決定/話す/調べる/メッセージ送り

【ファンタシースター 千年紀の終りにの操作】
 方向キー・・・移動/コマンド選択
 STARTボタン・・・ゲームスタート/システムモードのウィンドウを表示
 ○ボタン・・・決定/話す/調べる/メッセージ送り
 ×ボタン・・・キャンセル/(移動中、押し続けると)障害物の自動避けをストップ
 □ボタン・・・コマンド表示/決定/メッセージ送り

【ファンタシースターII テキストアドベンチャーの操作】
 方向キー・・・コマンド選択
 STARTボタン・・・ゲームスタート
 ○ボタン・・・決定/メッセージ送り
 ×ボタン・・・キャンセル
 □ボタン・・・決定/メッセージ送り

<ファンタシースター ストーリー>
AW342年、アルゴル太陽系第一惑星パルマは、国王ラシークのもとに繁栄を極めていた。アルゴル太陽系の他の惑星を植民地として開拓し、ファームプラントや資源採掘のための計画も順調に進んでいた。
ところが、不穏な噂が流れ始める。ラシークをはじめとする支配階級の貴族たちが邪教にとりつかれ、永遠の命と引き替えにアルゴル太陽系を売り渡してしまったというのだ。噂を裏付けるように、惑星のいたるところに異形のモンスターたちがあらわれるようになり、人々の暮らしを脅かし始めた・・・・・・。

パルマの中心都市・カミニート居住区。幼い頃に両親を亡くした少女・アリサは、兄のネロとともに肩を寄せ合って生きてきた。まだ15歳のアリサを養うため、ネロはスペースポートで荷揚げ作業員として働いている。
ある日、そんな二人を、悲劇が襲った。ネロがロボットポリスに暴行され、瀕死の重傷を負わされたのだ。ボロ布のように放り出されたネロは、泣きつくアリサにこう告げる。自分はラシークが何を企んでいるかを探っていた。ラシークは巨大な災いを招いてしまったのだ・・・・・・自分一人の力ではどうすることもできなかったが、志を同じくする者たちと手を組めば、ラシークの陰謀を暴き、この星を救うことができるかもしれない・・・・・・。
アリサを一人おいて逝くことを最期まで悔いながら、ネロは永遠の眠りについた。

アリサはネロの形見のショートソードを手に、立ち上がった。
最愛の兄の遺志を継ぎ、この惑星を救う・・・・・・まだ若い少女の、長い戦いの旅が始まったのだ。


<ファンタシースターII 還らざる時の終わりに ストーリー>
アルゴル太陽系第二惑星モタビアは、かつては砂漠ばかりの不毛の星であった。しかし、マザーブレインと呼ばれる巨大コンピューターの管理によって、現在では緑豊かな惑星に変貌を遂げている。マザーブレインはモタビアの気象や食料生産について緻密に管理、統制し、人々は物質的に何不自由なく暮らしていた。

ところが、数年前に起こった原因不明の事故で、食料生産を行っていたバイオシステムが暴走し、悪性生物(バイオモンスター)を発生させてしまった。農作物が食い荒らされたり、人間が襲われるなどの被害が多発するが、根本的な解決策が見つからないまま、いたずらに時は流れていく。バイオシステムの事故の原因は何か、どうすればバイオモンスターを根絶することができるのか・・・・・・長年の平和に慣れ、戦うすべを忘れた人々は、絶望にうちひしがれるばかりだった。

時は、AW1283年。モタビア州政府のエージェント・ユーシスは、このごろ毎晩のように悪夢にうなされてた。一人の少女が、悪魔のように禍々しい怪物と戦う夢だ。この夢は、1000年も前にアルゴル太陽系を救ったという、あの伝説の少女と関係があるのだろうか?
そんな思いを振り払い、ユーシスは今日もモタビアの総督府へ向かう。そこで彼は、モタビアの未来を左右するような特命を受ける。閉鎖されたバイオシステムへ向かい、あの事故の原因を探れというのだ・・・・・・。

このミッションが、やがてモタビアの、アルゴル太陽系の運命を揺るがす旅になることを、彼はまだ知らなかった・・・・・・。


<時の継承者 ファンタシースターIII ストーリー>
荒れ果てた大地と、その上でやっと息をしているかのような未発達の文明。この世界に、かつて惑星の軌道を変えるほどの超科学文明が栄えていたと誰が想像できるだろうか・・・・・・。
なぜこれほどまでの衰退が訪れたのか?その理由を知る者は誰もいない。ただ、伝説の中に、その理由の断片を残すのみだった。

それは1000年前にさかのぼる。当時、人々は科学文明の発展の中で幸せに暮らしていた。だが、ライアと名乗る少女が、モンスターを造り出す不思議な力を使い、世界を征服しようとした。彼女とその片腕・エシル家の公子によって、瞬く間に世界は荒廃する。
絶望に沈む人々の中で、ただ一人立ち上がった者がいた。その名はオラキオ=サ=リーク。彼は科学文明の粋を結集したロボット軍団を率い、ライア軍に立ち向かった。戦いは熾烈を極め、ライアとオラキオは相打ちとなり、エシルの公子は宇宙の彼方へ追放された。
リーダーを失ったそれぞれの勢力は互いに自然消滅し、激しい戦火によって文明を支えた科学とその記録は失われる。その後、オラキオと共に戦った者の子孫は「オラキオの民」と呼ばれ、ライアと共に戦った者の子孫は「ライアの民」と呼ばれるようになった・・・・・・。

伝説の勇者オラキオの血を引くリーク家の王子・ケインは、ある日浜辺を散歩していた。そこで彼は、一人の美しい少女が浜辺に打ち上げられているのを発見する。手厚い看病のかいあって、少女は意識を回復したが、マーリナという名前の他には何一つ憶えていなかった。ケインは彼女を自らの客人として遇し、王城の一室を貸し与えた。
やがて二人の心は通じ、ついに結婚を誓い合う仲になる。ケインの両親である国王と王妃は反対したが、ケインの固い決意の前に、とうとう結婚を認めることとなった。
その頃、リーク国の領内で、モンスターが出没するようになった。まるでそれは、モンスターを造り出すライアの伝説を思い起こさせるような出来事だった。
そんな不安に苛まれるオラキオの民にとって、ケインとマーリナの結婚は明るい話題だった。人々の祝福の中、ついに結婚式の日が訪れる・・・・・・。


<ファンタシースター 千年紀の終りに ストーリー>
アルゴル太陽系――その星々には、かつて華やかな文明が栄え、人々は繁栄と享楽を謳歌していた。

だが、惑星の天候や食料生産を司る管理システム「マザーブレイン」の破壊、そして第一惑星パルマの爆発・消滅という大災害を前に、その文明はもろくも崩れ去った。第二惑星モタビアは科学文明とともに総人口の90%を失い、人々の生活は困窮を極める。

それから1000年の年月が流れた。悠久の時の流れは、人々に生きる活力を蘇らせ、文明の復興へと希望の灯をともした。しかし荒廃した惑星の過酷な環境は、なかなか繁栄の芽を根付かせてはくれなかった・・・・・・。

AW2284、モタビア。
現在にいたるも危険なモンスターがそこかしこに発生し、それを狩ることを生業とする「ハンター」と呼ばれる者たちの存在もすでに日常の光景となっていた。
ある日、名ハンターの誉れ高いライラとその弟子にして新米ハンターのルディに、モタビア・アカデミーから仕事の依頼が舞い込む。
さっそく、アカデミーへと向かった二人だが・・・・・・。

2008年02月19日

PS2『サムライスピリッツ 天下一剣客伝』

2006年1月26日発売/SNKプレイモア/7,140円(込)/B・ACT/1〜2人用/100KB以上
0735.jpg0735-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『サムライスピリッツ』シリーズのキャラクターが総出演。アーケード版にない隠しキャラクターを含めると全52キャラクターが使用可能。「怒」・「真」・「斬」・「天」・「零」・「剣」といった6つの剣質(スピリッツ)が選択可能(特定条件で「魔」・「獣」・「祭」も追加される)で、それぞれ特定の攻撃や動作があり、選んだスピリッツによってキャラクターの特性が変化する。マルチマッチングBB対応。2007年1月25日には、SNK Best Collectionという廉価版(2,940円(込))も発売された。

<操作方法>
 方向キー・・・メニューや項目などの選択/キャラクターの動作
 SELECTボタン・・・ポーズメニューの表示
 STARTボタン・・・ゲームスタート、途中参加/決定/挑発
 ○ボタン・・・決定/強斬り
 ×ボタン・・・キャンセル/蹴り
 △ボタン・・・決定/中斬り
 □ボタン・・・キャンセル/弱斬り
 L1ボタン・・・上スクロール(通常)/弱斬り+中斬り
 L2ボタン・・・上スクロール(スキップ)/弱斬り+蹴り
 R1ボタン・・・下スクロール(通常)/特殊
 R2ボタン・・・下スクロール(スキップ)/中斬り+強斬り
※ゲーム中にSTARTボタン+SELECTボタン+L1ボタン+L2ボタン+R1ボタン+R2ボタン同時押しでリセットできます。

2008年02月11日

PS2『戦国無双 猛将伝』

2004年9月16日発売/コーエー/4,494円(込)/ACT/1〜2人用/310KB以上
0729.jpg0729-ura.jpg

<ゲーム内容>
 タクティカルアクションゲーム『無双』シリーズの一つ。「羽柴秀吉」、「今川義元」、「本多忠勝」、「稲姫」の4人が無双演武に初登場。前作『戦国無双』で登場した15キャラクターも模擬演舞でデータを引き継いで使用可能。新ステージや最強武器、各種システムなど新要素や調整によるやり込み要素も増えた。同時発売のトレジャーBOX(9,240円(込))や廉価版(2005年12月1日、2,604円(込))もあり。

<操作方法>
 方向キー・・・移動
 左スティック・・・移動
 STARTボタン・・・ポーズ、情報画面表示
 ○ボタン・・・無双奥義攻撃
 ×ボタン・・・ジャンプ、乗馬/下馬
 △ボタン・・・チャージ1(特殊技)、連続チャージ
 □ボタン・・・通常攻撃
 L1ボタン・・・ガード/シフト移動
 L2ボタン・・・マップ切り替え
 R1ボタン・・・間接攻撃 ※R1ボタン+左スティック/方向キーで照準を合わせ、攻撃ボタン(□ボタン/△ボタン)で矢(弾)を放つ。
 R2ボタン・・・緊急回避
 R3ボタン・・・カメラ切り替え

2007年11月23日

PS2『ワールドサッカー ウイニングイレブン2008』

2007年11月22日発売/コナミ/6,930円(込)/SPT(サッカー)/1〜2人用/1945KB以上
0672.jpg0672-ura.jpg

<ゲーム内容>
 ウイイレシリーズ最新作。PS2、PS3、Xbox360の3機種で同時発売された。マスターリーグをはじめシリーズ最多のゲームモードが用意されている。オンライン対戦の他、PSPとのデータリンクもあり。

【ゲームモード】
■マッチ・・・チームや難易度を自由に選んで、1試合のみの対戦やPK戦が行えます。
■マスターリーグ・・・クラブチームを運営して、リーグ制覇やチャンピオンシップ優勝をめざすモードです。選手を育成したり、移籍を行って思いどおりのチームを作りましょう。
■ワールドツアー・・・好きなチームを使い、世界各国のチームとミッション形式で対戦していきます。
■コミュニティー・・・「成績」や「ランキング」、「集計」などさまざまな情報を記録して、仲間内の対戦をさらに盛り上げるモードです。
■リーグ・・・参加リーグやプレイヤー数を自由に選び、シーズンを戦うモードです。
■カップ・・・コナミカップなど、規定の異なるさまざまなカップ戦を行えます。
■セレクションマッチ・・・国籍など指定した条件でメンバーを選抜し、試合を行うモードです。
■ネットワーク・・・ネットワーク対戦を行ったり、友だちとチャットや掲示板などを利用できます。
■トレーニング・・・基本操作を学んだり、試合形式の紅白戦などで練習できるモードです。
■エディット・・・エディット選手を作成したり、背番号や在籍選手のチームを変更するなど、いろいろなものを編集することができます。
■ギャラリー・・・プレイリストの編集やプロフィールの管理、WEショップの利用などができます。
■システム設定・・・WEデータを管理したり、キー設定やサウンド設定の変更などが行えます。

<操作方法>
【メニュー画面などの操作】
 方向キー・・・項目の選択
 左スティック・・・項目の選択
 SELECTボタン・・・ヘルプの表示(特定の画面のみ)
 STARTボタン・・・ポーズメニューの表示/非表示
 ○ボタン・・・決定
 ×ボタン・・・項目のキャンセル、前の画面にもどる

【攻撃時の操作】
 方向キー・・・選手の移動、ドリブル
 左スティック・・・選手の移動、ドリブル
 右スティック・・・特殊操作
 R3ボタン・・・マニュアルパス
 ○ボタン・・・ロングパス、センタリング
 ×ボタン・・・ショートパス
 △ボタン・・・スルーパス
 □ボタン・・・シュート
 L1ボタン・・・操作選手の切り替え
 R1ボタン・・・ダッシュ

【守備時の操作】
 方向キー・・・選手の移動
 左スティック・・・選手の移動
 ○ボタン・・・スライディング
 ×ボタン・・・操作している選手のプレス(押し続ける)
 △ボタン・・・キーパーの飛び出し(押し続ける)
 □ボタン・・・クリア、操作していない選手のプレス(押し続ける)
 L1ボタン・・・操作選手の切り替え
 R1ボタン・・・ダッシュ

2007年10月11日

PS2『アルカナハート』

2007年10月11日発売/AQインタラクティブ/6,090円(込)/B・ACT/1〜2人用/50KB以上
0652.jpg0652-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の2D対戦格闘ゲーム。ストーリーモード、アーケードモード、VSモード、トレーニングモード、ギャラリーモード、オプションといったゲームモードが用意されている。プレイヤーキャラクターは、『アルカナハート』と『アルカナハートFULL!』2つのキャラクター性能から選択可能。ストーリーモードがフルボイス対応になった。

[キャラクター紹介]
 愛乃 はぁと(あいの はぁと) CV:高橋美佳子
 廿楽 冴姫(つづら さき) CV:志村由美
 朱鷺宮 神依(ときのみや かむい) CV:平田宏美
 このは CV:吉田真弓
 リリカ・フェルフネロフ CV:仁後真耶子
 安栖 頼子(やすずみ よりこ) CV:伊月ゆい  ミケ CV:永野善一
 春日 舞織(かすが まおり) CV:土谷麻貴
 リーゼロッテ・アッヒェンバッハ CV:本多陽子
 美凰(めいふぁん) CV:滝田樹里
 大道寺 きら(だいどうじ きら) CV:綱掛裕美
 フィオナ・メイフィールド CV:山本麻里安
 ミルドレッド・アヴァロン CV:菊池由起子

<操作方法>
 方向キー・・・キャラクターの操作、項目の選択
 ○ボタン・・・強攻撃、項目の決定
 ×ボタン・・・アルカナボタン、項目のキャンセル
 △ボタン・・・中攻撃
 □ボタン・・・弱攻撃
 L1ボタン・・・アルカナフォース発動(弱中強攻撃同時押し)
 R1ボタン・・・弱中攻撃同時押し
 R2ボタン・・・投げ(弱攻撃+アルカナボタン)
 特定コマンド+アルカナボタン・・・アルカナアクション
 相手の攻撃ガード後、レバー+アルカナボタン・・・ガードキャンセル
 攻撃中アルカナボタン・・・ホーミングキャンセル

<ストーリー>

聖霊界と、物質界。いつ、なぜ、世界がふたつに分かれたのか、それを知る手段はありません。
ただ、漠然と世界は境界を隔てて並列に存在しているのです。

その境界は、今、とても曖昧になりつつあり、ふたつの世界の均衡は危うい状況にあると
いう現実を知っているのは、聖霊庁と呼ばれる組織のほんの一握りの人だけ。
アルカナを見ることができる少女たちも、うすうす気付いています。
−アルカナたちが騒いでいる。おかしなところが起こり始めている。

2007年10月01日

PS2『ファントム・ブレイブ』

2004年1月22日発売/日本一ソフトウェア/6,800円(別)/S・RPG/1人用/287KB以上
0643.jpg0643-ura.jpg

<ゲーム内容>
 エリアマップ上にあるアイテム・敵・味方を持ったり、投げたり、アイテムに霊を憑依させて仲間にしたり、やりたい放題できるシミュレーションRPG。主人公アッシュとマローネが織り成す全20話のハートフルストーリー。同日には、8,800円(別)の限定版も発売。また、2006年8月3日には新要素を追加した廉価版『ファントム・ブレイブ2周目はじめました。』(2,800円(込))が発売。

<操作方法>
【おばけ島】
 左スティック・・・キャラクター、カーソルの移動
 方向キー・・・コマンドのカーソル移動
 ○ボタン・・・コマンドの決定/メッセージ送り
 ×ボタン・・・コマンドのキャンセル/ジャンプ
 △ボタン・・・コマンドの呼び出し
 □ボタン・・・キャラクターを持ち上げる/投げる
 L1ボタン・・・マップを左回転
 L2ボタン・・・マップの拡大・縮小
 R1ボタン・・・マップを右回転
 R2ボタン・・・キャラクターを攻撃

【エリアマップ(戦闘マップ)】
 左スティック・・・カーソル移動
 方向キー・・・各種メニューのカーソル移動
 ○ボタン・・・コマンドメニューの呼び出し/コマンドの決定
 ×ボタン・・・キャンセル
 △ボタン・・・△ボタンメニューの呼び出し
 □ボタン・・・ステータスの切替え等
 L1ボタン・・・マップを左回転
 L2ボタン・・・マップの拡大・縮小
 R1ボタン・・・マップを右回転
 R2ボタン・・・行動キャラにカーソル移動

<プロローグ>
大海に浮かぶ無数の島々。
多様な人種が時には協力し、
時には争い、歴史を紡いできた。

常夏のウィステァリア地方。
極寒のアクアマリン地方。
砂漠地帯のサンド地方。
火山列島のヴァーミリオン地方。

これら、4つの地方から成る世界―――
それが、『イヴォワール』である。

2007年07月13日

PS2『キン肉マン マッスルグランプリ MAX』

2006年7月27日発売/バンダイナムコゲームス/7,140円(込)/B・ACT/1〜2人用/46KB以上
0607.jpg0607-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の3D対戦格闘アクションゲーム。操作は方向ボタン+4ボタン(打撃・ガード・組み技・必殺技)。アニメみたいな展開の「七人の悪魔超人編」、「黄金のマスク編」のストーリーを追加し、隠しキャラクターを含めた33超人が登場。「アーケード」、「バーサス」、「ストーリー」、「トーナメント」、「団体戦」、「サバイバル」、「オプション」などのゲームモードが用意されている。

<操作方法>
【メニュー選択時】
 方向キー・・・カーソルの移動
 左スティック/右スティック・・・使用しません
 SELECTボタン・・・使用しません
 STARTボタン・・・「団体戦」モードでのチーム人数締め切り、「アーケード」メニュー選択時 途中参加
 ○ボタン・・・決定
 ×ボタン・・・キャンセル
 △ボタン・・・使用しません
 □ボタン・・・キャラクター選択時の色変更
 L1、L2、R1、R2ボタン・・・使用しません

【試合時】
 方向キー・・・キャラクターの移動
 左スティック/右スティック・・・使用しません
 SELECTボタン・・・使用しません
 STARTボタン・・・ポーズメニュー/「アーケード」モードでの途中参加
 ○ボタン・・・必殺技(初期状態)
 ×ボタン・・・ガード(初期状態)
 △ボタン・・・組み技(初期状態)
 □ボタン・・・打撃(初期状態)
 L1、L2、R1、R2ボタン・・・コントローラ設定のボタン変更可能

<PROLOGUE>
【〜七人の悪魔超人編〜】
 残虐この上ない戦いを好むあまり、宇宙に封じられた7人の悪魔超人。しかし悪魔超人たちはよみがえり、超人オリンピックの優勝者であるキン肉マンに挑戦状をたたきつける。試合をこばむキン肉マンを強制的にリングへ引きずり出すため、悪魔超人たちはミートくんの体を7つに分離。人質にとられたミートくんの体をすべて奪い返すべく、キン肉マンは7人の強敵に全勝しなければならないという過酷な運命を背負うのであった。

【〜黄金のマスク編〜】
 キン肉大神殿に安置されていた金と銀のマスクのうち、金のマスクが何者かに奪われてしまった。金と銀のマスクは全宇宙の超人のエネルギー源であり、2つのマスクが離れてしまったことで、多くの超人が命の危機にさらされてしまう。パニックに陥る超人たちの前に、金のマスクをかぶった謎の6人が現れる。悪魔6騎士を名のる彼らは正義超人の皆殺しを宣言。その計画を阻止すべく、再びキン肉マンが立ち上がる!

2007年05月02日

PS2『戦国BASARA2』

2006年7月27日発売/カプコン/7,329円(込)/ACT/1人用/148KB
0580.jpg0580-ura.jpg

<ゲーム内容>
 スタイリッシュ英雄アクションの第2弾。第1弾はこちら。前田慶次、伊達政宗、真田幸村、豊臣秀吉、竹中半兵衛、長曾我部元親、毛利元就など22人の武将がプレイヤーキャラクターとして登場(ただし、最初は7キャラのみ)。「ストーリー」、「天下統一」、「自由合戦」、「ギャラリー」、「各種設定」などのゲームモードに加え、ストーリーモードをクリアすると「大武闘会」という全100ステージの勝ち抜き戦を楽しめるモードが追加される。オープニングテーマは、HIGH and MIGHTY COLORの「DIVE into YOURSELF」。エンディングテーマは、伴都美子の「Brave」。2007年3月15日に3,129円(込)のカプコレが発売。

<操作方法>
 左スティック/方向キー・・・項目の選択、プレイヤーの移動
 右スティック/R3ボタン・・・視点移動 ※右スティックを押すと、カメラをプレイヤーの背後に移動
 SELECTボタン・・・挑発
 STARTボタン・・・ポーズ(一時停止)、ムービー・イベントのスキップ
 〇ボタン・・・項目の決定、バサラ技
 ×ボタン・・・項目のキャンセル、ジャンプ、受け身、馬に乗る、
 △ボタン・・・固有技
 □ボタン・・・通常技
 L1ボタン・・・固有技切り替え
 L2ボタン・・・戦極ドライブ
 R1ボタン・・・ガード ※R1ボタン+左スティック/方向キーで回避
 R2ボタン・・・カメラをプレイヤーの背後に移動

【馬に乗っているとき】
 ×ボタン・・・馬から降りる
 □ボタン・・・馬上攻撃
 △ボタン・・・馬固有技
 〇ボタン・・・バサラ突進(バサラゲージを消費)

※STARTボタンとSELECTボタンを同時に押すと、タイトル画面に戻ります。