2011年09月17日

PS2『SPACE INVADERS ANNIVERSARY(スペースインベーダーアニバーサリー)』

2003年7月31日発売/タイトー/1,480円(別)/STG/1〜2人用/44KB以上
1275.jpg1275-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『スペースインベーダー』生誕25周年記念作品。過去リリースされた様々なインベーダー(オリジナル【モノクロ/セロファン/カラー/アップライト筐体】、パートII、2人協力プレイ、3Dモード、対戦モード)や資料(インベーダー、タイトーアーケードゲームヒストリー)を収録。マニュアルの最後には、見開きで筐体も紹介。2003年9月25日には、筐体型コントローラ同梱版(4,800円(別))も発売された。

<操作方法>
 方向キー・・・ビーム砲の移動/項目の選択
 SELECTボタン・・・コイン投入
 STARTボタン・・・ポーズメニュー
 ○ボタン・・・ゲームスタート/ビーム発射/決定
 ×ボタン・・・ビーム発射/キャンセル
 △ボタン・・・視点切り替え
 □ボタン・・・スーパーショット(VSモードのみ)

2011年05月18日

PS2『パネルクイズ アタック25』(DigiCube Best Selection)

2003年3月27日発売/デジキューブ/3,800円(別)/ETC(クイズ)/1〜4人用/484KB以上
1237.jpg

<ゲーム内容>
 同名のクイズ番組をゲーム化。番組の司会者・児玉清、問題文出題・沢木美佳子(放映時のアシスタント)がCGや声で出演。出題方式や解答形式もテレビ放映そのままで、最大4人まで対戦可能。予選から出場して大会優勝を目指す1人用の「チャレンジモード」や本戦大会のみを気軽にプレイできる1〜4人用の「パーティモード」などのゲームモードが用意されている。ピクチャーパラダイス対応のデジタルカメラを使って、顔写真を取り込む機能(フェイスキャプチャー)が搭載されていて、キャラクター作成時にオリジナルキャラクターとして登録する事もできる。2002年8月29日に5,800円(別)で発売された同製品の廉価版。

<操作方法>
 方向キー・・・メニューの選択やカーソルの移動をします。
 左スティック・・・メニューの選択やカーソルの移動をします。
 右スティック・・・ゲーム中の説明をご覧ください。
 SELECTボタン・・・使用しません。
 STARTボタン・・・ポーズをします。(本戦をプレイ中のとき)
 ○ボタン・・・決定します。
 ×ボタン・・・キャンセルします。
 △ボタン・・・ゲーム中の説明をご覧ください。
 □ボタン・・・ゲーム中の説明をご覧ください。
 L1ボタン・・・メニューウインドウの切り替え。
 L2ボタン・・・使用しません。
 R1ボタン・・・メニューウインドウの切り替え。
 R2ボタン・・・使用しません。

<裏技>
[パネルシステムで遊ぶ]・・・タイトル画面で、2P側のコントローラーのR1ボタンを押す。

2010年12月19日

PS2『うえきの法則 倒すぜロベルト十団!!』

2006年1月26日発売/バンダイ/7,140円(込)/ACT/1人用/46KB以上
1213.jpg1213-ura.jpg

<ゲーム内容>
 同名アニメのゲーム化。複数のラインがあるフィールドが舞台のバトルロイヤルアクションゲーム。ストーリーに沿ってゲームを進める「ストーリーモード」、様々なシチュエーションのゲームを楽しめる「エクステンドモード」(※最初は選択不可)、ゲーム中に入手した才を見ることができる「エン・才・クロペディア」、ゲームのデータ管理を行う「セーブ&ロード」、ゲームの設定をする「オプション」といったゲームモードが用意されている。原作のコミックに沿ったストーリーやキャラクター、才が登場する。

<操作方法>
【メニュー時】
 方向キー/左スティック・・・カーソル移動、メニューの選択
 STARTボタン・・・デモスキップ
 ○ボタン・・・決定、次に進む
 ×ボタン・・・キャンセル

【バトル時】
 方向キー/左スティック左右・・・移動
 ○ボタン・・・通常攻撃
 ×ボタン・・・ジャンプ
 △ボタン・・・能力の使用
 □ボタン・・・神器コマンド入力、押しっぱなしで天界力回復
 L1ボタン・・・ガード
 L2ボタン・・・ガード
 R1ボタン・・・ライン移動 手前へ
 R2ボタン・・・ライン移動 奥へ

続きを読む

2010年12月08日

PS2『メルヘヴン ARM FIGHT DREAM(アームファイトドリーム)』

2005年11月3日発売/コナミ/7,329円(込)/B・ACT/1〜2人用/52KB以上
1209.jpg1209-ura.jpg

<ゲーム内容>
 同名TVアニメのゲーム化。近距離の格闘に魔法のARMを組み合わせたバリエーション豊富な戦い方が楽しめる3D対戦格闘ゲーム。2006年12月14日には、コナミザベストの廉価版(2,940円(込))が発売された。

<操作方法>
【バトル画面での基本操作】 ※TYPE1
 方向キー/左スティック・・・前後移動、左右回り込み、ダッシュ、ステップ、左右ステップ、前後ステップ
 右スティック・・・ラビリンスモードでのみ使用します。
 SELECTボタン・・・使用しません。
 STARTボタン・・・ポーズ
 ○ボタン・・・投げ
 ×ボタン・・・ジャンプ、受身
 △ボタン・・・大攻撃
 □ボタン・・・小攻撃
 L1ボタン・・・ガード、受身、リバーサル
 L2ボタン・・・ジグザグステップ、(方向キーまたは左スティックといっしょで)ダッシュ
 R1ボタン・・・(○×△□ボタンのいずれかといっしょで)ARM発動、シンクロ率アップ
 R2ボタン・・・使用しません。

【メニュー画面での基本操作】
 方向キー/左スティック・・・カーソルの移動
 STARTボタン・・・ラビリンスでのみポーズメニュー表示
 ○ボタン・・・決定
 ×ボタン・・・キャンセル

<STORY>
メルヘンと魔法の世界
「メルヘヴン」へやってきた中学生ギンタは、
仲間たちと共にメルヘヴンの支配を企む集団
「チェスの兵隊(コマ)」との戦いに挑んでいた。
その戦いのさ中、
チェスの兵隊の司令塔ファントムが、
ギンタ達に恐るべき試練を課してきた。
異次元空間を舞台に、
魔力のアイテム「ARM」を駆使した熾烈な戦いが、
今始まる!

続きを読む

2010年05月21日

PS2『半熟英雄 対 3D』

2003年6月26日発売/スクウェア・エニックス/6,800円(別)/SLG/1人用/80KB以上
1146.jpg1146-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『半熟英雄(はんじゅくヒーロー)』シリーズの一つ。ギャグテイストを含んだリアルタイムのシミュレーションで、基本的な流れは、シナリオスタート→情報を集める→将軍を出撃させる→敵の城を制圧する→ボス城が出現する→シナリオクリア・・・とファミコン版やスーパーファミコン版と一緒。同日には、初回限定版(8,800円(別))も発売された

<操作方法>
 方向キー・・・コマンド選択、カーソル移動、部隊操作
 左スティック・・・コマンド選択、カーソル移動、部隊操作
 右スティック・・・使用しません
 SELECTボタン・・・使用しません
 STARTボタン・・・ぽーず。
 ○ボタン・・・決定。出撃中の将軍&城のメニューオープン。バトル中連打でスタミナ消費。たまご召喚ダンスのスキップ
 ×ボタン・・・キャンセル、メニュークローズ、イベント/時間の早送り(できないシーンもあります)
 △ボタン・・・メインメニューオープン、バトルのコマンドメニューオープン
 □ボタン・・・パフォーム
 L1ボタン・・・リストのページ戻し、出撃中の自軍部隊にカーソル移動
 L2ボタン・・・フィールドマップの拡大/縮小
 R1ボタン・・・自軍の城にカーソル移動、リストのページ送り
 R2ボタン・・・敵軍の城にカーソル移動

<ものがたり>
ここは平和なアルマムーン王国。
かつての戦乱も、先代当主がアルマムーン王家に伝わる「伝説のたまご」の力を用いて、
平和を取り戻してからというもの、今は昔も大昔・・・人々の記憶からはすっかり消え去っていました。
今の当主(主人公)といえば、なが〜〜い平和によるものか、
はたまたただの天然か・・・・・とにかくボケボケ・アホ当主!!
そんな当主が治めていても、今日も平和な夜がアルマムーンにやってくる・・・・・?
はずもなく・・・・・

ある夜、主人公の寝室にこだまする謎の声・・・あくまで謎の声・・・・・。
そして、突如としてアルマムーン上空に現れた巨大なおまる・・・・・。
謎の声に誘われるかの如く、
あられアルマムーン城は次元のハザマへと吸い込まれていく・・・・・。