2016年04月08日

PS『アイドル雀士スーチーパイLimited』

1995年3月24日発売/ジャレコ/6,900円(別)/TBL(麻雀)/1人用
1763.jpg

<ゲーム内容>
 キャラクターデザイン・原画:園田健一。かわいい女の子のキャラクターが多数登場する麻雀ゲーム、『スーチーパイ』シリーズのPS版。ゲームモードは、ストーリー仕立ての「キャラクター選択」、16人から自由に対戦できる「フリー対戦モード」、主題歌、オマケの音声、声優インタビューを楽しむ事ができる「サウンドテスト」、ゲーム中の基本ルールの説明をする「麻雀ルール説明」などが用意されている。ストーリーは、7人目の相手を倒した時にツミコミレベルがMAXになっているかどうかで、ハッピーエンドとバッドエンドの分岐あり。

<操作方法>
 方向キー・・・カーソル移動、コマンド選択、デモ画面でのスクロール
 スタートボタン・・・デモ画面のスキップ
 ○ボタン・・・ツモ・捨牌、コマンド決定
 ×ボタン・・・ウインドウ開・閉、コマンド取り消し、パネルマッチでのインフォメーション
 □ボタン・・・ツモ・捨牌、コマンド決定
 ゲーム中にL2、R2、セレクト、スタートを同時に押すとオープニングへ戻ります。

<裏技>
〔いきなりあがる〕・・・「キャラクター選択」の場合は、対局中にL2ボタン、R1ボタン、セレクトボタン、△ボタン、〇ボタンを同時に押す。いきなりあがった事になり、パネルモードを7回めくれる。L2ボタン、R1ボタン、セレクトボタン、□ボタン、×ボタンを同時に押すとパネルマッチをクリアした状態になる。前者はハッピーエンド、後者はバッドエンドを見るのに最適。「フリー対戦モード」では、L2ボタン、R1ボタン、セレクトボタン、□ボタン、×ボタンを同時に押せばOK。

〔配牌変更〕・・・「フリー対戦モード」の対局中にL2ボタン、R1ボタン、セレクトボタン、△ボタン、〇ボタンを同時に押すと自由に配牌を変える事ができる。ただし、一つ一つを変更できるわけでなく、配牌全てが変わる。

〔隠しグラフィック〕・・・「フリー対戦モード」で自キャラ以外の15人全員に勝つ。

続きを読む

2015年12月03日

PS『トンズラくん』

1996年9月6日発売/ソラン、ポニーキャニオン/5,800円(別)/A・PZL/1人用/1ブロック
1733.jpg1733-ura.jpg

<ゲーム内容>
 トンズラくんを操作して、箱を積んで階段をつくったりして、トンズラちゃんのところまで辿り着くのが目的のアクションパズルゲーム。

<操作方法>
 方向キー・・・トンズラくんの操作
 ○、×、□ボタンなど・・・箱を持つ、箱を投げるなど ※ゲーム中に操作説明あり。

<トンズラ・ストーリー>
トンズラくんとトンズラちゃんは仲良しです。ふたりは平凡ながらも、楽しい毎日を過ごしていました。
ある日のことです。ゴキゲンなミュージックがどこからともなく流れてきて、ふたりはとっても「イェイ!」なノリ。スムースにステップを踏み始めました。踊りに夢中になっていたトンズラくんがふと気がつくと、なんとトンズラちゃんの姿が見あたりません。
「トンズラちゃんがいないっ! さ、寂しいよう。トンちゃん、どこにいるの?!トンちゃ〜ぁぁぁん」
さて、一方トンズラちゃんはというと、リズムに乗りすぎて、あろうことかお立ち台に乗って踊りまくっているではありませんか。
「トンズラちゃぁぁぁぁん」
トンズラくんが声の限りに叫んでも、音楽に夢中になっているトンちゃんの耳にはまったく届きません。
「淋しくて寒気がしてきた。よし、こうなったら僕もお立ち台に乗るぞ」
ところがトンズラくんは足が短いので、高いお立ち台には一気に登れません。
「うへ〜」
かくしてトンズラくんは、トンズラちゃんを正気に戻すべく、辺りに散らばっている箱を使ってお立ち台までの階段をつくり始めるのでした。

続きを読む

2015年04月12日

PS『STREET FIGHTER ZERO 3(ストリートファイターゼロ3)』

1998年12月23日発売/カプコン/5,800円(別)/B・ACT/1〜2人用
1685.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の2D対戦格闘アクションゲーム。ISM(イザム)という3つのタイプ(攻撃力が高く、守備力は低く、空中ガードやゼロカウンターがないシンプルな「X−ISM」。全てが標準で可もなく不可もない「Z−ISM」。攻撃力は低いけれども、唯一オリジナルコンボが使える「V−ISM」。)で、同じキャラクターでも戦い方が変化するのが特徴。2001年8月30日には、カプコレ(定価2,800円(別))が発売された。また、SS、DC、GBA、PSP、PS2など様々な機種にも移植された。

<操作方法>
 方向キー・・・カーソルの移動/プレイヤーの移動(前進、後退、ジャンプ、しゃがみ、ガードなど)
 STARTボタン・・・ゲームスタート/ポーズ/途中参加
 ○ボタン・・・中キック
 ×ボタン・・・弱キック
 △ボタン・・・中パンチ
 □ボタン・・・弱パンチ
 R1ボタン・・・強パンチ
 R2ボタン・・・強キック
※上記のボタン設定は初期設定です。オプションの「KEY CONFIG.」にて、変更できます。
※ゲーム中、SELECTボタンとSTARTボタンを同時に押すと、強制的にタイトル画面に戻ります。

2015年04月11日

PS『超兄貴 〜究極無敵銀河最強男〜』

1995年12月29日発売/メサイヤ/5,800円(別)/STG/1〜2人用
1684.jpg

<ゲーム内容>
 実写撮り込みで、ますます濃くなった横スクロールシューティングゲーム『超兄貴』シリーズのプレイステーション版。シリーズの時系列的なストーリーとしては、最初の方になる。敵を倒した時に出るプロテインで自機のショットパワーがムキッとアップし、使える特殊攻撃(下記参照)も増える。

<操作方法>
 方向キー・・・韋駄天または弁天の移動(8方向)
 SELECTボタン・・・使用しません
 STARTボタン・・・ゲームスタート/ポーズ
 ○ボタン・・・フォーメーションのオン/オフ(一度押すとオプション位置の固定、もう一度押すと解除)
 ×ボタン・・・特殊攻撃
 △ボタン・・・使用しません
 □ボタン・・・通常弾の発射(押し続けると連射になります)
 R1・L1ボタン・・・特殊攻撃の選択(カーソルが移動します)
 R2・L2ボタン・・・韋駄天または弁天の移動速度を変えることができます

<STORY>
それはまだ・・・・・・ビルがボ帝と呼ばれる以前の話。

宇宙は、1人の男のために

恐怖におとしいれられようとしていた。

究極にして無敵、銀河最強の男。

彼の名は、”究極無敵銀河最強男”。

 

イダテンは、銀河を恐怖に震撼させる

究極無敵銀河最強男を倒すべく、

従弟のアドンとサムソンを連れ、旅立ったのだった。


続きを読む

2015年02月08日

PS『へべれけスてーショんポポイっと』

1995年5月26日発売/サンソフト/5,800円(別)/A・PZL/1〜2人用
1660.jpg1660-ura.jpg

<ゲーム内容>
 一人用のポポイっとへべれけ、二人でポポイっとへべれけ、二人でへべれけのぽぷーんができる落ち物パズルゲーム。縦または横に同じ色を4個以上並べて消していく。一人用はコンティニューサービスあり。対戦時に使用できるキャラクターは、へべ、おーちゃん、すけざえもん、ぢぇにふぁーの4人で、それぞれ必殺技(すぺしゃるあたーく)が異なる。1999年には2,800円(別)のBEST版が、2001年には1,500円(別)のValue版が発売された。

<操作方法>
 方向キー・・・おぷしょん画面選択および、ゲーム中落ちてくるぽぷーんの移動に使います。下を押すと早く落ちます。
 スタートボタン・・・ゲームスタートおよびゲーム中のポーズ(一時停止)に使います。
 ○ボタン・・・ぽぷーんの右回転に使用します。
 ×ボタン・・・ぽぷーんの左回転に使用します。
 △ボタン・・・ねじこみボタン(初心者用のボタンです。このボタンを押しながら方向キーを使うと、ぽぷーんをすきまに入れることが簡単にできます。)

続きを読む

2015年02月04日

PS『パネルクイズ アタック25』

1997年12月18日発売/富士通パソコンシステムズ/5,800円(別)/ETC(クイズ)/1〜4人用/2ブロック
1658.jpg1658-ura.jpg

<ゲーム内容>
 同名のクイズ番組をゲーム化。番組の司会者・児玉清、問題文出題・相馬宏美が映像や音声で出演。実際の番組と同じルールで進行する「番組アタック」(1〜4人用)、コンピュータの解答者15人と対戦する「勝ち抜きアタック」(1人用)、20問の3択または4択クイズが出題される「クイズアタック」(1〜4人用)、パネルの取り合いだけを楽しめるスロットゲームの「パネルアタック」(1〜4人用)といったゲームモードが用意されている。PS2版も別メーカーから発売された。

<操作方法>
 方向キー・・・クイズの答えの選択
 STARTボタン・・・ゲームの一時停止、一時停止の解除 ※クイズの答えを入力している間は一時停止できません。
 ○ボタン・・・クイズの解答、パネルの獲得、パネルアタックのスロット停止
 ×ボタン・・・クイズアタックの解答
 △ボタン・・・クイズアタックの解答
 □ボタン・・・クイズアタックの解答

2015年01月18日

PS『HORNED OWL(ホーンドアウル)』

1995年12月29日発売/SCE/5,800円(別)/G・STG/1〜2人用/1ブロック
1655.jpg1655-ura.jpg

<ゲーム内容>
 テロリスト集団メタリカの制圧が使命のガン・シューティングゲーム。クロツ、マルコのプレイヤーキャラクターから選択し、ナビゲーターのケイトのサポートを聞きながら進んでいく。2人同時プレイ可能で、コンティニューは4種類の難易度に関係なく3回まで。ドラマシンクロシステム(選んだプレイヤーや2人同時プレイそれぞれにナレーションが変化する)を採用。オリジナルキャラクター&メカニカルデザインは、士郎正宗が担当。ハイパーブラスター同梱版も発売された。

<操作方法>
【コントローラの操作方法】
 方向キー・・・カーソルの移動。サイト(照準)の移動。
 STARTボタン・・・決定。選択項目内容変更。ゲームのポーズ/解除。ムービーのスキップ
 ×ボタン・・・ひとつ手前の画面に戻る。グレネード発射。
 □ボタン・・・カーソルの移動。ノーマルショット発射一定時間以上引いてから放すとパワーショット発射。
 L1ボタン/L2ボタン・・・サイトの移動速度アップ
 R1ボタン/R2ボタン・・・弾のリロード(装填)

【ハイパーブラスターの操作方法】
 トリガー1・・・カーソル移動。ノーマルショット発射一定時間以上引いてから放すとパワーショット。発射銃口を画面外に向けて引くと弾のリロード(装填)
 スタートボタン・・・決定/選択項目/内容変更。ポーズ/ムービースキップ。
 ボタン1・・・ひとつ手前の画面に戻る。グレネード発射。サイトを画面の端にするとリロード(装填)
※ゲーム中にサイトを画面の四隅に持っていき、左ボタンを押すとポーズがかかります。そのあといずれかボタンを押すとポーズが解除されます。

【マウスの操作方法】
 左ボタン・・・決定。ノーマルショット発射一定時間以上引いてから放すとパワーショット。
 右ボタン・・・ひとつ手前の画面に戻る。グレネード発射。
 マウスの移動・・・カーソルの移動。サイト(照準)の移動。

<PROLOGUE>
2055年、失業者増加と治安悪化により混迷する情報娯楽産業国・日本。機械化が進み、人間がロボットに職を奪われる日々。人々の生活はロボットに圧迫され、貧窮あえぐ者も多かった。
 そんな混沌とした時代に現れたテロリスト集団『メタリカ』。「諸悪の根源であるロボット企業とその商品を駆逐する」。そんな闘争本能を持つ科学技術者中心の集団である。彼らは大量のロボット兵器を用いて、無差別テロ行為を繰り返していた。
 ある時、治安部情報省は、『メタリカ』が数日中に大規模なテロ行為をおこなうとの情報をキャッチ。彼らを制圧するため、特別警察・機甲機動隊は出動準備態勢に入った――。

続きを読む

2014年12月09日

PS『FINAL FANTASY VII(ファイナルファンタジー7)』

1997年1月31日発売/スクウェア/6,800円(別)/RPG/1人用/1ブロック
1644.jpg

<ゲーム内容>
 CD3枚組により、ストーリーやムービーなどのボリュームが増えた『ファイナルファンタジー』メインシリーズ第7作目。プラットフォームが変わり、キャラクターや背景等は3Dポリゴンで描かれている。また、マテリアの組み合わせで自由度の高いバトルが楽しめ、ミニゲームも数多く用意されている。

<操作方法>
 方向キー・・・キャラクターの移動、コマンドの選択。
 SELECTボタン・・・キャラクターの位置の表示/非表示、マップ表示の切り替え、ヘルプウィンドウのオン/オフ。
 STARTボタン・・・マップ表示の切り替え、戦闘の一時中断/再開。
 ○ボタン・・・話す、調べる、ハシゴの昇り降り、コマンドの決定、仕掛け等のスイッチを押す。
 ×ボタン・・・(押している間)キャラクターが走り出す、コマンドのキャンセル
 △ボタン・・・メニュー画面を開く、武器や防具に装備したマテリアを外す、キャラクターの順番を順番待ちのキャラクターに変更。
 □ボタン・・・マテリア画面と装備画面の切り替え、(押している間)コマンドウィンドウの消去。
 L1ボタン・・・左45°の方向に進む、名前入力画面のときの言語変更、スクロールバーを上へジャンプ、全体・単体のターゲット切り換え。
 L2ボタン・・・ワールドマップの視点切り替え。
 R1ボタン・・・右45°の方向に進む、名前入力画面のときの言語変更、スクロールバーを下へジャンプ、全体・単体のターゲット切り換え。
 R2ボタン・・・使用しません。
 L1ボタン+R1ボタン・・・戦闘時の離脱。
 L1ボタン+L2ボタン+R1ボタン+R2ボタン+スタートボタン+セレクトボタン・・・同時に押すとソフトリセット。

<ストーリー>
 巨大企業・神羅が支配する魔晄都市(ミッドガル)で、反乱グループの手により、壱番魔晄炉が爆破された。そのグループの名はアバランチ。星の生命・魔晄エネルギーを吸い取り、自然を破壊する神羅に反抗するため、秘密裏に結成された集団だ。過去、ソルジャーとして神羅で活躍したクラウドも、今回の爆破作戦に加わっていた。あまりにも強大な敵・神羅に対し、はたしてクラウドたちは、滅びゆく星の生命を救うことができるのか!?

それは、星の命運を賭けた戦い。