2007年01月18日

DC『バトルビースター』

2001年3月15日発売/スタジオワンダーエフェクト/5,800円(別)/SLG(ボイスバトルシミュレーション)/1〜2人用/23ブロック
0536.jpg0536-ura.jpg

<ゲーム内容>
 ファクトリーを経営しながら、優秀なテイマーを雇い、強いビーストを育て上げ、他のファクトリーのライバル達に勝利し、全四大陸の大会制覇を目指すのが目的。50種類以上のメタルビーストと150人以上のビーストテイマーを組み合わせて様々なビーストを育てる事ができる。モデム、マイクデバイス、VGA対応。

<操作方法>
 アナログ方向キー・・・使用しません。
 方向ボタン・・・メニューの選択。ビーストの移動。(バトル)
 スタートボタン・・・ゲームスタート。ポーズ、ポーズ解除。(バトル)メニューの表示。(バトル)
 Aボタン・・・メニューの決定。
 Bボタン・・・メニューのキャンセル。戻る。
 Xボタン・・・威嚇します。(バトル)
 Yボタン・・・挑発します。(バトル)
 L/Rトリガー・・・名前入力時の文字切り替え。ビースト能力表、日程表でのページ切り替え。VSモードでのタイム、ステージ設定の変更。技の使用。(バトル)
※ゲーム中にA+B+X+Yボタンを同時に押した状態でスタートボタンを押すと、リセットされ、タイトル画面に戻ります。

<ストーリー>
時は遥かな未来、地球から遠く離れた星での物語・・・・・・・・・・

そこにはバイオテクノロジーによって生み出された「メタルビースト」と、
繁殖を続ける彼らを手なずけ、意のままに操る「ビーストテイマー」が
存在し、テイマー達はビーストを戦わせ、自分の力を誇示していた。
そしてテイマーの頂点を極めた者を「ビーストマスター」と呼び讃えた。

この戦いは全世界に広がり、国家的な規模の大会へと成長を遂げ、
テイマー達は、より強いビーストを育て、調教する技術を競い合うようになり、
ビーストの中には獰猛な種も確認されたため、
各国では国の平和と名誉を守ろうと、国際ビーストテイマー養成所を設立し、
大学や専門学校にもテイマー養成学科が設けられた。

一方、テイマーを雇い、ビーストを育成し、
大会に参加する機関「ファクトリー」も数多く設立された。

人々は、この国家をも巻き込み、繰り返される
一連のしのぎあいを「バトルビースター」と称し、
ここに世界共通のエンターテインメントが誕生した。

2007年01月06日

DC『マリオネットカンパニー』

1999年10月7日発売/マイクロキャビン/6,800円(別)/ADV(シチュエーションアドベンチャー)/1人用/10ブロック
0526.jpg0526-ura.jpg

<ゲーム内容>
 棄てられていた女性型アンドロイド「マリオネット」との出会いから物語は始まる。マリオネットに必要なパーツなどの資金を集めたり、パーツの設計・作成・組み込みをしたり、コミュニケーションを取る事でマリオネットと心の交流を楽しむ事ができる作品。期間は10月1日から3月末日までの半年間。150種類以上のシナリオイベントが用意されていて、マルチエンディング方式を採用している。初回限定版にはセルカードが同梱。モデム、ビジュアルメモリ対応。
 
<操作方法>
 アナログ方向キー・・・使用しません
 方向ボタン・・・カーソル、キャラクタの移動
 スタートボタン・・・ゲームの開始、ムービーのスキップ
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル
 Xボタン・・・メッセージ飛ばし
 Yボタン・・・ウィンドウ類の非表示
 Lトリガー・・・使用しません
 Rトリガー・・・使用しません
※ゲーム中に、A+B+X+Yボタンを同時に押した状態でスタートボタンを押すと、タイトル画面に戻ります。
※タイトル画面でA+B+X+Yボタンを同時に押した状態でスタートボタンを押すと、ゲームがリセットされます。


続きを読む

2007年01月05日

DC『レッドラインレーサー』

1999年4月29日発売/イマジニア/5,800円(別)/RCG/1〜2人用/12ブロック
0525.jpg0525-ura.jpg

<ゲーム内容>
 時速300Km/hオーバーの世界で、白熱したハイスピードバトルが展開される迫力のスーパーバイクレースゲーム。トーナメント、シングルレース、対戦モード、オプションなどのゲームモードが用意されている。VGA対応。

<操作方法>
 アナログ方向キー・・・ハンドル、カーソルの移動
 方向ボタン・・・ガッツ、カーソルの移動
 スタートボタン・・・ゲームスタート、ポーズ
 Aボタン・・・シフトアップ、決定
 Bボタン・・・ターボ、キャンセル
 Xボタン・・・シフトダウン
 Yボタン・・・カメラチェンジ
 Lトリガー・・・ブレーキ
 Rトリガー・・・アクセル
※ゲーム中に、A+B+X+Yボタンを同時に押した状態でスタートボタンを押すと、リセットされ、タイトル画面に戻ります。

<PROLOGUE>
 21世紀初頭、イギリスの有名スポーツメーカー、ゼノスは運動性に優れ耐久力が有る新機軸緩衝素材、「レッドライン」を作りだすことに成功した。レッドラインはすべての角度の衝撃を吸収し、無効化する。繊維の中に赤い色の超ホールド合金が織り込まれているのが、この名前の由来だ。この新素材により、危険な現場におけるスーツの改良がいっせいに進められた。
 そこで最初に実用化されたものが、ライダースーツだった。レッドライン緩衝材を使ったライダースーツは現状のものに比べて際立って安全性が高く、高速転倒時のライダーの生命の安全が確立された。
 この新スーツの普及に伴って、バイクの設計にも見直しが図られた。バイク自体徹底的な軽量化が図られ、同時にエンジンの出力アップにより、いまでは最高速度が300Km/h近くまで引き上げられた。
 このハイスペックマシンはスーパーバイクと呼ばれる。レッドライン素材の安全性がバイクのポテンシャルを一気に引き上げたのだ。さらにゼノス主導で中継はTVはもとより、衛星、ケーブルテレビ、インターネット等各種メディアを巻き込んだ。このマーケティングが大ヒットし、ハイスピードスーパーバイクレースは一躍スタースポーツになる。
 観客はこの新しい形のレースに興奮し、さらなる欲望を満たすためにレース場は、砂浜、雪道、山道など危険が潜むあらゆるところで開催されるようになった。

2006年12月19日

DC『パワーストーン』

1999年2月25日発売/カプコン/5,800円(別)/B・ACT/1〜2人用/4ブロック
0516.jpg0516-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の3D対戦活劇。柱に登ったり、イスを持ち上げたり、壁を駆け上がったり・・・等、3D空間を自由に駆けめぐる事ができる。ボタン3つの簡単操作。デフォルトで使用できるキャラクターは次の8人で、それぞれパワーストーンで変身できる。「赤い疾風・フォッカー」、「灼熱の魔女・ルージュ」、「連撃の昇竜・ワンタン」、「無頼の剣豪・竜馬」、「桜花の舞姫・あやめ」、「轟力重戦車・ガンロック」、「凶器の道化師・ジャック」、「誇高の荒鷲・ガルーダ」。VGA、ぷるぷるぱっく、アーケードスティック対応。

<操作方法>
 方向ボタン/アナログ方向キー・・・360°自由な方向に移動できます。プレイヤー、ステージ選択。各モード選択。
 スタートボタン・・・タイトル画面からゲームをスタートします。ポーズ(一時停止)がかかります。
 Aボタン・・・ジャンプ。選択の決定を行います。
 Bボタン・・・パンチ+キック。選択のキャンセルを行います。
 Xボタン・・・パンチ
 Yボタン・・・キック
 Lトリガー・・・パンチ+ジャンプ(パワーフュージョン)
 Rトリガー・・・キック+ジャンプ(パワーフュージョン)
※ゲーム中にA+B+X+Yボタンを同時に押した状態でスタートボタンを押すとリセットされタイトル画面に戻ります。

<ストーリー>
時は19世紀。
「迷信」や「伝説」が生きていた、古き良き時代。
一攫千金を夢見る冒険者たちは伝説の秘宝を追い求めていた。
どんな願いもかなえてくれる秘石「パワーストーン」を・・・

2006年12月04日

DC『ソニックシャッフル』

2000年12月21日発売/セガ/5,800円(別)/TBL(ボードゲーム)/1〜4人用/4ブロック
0508.jpg0508-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズのキャラクターたちが登場するボードゲーム。デフォルトで使用できるキャラクターは、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、「マイルス”テイルス”パウアー」、「ナックルズ・ザ・エキドゥナ」、「エミー・ローズ」の4人。ルーレットの代わりにカードを使ってボード上のマスを移動、イベントやバトルなどを体験しながらマップクリアを目指すのが目的。画面中央下の「Space:数字」で、プレシャストーンまでのマスの残り数が分かるようになっている。

<操作方法>
【ボード以外での操作】
 アナログ方向キーor方向ボタン・・・カーソルの移動
 スタートボタン・・・ゲームスタート
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル
 Yボタン・・・キャラクターの特殊能力を見る(キャラクター選択画面)

【ボード上で行動するときの操作】
 アナログ方向キーor方向ボタン・・・カーソルの移動
 スタートボタン・・・ポーズメニューのオープン
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・キャンセル
 Xボタン・・・カードシャッフル(プレイヤーの順番以外に可能)
 Yボタン・・・ボード見回しモードへの切り替え

【ボード見回しモードでの操作】
 アナログ方向キーor方向ボタン・・・画面の移動
 Aボタン・・・プレシャストーンをサーチ
 Bボタン・・・ボードのコマンドに戻る
 Yボタン・・・ボードのコマンドに戻る

【バトルモードでの操作】
 アナログ方向キーor方向ボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・決定、カードルーレットのストップ
 Bボタン・・・キャンセル
 Xボタン・・・カードシャッフル(プレイヤーの順番以外に可能)

※ゲーム中に、ABXYボタンを押しながらスタートボタンを押すと、タイトル画面に戻ります。

<プロローグ>
ソニックたちの新たなる冒険の舞台
異次元世界「マージナリワール」

それは夢と現実が交錯する
不思議な世界でのお話・・・


マージナリワールは様々な次元世界の人々の
夢や希望がつむぎだす結晶体「プレシャストーン」という
ジュエルの力によって支えられていました。

ところがある日突然あらわれたヴォイドという
謎のモンスターによってプレシャストーンの力を
封じ込められてしまったのです。

プレシャストーンの力を失ったマージナリワールは
今まさに崩壊の危機を迎えています。

マージナリワールの守護精霊である
妖精ルミナ・フロウライトは
別次元の人々へ助けを求めました。

知恵と勇気を持つ者へ向け送られたメッセージ・・・
それを受けとったのがソニックたちだったのです。

ヴォイド・・・
そしてプレシャストーンを目当てに
ソニックたちを追ってきた
Dr.エッグマンとの戦い・・・

ソニックたちは
ルミナから与えられた魔法のカードと
不思議な力が秘められた
「フォースジュエル」を手に
マージナリワールを救う
冒険へと旅立ちます。

2006年12月01日

DC『セガラリー2』

1999年1月28日発売/セガ/5,800円(別)/RCG/1〜2人用(ネットワーク対戦時は2〜4人)/81ブロック
0506.jpg0506-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植のレースゲーム。前作はセガサターンなどで発売。砂漠、雨道、雪道などの大自然を猛スピードで走破する迫力が魅力。カープロフィールのナレーションは古谷徹。ビジュアルメモリ、モデム、レーシングコントローラ、ドリームキャスト・キーボード、VGA対応。

<操作方法>
【ドリームキャスト・コントローラ】
 アナログ方向キー左右・・・ハンドル(アナログ対応)
 アナログ方向キー/方向ボタン・・・モード選択
 スタートボタン・・・スタート、ポーズ
 Aボタン・・・シフトアップ(モード選択時:決定)
 Bボタン・・・サイドブレーキ(モード選択時:取消)
 Xボタン・・・シフトダウン
 Yボタン・・・視点切替
 Lトリガー・・・ブレーキ(アナログ対応)
 Rトリガー・・・アクセル(アナログ対応)
※A+B+X+Y+スタートボタン・・・ソフトリセット

【レーシングコントローラ】
 ハンドル(アナログ)・・・・左右のモード選択
 「+」ボタン・・・シフトアップ(モード選択:上方向)
 「−」ボタン・・・シフトダウン(モード選択:下方向)
 スタートボタン・・・スタート、ポーズ
 Aボタン・・・サイドブレーキ(モード選択時:決定)
 Bボタン・・・視点切替(モード選択時:取消)
 Lレバー・・・ブレーキ(アナログ対応)
 Rレバー・・・アクセル(アナログ対応)
※A+B+スタートボタン・・・ソフトリセット

2006年11月28日

DC『サイキックフォース2012』

1999年3月4日発売/タイトー/5,800円(別)/B・ACT/1〜2人用/9ブロック
0504.jpg0504-ura.jpg

<ゲーム内容>
 オールレンジバトル『サイキックフォース』シリーズの一つ。空中を自在に移動する超能力者(サイキッカー)を操り、敵と戦う3D対戦格闘ゲーム。アーケードモード、ストーリーモードなど8種類のゲームモードが用意されている。デフォルトで使用できるのは10人(電撃使い・マイト、音使い・パティ、風使い・ウェンディー、呪術師・玄信、水使い・カルロ、炎使い・レジーナ、サイボーグ・ゲイツ、光使い・エミリオ、闇使い・刹那、重力使い・ガデス)。アーケードスティック、ぷるぷるぱっく対応。

<操作方法>
 方向ボタン・・・移動/ダッシュ方向の指定/超能力技コマンドの入力
 スタートボタン・・・ゲームのポーズ(一時停止)
 Aボタン・・・使用しません
 Bボタン・・・強攻撃
 Xボタン・・・ガード
 Yボタン・・・弱攻撃
 Lトリガー・・・ステージ選択
 Rトリガー・・・ステージ選択
※ゲーム中に、A+B+X+Yボタンを同時に押した状態でスタートボタンを押すとリセットされ、タイトル画面に戻ります。

<STORY>
西暦2010年。
その世界には、サイキッカーと呼ばれる超能力者たちが存在した。彼らは核に代わる軍事兵器として国家権力に追われ、非道な人体実験によって幾多の生命が闇から闇へと葬られた。
消えゆく同胞を救い、彼らの理想郷を築くため、孤高のサイキッカー・キースはサイキッカー集団「ノア」を結成、ついに人類への反旗をひるがえす。しかし、彼の理想はいつしか”サイキッカーによる世界征服”へとその姿を変えていった。
キースの親友・バーンは、ノアの手段を選ばぬ破壊行為に疑問を抱き、キースに戦いを挑む。互いの正義を賭して死闘をくり広げる2人。だが、その戦いはノアの同志・ウォンの裏切りによる地下要塞の爆破消滅によって幕を閉じ、ノアの同胞たちもキースやバーンと共に爆煙の中へと消えていった・・・
わずかに生き残った同胞さえも、ウォンの手引きによって軍に捕らえられ、新たに創設された「軍サイキッカー部隊」へと投入されてゆく。こうしてキースという指導者を失ったサイキッカーたちは、再び暗黒の時代の迷い子となったのである・・・
そして西暦2012年。
”キース復活”の報に再び立ち上がった新生ノア、ウォン率いる軍サイキッカー部隊、そしてそれぞれの想いを胸にさまようサイキッカーたちの果て無き戦いが今、始まろうとしていた・・・

2006年11月20日

DC『学級王ヤマザキ 〜ヤマザキ王国大フン争!〜』

1999年12月23日発売/セガ/4,800円(別)/TBL(ボードゲーム)/1〜4人用/24ブロック
0502.jpg0502-ura.jpg

<ゲーム内容>
 コロコロコミックで連載されていた漫画が原作。『モノポリー』や『いただきストリート』のような領土を獲得していくタイプのボードゲーム。特定の条件で入手できる「王冠コイン」を3枚集め、「三冠王」になりゴールする(もしくはミニゲームで1位になる)事によって「学級王」を目指すのが目的。ビジュアルメモリ、ぷるぷるぱっく、VGA対応。

<操作方法>
 アナログ方向キー/方向ボタン・・・選択
 スタートボタン・・・スタート、ポーズ
 Aボタン・・・決定、部分マップを表示する
 Bボタン・・・キャンセル、マップ画面からメニューに戻る
 Xボタン・・・使いません
 Yボタン・・・ステータス画面表示
 Lトリガー・・・使いません
 Rトリガー・・・使いません
※ゲーム中に、A+B+X+Yボタンを同時に押した状態でスタートボタンを押すとリセットされ、タイトル画面に戻ります。

2006年11月19日

DC『戦国TURB』

1999年1月14日発売/NECホームエレクトロニクス/5,800円(別)/A・RPG/1人用/19ブロック
0501.jpg0501-ura.jpg

<ゲーム内容>
 らいよん惑星に墜落した少女じのちゃんが、ねこ軍の隊長になり、ねこ兵たちを率いてひつじ軍と戦を繰り広げるシュールなアクションロールプレイングゲーム。広いマップの中、フルポリゴンキャラによる多人数バトルは賑やか。3D視点で、360度移動可能。VGAボックス対応。

<操作方法>
 アナログ方向キー/方向ボタン・・・キャラクタの移動、カーソル移動、カメラの移動
 スタートボタン・・・一時停止/解除
 Aボタン・・・武器を使って攻撃、選択項目を決定、カメラのズームアップ
 Bボタン・・・会話、妖精たいにゃんの捕獲、くま・うさぎの説得、キャンセル、建物の出入り、カメラのズームダウン
 Xボタン・・・カメラモードの切り替え(近い→普通→遠い)
 Yボタン・・・戦闘中にオプション画面を開く
 Lトリガー・・・カメラ旋回(左回り)、項目切替
 Rトリガー・・・カメラ旋回(右回り)、項目切替
 Lトリガー+Rトリガー・・・マップ表示モードの切り替え、通常表示モードに戻る
※ゲーム中に、A+B+X+Yボタンを同時に押した状態でスタートボタンを押すと、リセットされ、タイトル画面に戻ります。

<ストーリー>
 じのちゃんは子どもの頃からとてもかわいい子でしたが、周囲に差別されたり、自覚なく変なことや酷いことをやりまくっていまちた。
 じのちゃんは、赤ん坊の頃、ダンボール箱に入れられて道端に捨てられていたところを、今のママに拾われました。
 ママは、周囲から偏見の眼差しを浴びながらも、じのちゃんが将来立派な人になるように願って、かわいがっていまちた。
 ある日のこと、じのちゃんは家庭教師から、なにかを教わりました。

家庭教師 「いいか、しっかり精神を集中して、おれのいうとおりにやってみな」
じのちゃん 「ぐうぐう」
家庭教師 「にゃんやんわんあーん!」


 先生が呪文を唱えると、目の前のどうぶつおうこく(ぬいぐるみ群)が、一瞬命を吹き込まれたかのようにしゃべりまくりました。

ぬいぐるみ 「はおー!」
じのちゃん 「はおー!」
家庭教師 「さあ、じのちゃん・・・」


 そのとき、ママが部屋に入ってきました。

ママ 「じの、ごはんできたわよー。先生も食べていらして」
じのちゃん 「ママー、ママー。ちょっとちょっと!みてみててみて!」
ママ 「すごいわねーみせてみせて」
じのちゃん 「あわごーあわごあわご!」
家庭教師 「い、いっかーん!いかーん!」
ママ 「キャー!」


 一瞬部屋が光ったかなと思うと、ママの体は砂のように崩れ去って跡形も無くなっていまちた。

じのちゃん 「ママー(泣)!」


 この事件の後、じのちゃんは泣きながら、町を追われるように出て行きました。



 何年か経ちじのちゃんは、宇宙を放浪しながら行く先々で、芸(泥棒・詐欺稼業(人助け))をちたり、人前で芸を披露(大道芸)したりするうち、宇宙警察や星間商人に追いかけられるようになっていきました。

 今から少し前、放浪の旅の途中、謎の男ドッパとその軍隊に襲撃されているねこぱけっと星を見つけました。
 ねこぱけっと星の住民であるねこぱけっとは、平和を愛する者たちですがすごい科学力を持っていて、それをドッパは利用しようとしたのです。
 じのちゃんはどういうわけかなんとなく、ねこぱけっと達を助けようと思いました。
 じのちゃんは、ねこぱけっとの作った強力な武器をただでもらい、ドッパの軍隊をバリバリなぎ倒していきました。ときには、助けるはずのねこぱけっとをどさくさにまぎれてうっかり殺してしまったりもしたみたいです。
 そして、いよいよドッパを追い詰めました。しかし、ドッパを狙って撃ったはずのビームが、ねこぱけっと星のコア(じゅうようぶぶん)をこわしてしまい、コアは暴走、ねこぱけっと星自体が大爆発を起こして消滅してしまいました。
 ドッパはワープして逃げ、じのちゃんも危機一髪、そのへんにあった宇宙船で脱出したのですが、爆発の衝撃でおされ、らいよん惑星に激突してしまいました。

 じのちゃんの宇宙船は、らいよん惑星にぶつかった衝撃で壊れて、地面には深い穴ができました。
 じのちゃんは衝撃と興奮で頭がくらくらしていましたが、けがとかはしませんでした。
 じのちゃんは、光に吸われて、穴の外に出てみました。辺りを見渡すとそこにはたいへんな光景がひろがっていまちた。丘の向こうに赤い丸いものが見えます。じのちゃんは、とりあえずそこに吸われてみることにしました。

2006年10月29日

DC『スーパースピード・レーシング』

1999年3月25日発売/セガ/5,800円(別)/RCG/1〜2人用/12ブロック
0481.jpg0481-ura.jpg

<ゲーム内容>
●ワールドワイドに展開する全19戦のチャンピオンシップシリーズ
●チャンピオンシップシリーズ参戦のチーム&ドライバーが実名で登場
●オーバル、ロード、ストリートなど実在する全19コースを再現

<操作方法>
【ドリームキャスト・コントローラ】
 方向ボタン・・・項目の選択
 アナログ方向キー・・・ステアリング/項目の選択
 スタートボタン・・・ポーズメニュー
 Aボタン・・・シフトアップ/項目の決定
 Bボタン・・・バック(Rギア)/キャンセル
 Xボタン・・・シフトダウン
 Yボタン・・・視点の変更
 Lトリガー・・・ブレーキ
 Rトリガー・・・アクセル
※ゲーム中にA+B+X+Yボタンを同時に押しながらスタートボタンを押すと、タイトル画面に戻ることができます。

【レーシング・コントローラ】
 ハンドル・・・ステアリング/項目の選択(左右)
 +ボタン・・・シフトアップ/項目の選択(上)
 −ボタン・・・シフトダウン/項目の選択(下)
 スタートボタン・・・ポーズメニュー
 Aボタン・・・バック(Rギア)/項目の決定
 Bボタン・・・視点の変更/キャンセル
 Lレバー・・・ブレーキ
 Rレバー・・・アクセル
※A+Bボタンを同時に押しながらスタートボタンを押すと、タイトル画面に戻ることができます。