2009年02月05日

MD『四天明王(してんみょうおう)』

1990年8月10日発売/シグマ商事/6,200円(別)/ACT/1〜2人用(2人同時プレイ可能)
0959.jpg0959-ura.jpg

<ゲーム内容>
 小太郎、アヤメ、千四郎、気電坊といった4人のキャラクターたちを操り、9ラウンドで構成されたステージをクリアしていくライフ制のアクションゲーム。1〜6のラウンドは、任意で順序を決定できる。最終ラウンドは、4人に代わり「四天明王神」が「阿修羅」と対決する。難易度はNORMAL、HARDの2段階。

<操作方法>
 方向ボタン・・・プレイヤーの移動
 スタートボタン・・・プレイヤーセレクト(ゲーム中に他のキャラクターに交代できます。)
 Aボタン・・・攻撃
 Bボタン・・・ジャンプ、飛び降り
 Cボタン・・・スペシャル
※オプションでA〜Cボタンの設定変更ができます。

<ストーリー>
 邪悪なる力が空から、いや宇宙の果てからやってくる。その力は、地上の人間たちを、紅蓮の力で支配するだろう。その力に勝つには、強い意志と強靭な肉体を持ったものでなければならない。
 人間のすむ地上とは別の次元に、神々のいる天井界があり、そこにはさまざまな神が暮らしていた。神々は地上の人間を見守っていたが、人間たちは時がたつにつれ、神から与えられたこの地上を自らの欲望のまま汚していった。
 神々はそんな人間たちにあきれかえり、地上と天上の入り口を閉ざしてしまった。しかし、そこにつけ込んだ邪悪なる神がいた。その名を阿修羅という。阿修羅とは、多くの魔物を操り、魔界の王と呼ばれた恐ろしき神であった。
 阿修羅は、堕落しきった人間たちを支配しようと、地上へ次々に魔物を送り込んだ。人間たちは逃げまどい、多くのものたちが取り憑かれ喰い殺された。
 そんな地上での出来事に驚いた神々も、阿修羅の野望を知り、神を束ねる最大の神のもとに集まり会議を開いた。
 阿修羅は魔界だけではもの足りず、人間界までをも手にいれようとしている。そんな勝手を許してはならない。一人の神、四天明王神が立ち上がった。四天明王神とは地球の東、西、南、北を守る神であった。

”4人の人間を選び我が力を与えよう”

 雲が割れ閃光とともに、力とメッセージが4人の選ばれし者達の肉体へと届けられた。
posted by 将 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

MD『HEAVY UNIT(ヘビーユニット メガドライブ・スペシャル)』

1990年12月26日発売/東宝/6,500円(別)/STG/1人用
0947.jpg0947-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アイテムでパワーアップしたり、自機を戦闘機からロボットへ、ロボットから戦闘機へ変形することが可能な横スクロールシューティングゲーム。自機の操作フィーリングを調整したり、プレイ画面を最大9分間録画[RECORD]・再生[REPLAY]したり、画面の色を反転させたり[INVERT]、画面の色を様々に変化させる[COLORA、COLORB、COLORC、COLORD、COLORE、COLORF]ことができるオプションあり。難易度はEASY・NORMAL・HARDの3段階。

※[ ]内は、OPTIONのPASSWORDで実行できます。

<操作方法>
 方向ボタン・・・自機の移動
 スタートボタン・・・ポーズ(ゲーム中)
 Aボタン・・・ビーム砲[BEAM]
 Bボタン・・・爆弾[BOMB:パワーが1段階アップするまで使えません。]
 Cボタン・・・ビーム砲[BEAM]
※A〜Cボタンの武器の割り振りは、オプション・モードで変更出来ます。

<ストーリー>
植民星ル・ダウで何が起こったのか?
発足したばかりの連邦宇宙軍指令部にとって、それは最初の試練だった。
時は21世紀初頭。遺伝子操作による惑星の改造計画が、今思いもよらぬ破綻を迎えようとしているのだ。植物の生態系異常に端を発したル・ダウの「生命の混濁」は、ついに動物にまで及び、その「混濁」が人為的な遺伝子操作の産物である事が明らかになって、事態は急変した。
異形の動植物の背後に、ある「敵」が存在するのだ。その「敵」に操られた動物が植物が、さらに機械的改造を施され、いわば「生体機動兵器」となってル・ダウに攻撃を仕掛けてきているのだ。植民者たちは、満足な武器も持たずに敵の攻撃にさらされている。そして・・・・・・。いっさい援軍を送ることなく、いたずらに議論で時を費やしていた連邦宇宙軍司令部がついに下した最終決定とは、「ル・ダウの放棄」だった。
その頃、植民者たちの間に奇妙な噂が広まっていた。「誰かがル・ダウのために立ち上がった!」「敵と戦う機動メカを見た者がいる!」赤いスペース・ジャケットのパイロット。コックピットの側面には、「ヘビーユニット」と書かれているという。所属・性能など一切不明。敵か味方かも定かではない謎の機動メカに、ル・ダウの人々は最後の望みを賭けた。いま、植民者の希望をのせて「ヘビーユニット」が跳ぶ!
posted by 将 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

MD『MAZIN SAGA(マジンサーガ)』

1993年2月26日発売/セガ/6,800円(別)/ACT/1人用
0945.jpg0945-ura.jpg

<ゲーム内容>
 永井豪原作の漫画をゲーム化。通常は横スクロールのアクションゲームで、ダッシュや回転切り、百烈アタック、ジャンプキックなど方向ボタンやABCボタンの組み合わせで多彩なアクションを駆使し、ボス戦は1対1の対戦格闘風巨大化バトルが展開される。ステージの途中で、ボスの巨大な手や足が襲ってくるなどの演出もあり。難易度は、EASY、NORMAL、HARDの3段階から選択でき、プレイヤー数やコンティニュー数はオプションで変更可能。

<操作方法>
 方向ボタン・・・プレイヤーの移動/通常時のみ、ダッシュ移動(横方向に2回)
 スタートボタン・・・ゲームスタート/ポーズ(もう一度押すと解除)
 Aボタン・・・通常時は必殺十字切り、巨大化時はガード
 Bボタン・・・アタック
 Cボタン・・・ジャンプ

<プロローグ>
 1999年。ゴッドカイザー・ヘルは軍団を率いて地球を急襲、人類はわずか数カ月で制圧された。軍団の攻撃により地上は破壊、汚染しつくされ生態系は狂い、その様相を一変させた。生き残った人々は地下に逃げ、軍団の攻撃に怯えながら生き続けた・・・。その恐怖と絶望の中、兜博士は軍団の目を逃れて”神の鎧”を完成させる。その鎧を装着してマジンガーZに変身した一人息子の甲児は、ヘル軍団から人類を解放すべく立ち上がった。

<裏技>
[ボス戦だけプレイ]・・・オプション画面で、「SOUND TEST」を18、「SE TEST」を72に設定し、ゲームスタートさせる。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

MD『VERMILION(ヴァーミリオン )』

1989年12月16日発売/セガ/8,500円(別)/A・RPG/1人用
0940.jpg0940-ura.jpg

<ゲーム内容>
 世界中に散らばっている8つの指輪を集め、亡き父の仇であり、全世界を手に入れようとしているアーネスト軍の皇帝・ロルカ3世を倒すのが目的のアクション・ロールプレイングゲーム。フィールドやダンジョンは3D、町や村の中は2Dで構成されている。通常戦闘は全方向移動可能なトップビューアクションで、ボス戦は1対1の迫力あるサイドビューアクションとなっている。メモリーバックアップ搭載で、セーブは3つまで。AM2研の作品で、バーチャルコンソールで配信中(600Wiiポイント)。

<操作方法>
 方向ボタン・・・主人公を上下左右に移動させます。(ボスと戦うときは左右にのみ動け、下に押すと伏せます。)町・村の外を移動するときは、次のように操作してください(上:前に進む、下:後ろに下がる、左:左を向く、右:右を向く)。画面にウィンドウが出ているときは、コマンドを選ぶために使います。
 スタートボタン・・・ゲームをスタートさせるときなどに使います。ゲーム中は、メッセージのスピードを変更するときに使います。
 Aボタン・・・戦闘画面で魔法を使います。それ以外のときは使用しません。
 Bボタン・・・選んだコマンドをキャンセルします。
 Cボタン・・・画面にウィンドウが出ているときは、選んだコマンドを決定するために使います。また、メッセージウィンドウに↓が表示されているときは、このボタンを押すとメッセージの続きが出ます。戦闘画面では剣を振るときに使います。

<プロローグ>
 はるか昔、まだ人間がこの大地に出現する以前のことである。のちに神と呼ばれる存在となる8人の者が、大地を支配していた。
 彼らはお互いを、「知識」「天空」「風」「火」「水」「美」「大地」「力」と呼び合い、自分自身では制御しきれなくなった己の力を、8つの指輪に封じ込めた。

 幾万年かの歳月が流れた。人間が大地を支配するようになり、8人は神と呼ばれるようになっていた。そして、8つの指輪の力に気づいた人間は、欲望にかられ、同じ力を持つ指輪をもっと作り出そうとした。
 悲劇は、このとき始まった。8つの指輪は暴走し、世界中を襲い始めた。海は荒れ、大地はひび割れ、何年もの間、嵐の日々が続いた。
 ようやく嵐がおさまったときには、世界はその姿をまるで別のものに変えていた。今まで蓄積されてきた人間の文明はすべて破壊され、異様な姿をした生物が大地をうろつき、わずかに生き残った人間を襲うようになっていた。

 そして、8つの指輪はそれぞれ、善の属性を持つものと、悪の属性を持つものとに分割されたのである。

 時は流れ、人間はふたたび文明を取りもどした。いくつかの国が生まれ、”セント・ヴァーミリオン”と呼ばれる階級の者たちが、それぞれの国を統治していた。
 そのひとりであるフョードル国のリラダン5世は、偉大なる力と厚い人望で、だれからも愛されていた。彼は、どんなときでも落着いていた。アーネスト国のロルカ3世が、彼の首を狙って進軍を始めると聞いたときでさえ、動じなかった。
 しかし、アーネスト軍がフョードル国内に侵入し、国民を殺戮するのを見て、初めて驚嘆した。炎につつまれたフョードル城で、リラダン5世は覚悟を決めた。まだ年端もいかぬ息子を、家臣のシャトリアンに託し、二人を城から落ちのびさせたのである。

 18年がたち、赤ん坊はりっぱな若者へと成長した。そして今、物語が始まる――。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

MD『THUNDER FORCE II MD(サンダーフォースII MD)』

1989年6月15日発売/テクノソフト/6,800円(別)/STG/1人用
0937.jpg0937-ura.jpg

<ゲーム内容>
 X68000から移植のシューティングゲーム。全9面(惑星ネピュラ上空、敵機発着ポート、地下都市上空、ハイウエイ、洞窟、廃棄パイプ内、古代遺跡、遺跡内部、超兵器戦闘要塞プレアレオース)で、奇数面が8方向任意スクロール、偶数面が強制横スクロールの構成になっている。奇数面、偶数面それぞれに異なるパワーアップアイテムが登場し、自由に変更できる。現在、シリーズは6作発売されている。

<操作方法>
 方向ボタン・・・愛機を8方向に動かすために使います。モード設定時には、左右に操作して選びます。
 スタートボタン・・・ゲームをスタートするときなどに使います。ゲーム中にスタートボタンを押すと、静止画面(ポーズ状態)になります。ゲームを再開するときは、もう1度スタートボタンを押してください。
 Aボタン、Cボタン・・・兵器選択用。
 Bボタン・・・ショット用。

<プロローグ>
 我が連邦軍の宿敵オーン星系による攻撃は超兵器戦闘要塞プレアレオースによるものだった。
現在、要塞は惑星ネピュラの空間ドッグにいる。連邦軍司令部はエクセリーザによる、プレアレオース破壊作戦・サンダーフォースIIを発動した。連邦軍の若きエース・ライドはつぶやく。「惑星ネピュラは、俺の故郷だった。だが18年前オーンの攻撃を受け、今はヤツの支配下にある。おふくろが死に親父も戦死した。仲間も消えていく。もう、奴らの自由にさせてたまるか。俺はやるぜ!」

エクセリーザは

一筋の光となって

旅立った!
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

MD『雀皇登龍門(じゃんおうとうりゅうもん)』

1993年11月19日発売/セガ/6,800円(別)/TBL(麻雀)/1人用
0927.jpg0927-ura.jpg

<ゲーム内容>
 日本プロ麻雀連盟公認ソフト。「競技麻雀練習」「競技麻雀勝ち抜き戦」「競技麻雀昇級試験」「一般麻雀練習」「一般麻雀勝ち抜き戦」などのゲームモードが用意されている。競技麻雀では、ツキなどの不確定な要素をできるだけ取り除いた実力(打ち筋)のみを反映している。取扱説明書の最後には、登場プロ雀士、日本プロ麻雀連盟、タイトル戦の紹介あり。セガマウス対応作品。

<操作方法>
【コントロールパッドの操作】
 方向ボタン・・・コマンド選択、牌を選択
 Aボタン、Cボタン・・・コマンド決定/牌を切る/鳴きキャンセル/モード切り替え/入力終了
 Bボタン・・・キャンセル、コマンドウィンドウ/動作モードウィンドウを開く、閉じる

【セガマウスの操作】
 マウス移動・・・方向ボタンと同じ
 左ボタン・・・A/Cボタンと同じ
 右ボタン・・・Bボタンと同じ
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

MD『パチンコクーニャン』

1992年12月18日発売/ソフトビジョン/8,500円(別)/TBL(パチンコ)/1人用
0924.jpg0924-ura.jpg

<ゲーム内容>
 パチンコに出かけたきり行方不明になったお父さんを探しに行くというストーリーで、規定台数(ツンジェ20台、シャージェ30台、チュージェ20台、ドンジェ20台、パンダワールド10台)を打ち止めにすると、そのフィールドはクリアとなり、次のフィールドへ行くことができる。パチンコ台は、「ファイト一発/バッドボーイズ」「ホップ・ステップ・ジャンプ/タイムアップ」「かたつむり」「コスモポリタン/メリーゴーランド」「エモーション」「クロスライン」「パニックゲート/ショートサーキット」「プリティーガール/オーマイガー」「グレートサンダー/ポーカーフェイス」「オーディション/パレード」「カチカチ山/ポイントゲッター」などが用意されている。

<操作方法>
 方向ボタン・・・全体マップでは、左右で街を選びます。街や、パチンコ店内で『連ちゃん』を上下左右に移動させます。上下でメニューを選択します。パチンコ台画面で、左右でバネの強弱を調整します。右を押すと強く、左を押すと弱くなります。パスワード入力画面で、文字を選びます。
 スタートボタン・・・ゲームを開始します。パチンコ店内で、街に戻るときに使用します。街で、全体マップに戻るときに使用します。
 Aボタン・・・パチンコ台で、サブメニューを表示します。
 Bボタン・・・固定打法を使用します。
 Cボタン・・・メニュー画面などで、コマンドの決定に使用します。台の選定で、使用します。パチンコ店内で、会話をします。パチンコ台で、玉の打ち出しに使います。カウンターで、パスワードをもらうとき使用します。

<ストーリー>
『YOKOHAMA・パチパチ中華街』
ラー油の香りと活気に満ちた、ちょっと変わったパチンコアイランドです。

この中華街、もとはごく普通の中華街だったのですが、
ここに住むある中国人が”パチンコ”に目をつけ、
この中華街にパチンコ店をオープンしたのでした。
するとどうでしょう。アッという間に大人気。
パチンコ店は次々と増え、9店舗にもなりました。
―――と、ここまでは良かったのですが・・・・・・。

どこからか噂を聞きつけた謎のパンダが現れ、
この中華街を買いしめてしまったのでした。
そして自らも、ゴージャスで妖しい魅力を漂わせた、
パチンコ店の建設をはじめたのでした。
その頃からです。
行方不明者が続出するようになったのは・・・・・・。

「あのパチンコ店に行ったら、二度と帰って来れない。」

街の人々は口々に噂しあいました。
それでも、そのパチンコ店の妖しい魅力に勝てず、
行方不明になる人は後を絶ちませんでした。

とあるウーロン茶屋『恋々(れんれん)』。
ここの主人であるパチンコ好きの陳さんも、
パチンコ店の噂を聞き、YOKOHAMAのパチパチ中華街へ行くと
言って出かけたきり、行方不明になってしまいました。

数年後、一人の占い師が予言をしました。
「もうすぐ、あのパチンコ店の力を封じ込める者が現われる。
それは、南方より来る女の子・・・・・・。」

ここに18才になった、ウーロン茶屋『恋々』の一人娘連がいます。
「お母さん、私、YOKOHAMAのパチパチ中華街に行って、お父さんを探してきます。」
そう言い残して、連は幼い頃別れた父を探すべく、
YOKOHAMAのパチパチ中華街を目指すのでした。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

MD『THE KILLING GAME SHOW(キリング・ゲーム・ショー)』

1993年8月20日発売/エレクトロニック・アーツ・ビクター/8,900円(別)/ACT/1〜2人用(2人用は交互にプレイ)
0921.jpg0921-ura.jpg

<ゲーム内容>
 1991年に海外で発売されたタイトルの移植。下から迫ってくる硫酸の海に気をつけながら絶体絶命の危険な12レベルのステージをクリアして、生還するのが目的の縦横移動可能なアクションゲーム。プレイヤーは、テレビ番組「キリング・ゲーム・ショー」の出演者になって生死を賭けた限界に挑む。難易度は、EASY・NORMAL・HARD・HARDESTの4段階で、EASYのみコンティニューフリー。

<操作方法>
 方向ボタン上・・・ジャンプ/壁を登る
 方向ボタン下・・・伏せる/アイテムを拾う/壁を降りる
 方向ボタン右斜め・・・右にジャンプ
 方向ボタン左斜め・・・左にジャンプ
 方向ボタン右・・・右に移動
 方向ボタン左・・・左に移動
 スタートボタン・・・ポーズ/ポーズの解除
 Aボタン・・・リプレイ時の早送り
 Bボタン・・・攻撃
 Bボタンを押し続ける・・・アイテムの使用
 Cボタン・・・ジャンプ/壁を登る
posted by 将 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

MD『G−LOC(ジー・ロック)』

1993年2月26日発売/セガ/6,800円(別)/STG/1人用
0920.jpg0920-ura.jpg

<ゲーム内容>
 制限時間内に決められた数の敵を撃破し、いくつかのミッションからなる全4ステージをクリアしていく3Dシューティングゲーム。難易度は、EASY・MEDIUM・HARDの3段階。

<操作方法>
 方向ボタン・・・自機の移動、設定や項目などを選ぶ
 スタートボタン・・・ゲームスタート(ゲーム中はポーズ)
 Aボタン・・・バルカン砲
 Bボタン・・・ミサイル
 Cボタン・・・アフターバーナー(加速)

続きを読む
posted by 将 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

MD『KING OF THE MONSTERS(キング・オブ・ザ・モンスターズ)』

1993年11月26日発売/セガ/6,800円(別)/B・ACT/1〜2人用
0917.jpg0917-ura.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植。選んだモンスターによる1対1の勝ち抜きバトルを行い、全ステージをクリアし、モンスターの王者(キング・オブ・ザ・モンスターズ)になることが目的の対戦格闘アクションゲーム。難易度は、EASY・NORMAL・HARD・MANIAの4種類。

<操作方法>
 方向ボタン・・・各モンスターを移動させる。左右ボタンを同じ方向に素早く2回押すと、ダッシュ移動
 スタートボタン・・・ゲームのスタートとポーズ
 Aボタン・・・パンチ攻撃
 Bボタン・・・キック攻撃
 Cボタン・・・ダッシュ移動
 Aボタン連打・・・技をかけられたりフォールされたときに、逃げることができる
 A+Bボタン・・・同時に押してジャンプ移動
 A+Bボタン押し続ける・・・各モンスターの必殺技

<プロローグ>
近未来の地球での出来事・・・・・・。
高度に発達した文明は、次々と自然を破壊していき、
自然界のバランスは大きく崩れ始めていた。
大いなる我らが地球は、確実に病んでいた。

そして・・・・・・。
世界各地に想像を絶するモンスターが、一斉に出現し始めた!!
狂った自然界が生み出した突然変異の超生物。
それがモンスターの正体だった!!
パニックに陥った人々を無視して、建物という建物を破壊していくモンスター。
人類が生み出した軍隊など、まるで歯が立たないのだ!
ある時期からモンスターは、自分達の中で誰が最強のモンスターなのか・・・・・・?
という疑問を持ち始めた。
そしてモンスターが出会うと、自分の強さを確かめるために、
命をかけた大バトルが繰り広げられた・・・・・・。

このような戦いをくぐり抜けた強力モンスター4体が、
最終決戦のために選んだ場所は、
自然破壊の元凶『文明国家の島国』であった・・・・・・。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする