2012年12月18日

MD『EX−RANZA(エクスランザー)』

1993年5月28日発売/セガ/6,800円(別)/A・STG/1人用
1465.jpg

<ゲーム内容>
 支援機との合体・分離によって、攻撃のバリエーションが多彩なロボットアクションシューティングゲーム。全6面。シャドウ・ハイライト機能を使った効果的な演出やグラフィックが特徴。コンティニューは3回までで、スコアを20万点取るごとに一回増える。

<操作方法>
 方向ボタン・・・エクスランザーの移動。支援機との合体、分離。(アッパーと合体時:下に押し続けるとジャンプ。)
 スタートボタン・・・ゲームスタート。ゲーム中に押すとポーズ、もう一度押すと解除。
 Aボタン・・・左方向に撃つ。一回押すと方向転換し、押し続けるとその方向に通常弾を連射。
 Bボタン・・・特殊武器を使う。(支援機と合体している時に、特殊武器のチェンジ。)
 Cボタン・・・右方向に撃つ。一回押すと方向転換し、押し続けるとその方向に通常弾を連射。
 Xボタン・・・左方向に走行。
 Yボタン・・・特殊武器を使う。
 Zボタン・・・右方向に走行。

<ストーリー>
 未来世紀。世界戦争によって荒廃した地球に、宇宙から贈り物が届いた。それは宇宙の知性によって作り出された「ターミナル」と呼ばれる装置だった。人々は、このターミナルを利用し、地球を復興させようと考え、「地球管理局」を設立する。

 それから十数年が経過し、地球はかつての青さを取り戻しつつあった。しかし、管理局の体制に反動する男が現れた。彼の名はオジー・ワイズ彼はターミナルを利用し、自分が支配する新たな世界を作ろうとたくらんでいた。しかしターミナルと交信できるのは、精神波を操れる「選ばれし民」だけだ。そこで彼は、未完成ながら強力な精神波を持つ少女ニーナ・アリスを、我がものとするため、ニーナの所属する「ターミナル研究本部」――地球管理局へ攻撃を始めたのだ。

 オジー・ワイズの強力な機兵師団の前に、たちまち管理局側は劣勢を強いられ、世界戦争時に放棄された砂漠の基地に追い詰められてしまう。そんなとき管理局の一員であり、ニーナの幼なじみでもあるケイン・ブライマンは、攻撃によって崩れた廃墟の中から、人型戦闘マシン「エクスランザー」と二機の支援機を発見する・・・。

<裏技>
〔コマ送り&スキップ〕・・・ゲーム中にスタートボタンでポーズをかけ、上、下、上、下、上、下、Cボタン、Bボタン、Aボタン、右、左の順番に押す。効果音が聞こえれば成功。Aボタンでコマ送り、Bボタンでスキップできる。スキップの順番(1面通常面→1面ボス→2面通常面→2面ボス→3面通常面→3面ボス→4面通常面→4面ボス→5面通常面→5面ボス→6面通常面→6面ボス(前哨戦)→6面ボス→エンディング)

続きを読む
posted by 将 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

MD『AERO BLASTERS(エアロブラスターズ)』

1991年1月31日発売/KANEKO/6,000円(別)/STG/1〜2人用
1442.jpg1442-ura.jpg

<ゲーム内容>
 AC『AIR BUSTER(エアバスター)』の移植。2人同時プレイ可能な高速横スクロールシューティングゲーム。パワーアップアイテムにより武器の変化と、ブラスターフラッシュで全6面を進んでいく。難易度は4段階(EASY(やさしい)、NORMAL(普通)、HARD(やや難しい)、HARDEST(難しい))から選択可。1990年には、PCE−Huにも移植された。

<操作方法>
 方向キー・・・自機を8方向に移動
 スタートボタン・・・ゲームスタート、ポーズ
 A、Cボタン・・・押し続けるとエネルギーを貯めることができます。ボタンを離すと、ブラスターフラッシュが放出されます。
 Bボタン・・・ノーマルショットを発射します。

<STORY>
−−A.D.2030年。彼らは平和だった地球に、突然侵略を開始して来た。彼らとは「MEGA LOAD MASTERS」。自らの科学力により、その身を無機質のメカで固め、地球上の有機生命体の抹殺を計る者たちである。その攻撃力は圧倒的で、地球のどの国の軍事力も歯が立たず、ただ滅亡を待つのみのようにおもわれた。
 しかし、まだ希望を捨てない男がいた。チャールズ・K・竹田、彼はあたかもこの日が来るのを予知していたかのように大西洋の孤島へ家族、そして数人の友人たちと移り住み、「ブラスターシステム」の開発を進めていたのだ。ブラスターシステムとは、人間の持つ特殊な精神波を増幅させ、物質の元素を自由に操ることを可能にするシステムである。これによって、物質の移転や空間の破砕など、さまざまな超現象を可能にするのだ。
 そして今、ブラスターシステムを搭載した2機のスーパーマシン「ブラスター1」と「ブラスター2」は完成した。それぞれに竹田の特殊な訓練を受けた娘、息子が乗り込み、M.L.M.を倒すべく、巨大空母「ブラスターベース」から発進する・・・・・・。
posted by 将 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

MD『ウインターオリンピック』

1994年2月11日発売/セガ/7,800円(別)/SPT(複合競技)/1〜4人用(※競技によってプレイヤー数が異なる)
1430.jpg

<ゲーム内容>
 ウインタースポーツ10種類(ダウンヒルスキー、スーパーG、ジャイアントスラローム、スラローム、フリースタイルモーグル、スキージャンプ、ボブスレー、リュージュ、バイアスロン、ショートトラックスピードスケート)の競技で勝負する。使用言語は、英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語・ポルトガル語・ノルウェー語・スウェーデン語の8種類から選べる。同日にゲームギア版も発売された。

<操作方法>
 方向ボタン・・・各種設定の選択、キャラクターやポインターの移動に使用します。
 スタートボタン・・・各モードのスタートや決定、競技中のポーズに使用します。
 Aボタン・・・各種競技のアクション、キャラクター選択に使用します。
 Bボタン・・・各競技のアクション、キャラクター選択に使用します。
 Cボタン・・・各競技のアクション、キャラクター選択に使用します。
※X、Y、Zボタンは使用しません。
posted by 将 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

MD『UNDEAD LINE(アンデッドライン)』

1991年12月20日発売/パルソフト/8,800円(別)/STG/1人用
1403.jpg

<ゲーム内容>
 MSX2から移植の縦シューティングゲーム。全7面で、最終ステージ以外の6ステージ(FOREST、CEMETERY、RUINS、ROCK、CAVE、DRAIN)は自由に選択可。「剣」、「投げナイフ」、「斧」、「精霊」、「雷撃弾」、「ブーメラン」、「火炎放射」などの武器アイテムや戦いが有利になるプラスアイテム、戦いが不利になるマイナスアイテムもある。難易度は、EASY、NORMAL、CRAZYの3段階。X68でも発売された。

<操作方法>
 方向ボタン・・・ゲーム中はプレイヤーの移動に使います。ステージ・セレクト画面とパラメーター・セット画面ではカーソルの移動に使います。
 スタートボタン・・・ゲームのスタートや項目の決定に使います。ゲーム中では一時停止に使います。
 Aボタン・・・(アイアン・ボール) 1ゲーム中に3回まで、アイアン・ボールを使うことができます。アイアン・ボールは、プレイヤーの周りを回りながら、敵や敵の弾など、ほとんどの攻撃を防ぎます。しかし、一定のダメージを受けると消えてしまいます。
 Bボタン・・・(武器発射) 剣以外の武器アイテムは、宝箱の同じアイテムをとることによって、3段階まで強くなっていきます。ただし、プレイヤーが死ぬと使用中の武器アイテムは無くなってしまいます。
 Cボタン・・・(防御) 装備している盾を構えることによって、前方を広範囲に防御することができます。ガラスの破片やボスキャラの一部の攻撃に対しても有効です。

<STORY>
 まだこの大地に人が現われる前、神族と巨人族と呼ばれる者たちがいた。その2つの種族はどちらがこの大地の覇者かを得るために、互いに相手を殺し合ってきた。そして幾年が過ぎたのち、巨人族は大地を揺るがすほどの力をもった4体の生物兵器(輝光・灼熱・汚染・虚無)を造り上げた。そして使われてはいけないその忌まわしき力は大地の果てまで放たれ、ラグナロックと呼ばれるその日から7日7晩で、ほとんどの神族はおろか巨人族をも大地ごと滅ぼしてしまった。

 その後この2種族が大地に再び現われたという話は未だ聞かない。


 ラグナロックが神話と呼ばれる様になってから久しいときの、ある場所にジタン王国という国があった。それまで平和であったこの国は、突然ブラーゼン伯爵と名乗る男の率いる魔物の軍団に攻め込まれたのであった。ジタンの軍事力は永い平和のため衰えていたが、時の国王ファーレンハイト2世の巧みな兵法により、魔軍の侵攻を阻止するどころか逆に魔軍を追い込んでいった。

 そなに最中、古代巨人族が神々に対抗するために造ったといわれる生物兵器の1つ”輝光”(邪眼のバラー)を、ブラーゼン伯爵が復活させつつあるという凶報が入った。

 バラーの力を封じ込めるには、かつて神族が持っていた力と同等の力を持つ高エネルギー体「ロシュファの魂」が必要だということを知ったファーレンハイト2世は、ジタン王国を訪れた不思議な力を持つ戦士レオンに、「ロシュファの魂」の探索を託すのであった。

 戦士レオンの物語はここから始まる。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

MD『美少女戦士セーラームーン』

1994年7月8日発売/マーバ/8,800円(別)/ACT/1人用
1386.jpg1386-ura.jpg

<ゲーム内容>
 攻撃方法や演出が異なる5人のセーラー戦士(ムーン、マーキュリー、マーズ、ジュピター、ヴィーナス)から1人を選んで進むベルトスクロールアクションゲーム。ステージクリア時には成績表が表示される。

<操作方法>
 方向ボタン・・・移動
 Aボタン・・・攻撃(武器を持っているときは武器攻撃)
 Aボタン(タメ)・・・必殺技A(飛び道具)
 Aボタン連打・・・(連続攻撃)
 Bボタン・・・ジャンプ
 Cボタン・・・必殺技B
 コマンド入力・・・必殺技C
 つかみ+Aボタン・・・つかみ攻撃
 つかみ+Aボタン+方向ボタン・・・投げ
 斜めジャンプ+Aボタン・・・斜めジャンプ攻撃
 垂直ジャンプ+Aボタン・・・垂直ジャンプ攻撃
 ジャンプ+方向ボタン下+Aボタン・・・ジャンプ下攻撃
 方向ボタン右右(左左)+Bボタン・・・ダッシュジャンプ
 方向ボタン右右(左左)+Bボタン+Aボタン・・・ダッシュジャンプ攻撃

<ストーリー>
 月にかわって、おしおきよ!

 わたし、月野うさぎ。じつは、月の王国シルバー・ミレニアムの血をひく5人のセーラー服美少女戦士のひとり、セーラームーンなの。わたしたちの宿敵、ダーク・キングダムをやっつけてホッとしたと思ってたら、ある日突然復活したダークキングダムの夢を見たの。何でも憎しみエナジーがあいつらを復活させたっていうのよ、エーッ、信じられない!レイちゃんに占ってもらったら、どうやら十番デパートの方角に邪悪なエナジーを感じるっていうの。もう許せないダークキングダム!再び戦うのよ、5人のセーラー戦士たち。メイクアップ!月にかわって、おしおきよ!!
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

MD『魔王連獅子』

1991年10月25日発売/タイトー/6,800円(別)/ACT/1〜2人用
1369.jpg

<ゲーム内容>
 歌舞伎の世界をモチーフにしている2人同時プレイが可能なライフ制ベルトスクロールアクションゲーム。前口上(プロローグ)や筋書き(ゲーム内容)、舞台見物(画面の見方)、お座敷(オプションモード)、大道具、小道具(アイテムの使い方)など説明書の目次でも独特の言葉を採用。フライングパイルドライバーを使ってくるスモウ・ファイターや剣技の達人のヤクザ・マスター、ガキ(餓鬼)、忍者くの一、ベンケイ、ヨロイ武者、カラス天狗、邪念坊等など主人公に勝るとも劣らない個性的な敵キャラクターが登場。難易度は、易(5面まで)と難(6面)の2種類。

<操作方法>
 方向キー・・・プレイヤーの移動
 スタートボタン・・・ゲームスタート、ゲーム中のポーズ
 Aボタン・・・張り手やキックなどの攻撃
 Bボタン・・・プレイヤーのジャンプ
 Cボタン・・・妖術

【基本技】
 張り手・・・Aボタン連打
 蹴り・・・Bボタンでジャンプ中にAボタン
 前方(後方)宙返り・・・Bボタンでジャンプ中に方向キーを右(左)へ入れる。

【大技、連続技】
 宙返り蹴り・・・Bボタンでジャンプ中に方向キーを右(左)に入れ、そのままAボタン。
 回転ころがり・・・方向キーを進行方向に対し、2回入力。回転中は”無敵”です。
 スライディング・キック・・・回転ころがり中にAボタン
 投げ飛ばし・・・敵の隙につかまえて(かかえ上げます)そのままAボタン。
 逆転さかさ落とし・・・かかえ上げからBボタン、Aボタンの順に素早く押す。
 大回転投げ・・・Aボタンを押しながら敵の隙につかまえる。大回転中に敵キャラにぶつけふき飛ばす事が出来る。また、ほうり投げる時も、一直線上に敵キャラがいれば、まとめてダメージを与える事が出来る。

<プロローグ>
時は江戸末期、KABUKI界の支配をもくろむ
”闇KABUKI”は、禁断の裏KABUKIの
”芸”により”正統派KABUKI”界に
挑戦してきた。

正統派KABUKIの頭領達は、力を合わせ
これに立ち向ったが、善戦も空しく闇KABUKIの
暗黒のKABUKI・POWERに
よって今、まさにKABUKIの前に
屈しようとしていた・・・・・・。

それに対し正統派KABUKIの頭領達は、
富士山に封印されている、伝説のKABUKI・
ソルジャー”白獅子、赤獅子”兄弟を
解き放つ。

解き放されたKABUKI・ソルジャー達の
力はすさまじく、闇KABUKIの親方達を
つぎつぎこらしめていった。

そしてついにKABUKI・ソルジャー達は
闇KABUKIの首領を追いつめたが、彼の
術中にはまり、呪いの絵巻物の中に封印
されてしまう・・・・・・。

はたしてKABUKI・ソルジャー達は、
この奇怪な異世界から脱出し、闇KABUKIを
こらしめる事が出来るのだろうか。

<裏技>
〔超難(YEA RIGHT)モード〕・・・難モードをクリアすると選べるようになる。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

MD『FATMAN(ファットマン)』

1990年10月12日発売/サンリツ電気/7,800円(別)/B・ACT/1〜2人用
1358.jpg

<ゲーム内容>
 クローン、蛇女、悪魔、骨、機械、半人半牛、昆虫など様々な人種と闘うことができる異色の対戦格闘アクションゲーム。方向ボタンとの組み合わせによって、後方宙返り、前方ジャンプ、ハイキック、ローキック、ジャンプパンチ、しゃがみパンチ、ジャンプキック、しゃがみながらハイキック、前方へのジャンプキック、スライディングキックなどの技が出せたり、ファイトマネーによってアイテムを買う事ができる。醜悪な容貌のファットマンが美女をはべらせているシーンが印象的。

<操作方法>
【基本的な操作方法】
 方向ボタン上・・・ジャンプ
 方向ボタン下・・・しゃがむ
 方向ボタン左・・・方向転換、左移動
 方向ボタン右・・・右移動
 スタートボタン・・・ゲームスタート、ポーズ、画面を切り換える
 Aボタン・・・パンチ
 Bボタン・・・特殊攻撃、アイテムセレクト
 Cボタン・・・アイテム使用

<ストーリー>
 ”ファイトパレス”それは異人種格闘技の帝王「マンデュー・ザ・ファット」に支配される闘いの館・・・・・・・・・・・・。若きクンフーチャンピオン”レックス”はファイトパレスの噂を聞き、格闘技の頂点を極めるべく単身、ファイトパレスに乗り込んだ。そして、”マンデュー・ザ・ファット(FATMAN)”と相対する。「レックスよ、ここまで来たおまえの勇気だけは認めてやろう。だがおまえの技ではわしを倒すことはできないだろう。しかし、クンフーチャンプとなったおまえの技もこの目で見てみたい。わしの配下の闘士16人と闘ってみるがいい。もしそれで生き残ることができればおまえの相手をしてやってもいいぞ・・・。」これを聞いてレックスの闘志は燃え上がった。「ファットマンよ!そのブヨブヨした腹に俺のパンチをブチ込んでやる!!」果してレックスは16人の闘士を倒しファットマンと闘うことができるのか!?そしてファットマンを倒すことができるのだろうか・・・・・・。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

MD『Eliminate DOWN(エリミネート ダウン)』

1993年6月25日発売/ソフトビジョン/8,500円(別)/STG/1人用
1354.jpg

<ゲーム内容>
 複数の攻撃形態を変えれる戦闘機スティールパイロンを操作して、アミュレート・モンスターを倒すのが目的の全8ステージ横スクロールシューティングゲーム。CONFIGで、難易度(EASY、NORMAL、HARD)や自機数、連射の有無などを変更する事ができる。

■スティールパイロンとは?
 スティールパイロンとは、戦闘時の状況に応じた3段階の攻撃形態をもちバリヤー、ワープなどの特殊兵器を装備した超最新鋭宇宙戦闘機である。
 搭乗人数・・・・・・1名
 全長・・・・・・25m
 全幅・・・・・・13m 

〇ギガフラッシュ・・・後方の敵を跡形もなく破壊してしまうものすごい兵器だ!
〇パワーファイヤー・・・上下の敵を見境なく焼き尽してしまう。
〇フードバリヤー・・・すべての敵の攻撃を吸収し、ダメージを和らげる。
〇スーパークラッシュショット・・・ここより放つエネルギー弾は最大威力時、前方の敵を壊滅状態に陥れることができる。

<操作方法>
 方向ボタン・・・自機の操作
 スタートボタン・・・ゲームスタート/ポーズのON、OFF
 Aボタン・・・使用武器選択
 Bボタン・・・武器の発射
 Cボタン・・・使用武器選択
※ボタン操作は、コンフィグで変更することができます。
※ゲームポーズ中に方向ボタンの左右で、1速から7速までのスピード調整が出来ます。

<STORY>
 銀河歴299X

 人類の宇宙開拓は、銀河系のほとんどの惑星を開発するまでに至った。

 そんなある時、突然、宇宙空間に歪みが発生したのである。それは瞬時に収まったのだが、その歪みは1つの生命体を生み出してしまった。

 地球連邦政府は、この生命体を『アミュレート・モンスター』と名付けた。

 このアミュレート・モンスターが、膨張しつつ地球に接近している事を突止めた地球連邦政府は、この進行を食い止める為に、宇宙艦隊の全てを集結させ、モンスター破壊のために出撃した。

 そして、最新鋭のマルチフォーメーション戦闘機『スティールパイロン』に、アミュレート・モンスターの心臓部破壊命令が下った。

 今、不気味に静まりかえった宇宙に、スティールパイロンが、飛び立った・・・・・・・・・。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

MD『THUNDER FOX(サンダーフォックス)』

1991年7月26日発売/タイトー/8,500円(別)/ACT/1人用
1344.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の横スクロールアクションゲーム。通常攻撃以外にもバック転ジャンプ、回転アタック、飛びげりなどの特殊操作もできる。プレイヤーキャラクターは、火器の扱いに優れている「THUNDER」と体術に優れている「FOX」。CONFIGでは、難易度(EASY、NORMAL、HARD)やボタン機能の変更可。

<操作方法>
 方向キー・・・キャラクターやカーソルの移動
 スタートボタン・・・ゲームスタート、ポーズ/ポーズ解除
 Aボタン・・・ATTACK(攻撃ボタン)
 Bボタン・・・JUMP(ジャンプボタン)
 Cボタン・・・ITEM(アイテム使用ボタン)
※CONFIGモードで変更可能です。

<プロローグ>
199X年、世界はテロの嵐におおわれた。

侵略の魔の手は、陸に、空に、海におよんだ。

だが、それをはばむべく

勇敢に立ち向かう男たちがいた。



対テロリズム・チーム、”サンダーフォックス”
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

MD『FORGOTTEN WORLDS(フォゴットンワールズ)』

1989年11月18日発売/セガ/6,000円(別)/STG/1〜2人用
1343.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の多方向強制スクロールシューティングゲーム。行く手を阻む敵を倒しながらお金を入手し、ショップでアイテムを購入し、パワーアップする事もできる。オプションで難易度(NORMAL、HARD)や、スピード(SLOW、NORMAL、FAST)、AUTO FIREの有無が変更可。アーケードタイトルは、『ロストワールド』。コンシューマーでは、MDの他にPCE−SCD、PS2、VC(Wii版)などに移植、配信された。

※6ボタンパッドでゲームをスタートさせると、いきなりゲームオーバーになるので、MODEボタンを押しながら電源を入れるか、3パッドボタンあるいは初期のMDスティックを使用してプレイする。

<操作方法>
 方向ボタン・・・戦士とサテライトを8方向に移動
 スタートボタン・・・ゲームスタート、ポーズ、ポーズの解除
 Aボタン・・・左回転
 Bボタン・・・ショット
 Cボタン・・・右回転
※AボタンかCボタンを、Bボタンと同時に押すと、回転しながらショットします。

<ストーリー>
 かつて、人族と呼ばれる種族がいた。

 彼らの文明は、その明晰な頭脳により、飛躍的な発展を遂げていた。そしていつしか、宇宙の中でも重要な地位をしめるようになっていた。彼らはダストワールドという都市に住み、その平和と繁栄は、とどまるところを知らないかのようにみえた。

 

 ゴオォォォォォ―――――――――――――ッッッッッ。

 それは突然のことだった。天地を切り裂くような響きが、人族を襲った。

 「フフフ・・・・・・人族とやら。もはや最後だ。おまえたちにあるのは、死のみ!」

 声の主は、天帝バイオスであった。破壊神にして魔の創造主であるバイオスは、彼の生み出した邪悪神たちとともに、宇宙のあらゆる文明を滅ぼしているのだった。

 「殺れ!」

 目の前の物すべてが、大きく音を立てて崩れ落ちた。人族は、その知力と武力で、最後まで抵抗を続けたものの、ついに力尽き、滅んだのである。

 

 「チッ、ひでえ所だ」

 「ここは、いったい・・・・・・」

 廃墟となったダストワールドの片隅に、ふたりの若い男がいた。その服装や、たくましい腕に持った銃からみて、彼らが戦士であることは間違いなかった。

 

 「バイオス、許すまじ!」「バイオスを倒せ!」

 

 どこからともなく、声にはならない叫びが聞こえた。それは人族の執念ともいうべきものだった。人族の無念のオーラが、戦士たちをこの地に呼び寄せたのである。

 「どうやら、オレたち、バイオスの命をいただくことになるようだな。」

 「おう、ヤツの息の根を止めてやるぜ!」

 名もないふたりの戦士たちは、走り出した。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする