2013年10月22日

SFC『笑っていいとも!タモリンピック』

1994年4月28日発売/アテナ/9,500円(別)/ETC(ミニゲーム集)/1〜4人用
1542.jpg

<ゲーム内容>
 最大4人までプレイできる19種類のミニゲーム集。ゲームモードは、「ストーリー」、「リハーサル」、「コンフィグ」など。難易度は4段階(さる、るいじんえん、ひと、うちゅうじん)から選択可。

<操作方法>
【基本操作方法】
 十字ボタン・・・モード、プレイヤーセレクトなどでカーソルの移動(選択)に使用します。
 SELECTボタン・・・画面抜け
 STARTボタン・・・タイトル画面でのゲームスタート。各セレクト項目を決定します。
 Aボタン・・・モードセレクト、プレイヤーセレクトの決定、画面抜けに使用します。またストーリーモードでは、ルーレットをストップします。
 Bボタン・・・ストーリー時、ルーレットをストップします。
 Xボタン・・・ストーリー時、ルーレットをストップします。
 Yボタン・・・ストーリー時、ルーレットをストップします。
※L・Rボタンは使用しません。

【各ゲームの操作方法】
「Clubパルマ」
 十字ボタン左右・・・シェイカーを振る

「12分割でポン!」
 十字ボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・”絵を動かす”場合と”絵を置く”場合の決定
 Bボタン・・・キャンセル

「アルタの森へようこそ」
 十字ボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・決定

「テレフォンショッキング」
 十字ボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・決定

「森田の手品教室」
 十字ボタン上・・・消える
 十字ボタン下・・・首まわし
 十字ボタン右・・・花
 十字ボタン左・・・ガード
 Aボタン・・・金魚

「サックスは最高」
 十字ボタン・・・カーソル移動
 Aボタン・・・選んだ音符の決定
 
「たもつる一座」
 Aボタン・・・グラフィックを止める
 
「今夜はサイコロ」
 十字ボタン・・・カーソル移動
 Aボタン・・・答えの決定

「カッパ君ころんだ」
 Aボタン・・・押し続けるとキャラクターが前進

「タモリの制服王」
 十字ボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・選ぶ制服の決定

「イグアナレース」
 十字ボタン上・・・順位表の数字が1→5→4→3→2の順で入れ替わる
 十字ボタン下・・・順位表の数字が1→2→3→4→5の順で入れ替わる
 
「みんなで丸暗記」
 十字ボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・パネルの数字の入れ替え(0〜9までボタンを押すごとに数字が変わる)
 Bボタン・・・Aボタンの逆に数字を送る

「ビリヤードボウリング」
 Aボタン・・・動いているゲージを止める
 
「ドッカンシリトリ」
 十字ボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・答えるパネルの決定

「ロシアンルーレット」
 Aボタン・・・弾倉の回転を止める

「みんなでカズダンス」 
 Aボタン・・・連打!
 Bボタン・・・連打!
 Xボタン・・・連打!
 Yボタン・・・連打!

「タモリのCHA CHA CHA」
 Yボタン、Bボタン、Aボタン・・・それぞれのボタンにポーズが対応

「カラスでパッチン」
 十字ボタン・・・射撃スコープの移動
 Aボタン・・・パチンコの発射
 
「ペット自慢はおおさわぎ」
 十字ボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・答えの決定

2013年09月02日

SFC『かまいたちの夜』

1994年11月25日発売/チュンソフト/10,800円(別)/SNV/1人用
1532.jpg1532-ura.jpg

<ゲーム内容>
 チュンソフトのサウンドノベルシリーズ第2弾。ミステリー作家の我孫子武丸氏がシナリオを手がけた吹雪に閉ざされたペンションが舞台のサスペンスホラー。複数のシナリオ、ストーリーがあり、やりこむとしおりの色が変わっていく。PS、GBA、Wii−VCなどにリメイクや移植された。また、PS2でが、PSVでがシリーズとして発売された。

<操作方法>
 十字ボタン・・・選択肢の選択や、カーソルの移動などを行います。
 セレクトボタン・・・読みすすんでいる時、章単位でさかのぼりたい場合に選択画面を表示します。
 スタートボタン・・・ゲームスタート時にのみ使います。
 Aボタン・・・Lボタンと共通の機能を持ち、文字やページの送り、選択肢の決定などをします。
 Bボタン・・・名前入力時に、バックスペースボタンとして機能します。プレイ中は使いません。
 Xボタン・・・読みすすんでいる時、ページの巻き戻しができます。
 Yボタン・・・読みすすんでいる時、ページの早送りができます。
 Lボタン・・・Aボタンとともに、文やページの送り、選択肢の決定などを行います。
 Rボタン・・・このソフトでは使いません。

続きを読む

2012年07月18日

SFC『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』

1993年9月19日発売/チュンソフト/9,600円(別)/RPG/1人用
1400.jpg

<ゲーム内容>
 『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』に登場したトルネコが主人公。不思議なダンジョンを舞台に、宝捜しの冒険を繰り広げるロールプレイングゲーム。ダンジョンは入る度に異なるので、「1000回遊べるRPG」というキャッチフレーズもあった。セーブは3つまで。不思議のダンジョン(不思議なダンジョン)は、シリーズ化や派生作品など様々なプラットフォームで展開された。

<操作方法>
 十字ボタン・・・トルネコの移動や、体の向きをかえるのに使います。
 セレクトボタン・・・押している間だけ、マップのみを表示します。
 スタートボタン・・・使いません。
 Aボタン・・・体の向いている方に剣(腕)を振って攻撃します。地面にわながないかをしらべることもできます。また、相手がいない時に剣を何回も振ると、HPを少しずつ回復させることができます。さらに、Bボタンをあわせて押すと休けいとなり、その場でHPを回復することができます。
 Bボタン・・・十字ボタンとあわせて押すと、高速移動します。高速移動中にアイテムが落ちていた場合、トルネコはその直前で止まりますが、さらにBボタンを押したまま進めると、アイテムの上に乗ったのち、拾わずに通りすぎます。
 Xボタン・・・ベースウインドウを出すためのボタンです。
 Yボタン・・・これを押しながら十字ボタンを押すと、一歩も進まず、その場で体の向きだけをかえることができます。
 Lボタン・・・矢を装備している時、それをうつことができます。
 Rボタン・・・これを押しながら十字ボタンを斜めに押せば、トルネコは斜め方向にしか進みません。また、Yボタンも同時に使うと、その場で斜め方向だけに体の向きをかえられます。

2012年07月02日

SFC『DRAKKHEN(ドラッケン)』

1991年5月24日発売/ケムコ/8,500円(込)/RPG/1人用
1382.jpg1382-ura.jpg

<ゲーム内容>
 フランスから移植されたリアルタイム3DRPG。時間の経過があり、360度スクロール可能で、自由度が高い反面、ゲームバランスもシビア(ただし、パソコン版よりだいぶ難易度は下がっている)。ファイター(アマゾン)、スカウト、マジシャン、プリースト(プリーステス)の職業でパーティーを組み、8つの宝石を求めて広いフィールドを冒険する。セーブは2箇所。

<操作方法>
 十字ボタン・・・3Dスクロールで移動します。アクティブキャラクターを移動します。カーソルを移動します。
 SELECTボタン・・・マップ画面を表示します。
 STARTボタン・・・マップ画面を表示します。
 Aボタン・・・アイコンゾーンの操作に切り換えます。コマンドを決定します。
 Bボタン・・・各入力をキャンセルします。
 Xボタン・・・青ランプ、赤ランプを切り換えます。
 Yボタン・・・動かしたいキャラクターを選択します。
 Lボタン・・・キャラクターを画面に出し入れします。戦闘時に敵から逃げます。
 Rボタン・・・キャラクターを画面に出し入れします。戦闘時に敵から逃げます。

<冒険のはじまり>
8つの涙、
それが世界の滅亡を救うのだ。

ドラッケンの島に、勇者の冒険が始まる。

すべてのはじまりのとき、
神はまず、ドラゴンをつくり
つぎに人間をつくられた。
やがて長い時がながれて、
いつしか悪の心がこの世にめばえ、
人間は神の忠告をきかずに
ドラゴンを全滅させてしまった。
神は悲しみ、そして、怒り、
ドラゴン人間であるドラッケンによる、
新世界をつくった。
それがドラッケン島である。


空・水・大地・炎という
4つの地域を、
8ひきのドラッケンが支配し、
さらに人間の世界をも
滅ぼそうとしている。
しかし、神は人間に
最後のチャンスをあたえられた。
ドラッケン島にある8つの涙を
手に入れることができれば
人間の世界を滅ぼさないと
約束されたのだ。


さあ、勇者たちよ。
今や、ドラッケンたちは互いに争い、
人間の世界に強大な軍を
おくろうとしている。
勇気をもってドラッケン島をめぐり、
8つの涙をさがすのだ。

2012年06月11日

SFC『跆拳道(テコンドー)』

1994年6月28日発売/ヒューマン/8,900円(別)/SPT(テコンドー)/1〜2人用
1367.jpg1367-ura.jpg

<ゲーム内容>
 朝鮮半島に伝わる古武術の伝統を受け継ぐ格闘技のゲーム化。ゲームモードは、トーナメントモード、VSモード、団体戦モード、テコンドー道場モード、コントロール設定、サウンドモードなど。試合は1ラウンド制で、ノックアウト5ダウン/攻撃ポイント併用制のルール。表示言語は、日本語とハングル語の2種類から選択可。

<操作方法>
 十字ボタン・・・キャラクターの移動(前後の移動、ジャンプ、(Rボタンと同時押しで)上下の移動)に使用します。
 Aボタン・・・相手の上半身を狙った攻撃をします。
 Bボタン・・・破壊力の大きな技を出します。ただしスキが多くなります。
 Xボタン・・・相手の頭部を狙った攻撃をします。
 Yボタン・・・素早い動きで連続技を出します。他のボタンを押せば、途中で違う動作に移れます。
 Lボタン・・・フェイント動作を行ないます。攻撃ボタンとの組み合わせで、フェイントからの攻撃も可能です。
 Rボタン・・・十字ボタンと一緒に押すと、上下の移動ができます。また、身体の向きを変えます。

■その他の操作 ※操作するキャラクターが左側の場合
 横蹴り上げ・・・下、右下、右+Bボタン。この攻撃は相手の攻撃を弾きます。
 前飛び込み、後飛び退き・・・右、または左に素早く2回十字ボタンを押すと、ダッシュできます。
 掛け蹴り・・・相手のふところでBボタン。相手の身体を足で引っ掛けて、バランスを崩すことができます。
 気絶回復・・・十字ボタンを連打すると、気絶状態から回復することができます。
 ガード・・・相手の攻撃中に十字ボタンを後ろまたは下にいれると、敵の攻撃を防ぐことができます(後ろ→頭部ガード/下→上半身ガード)。
 空中ガード・・・ジャンプ中にYボタンで空中ガードをすることができます。
 防御攻撃・・・ガード中、右+AまたはXボタン。ガードした後、素早く反撃することができます。