2016年04月28日

SFC『星のカービィ3』

1998年3月27日発売/任天堂/4,800円(別)/ACT/1〜2人用
1773.jpg

<ゲーム内容>
 アクションゲーム『星のカービィ』シリーズの一つ。カービィのお友だち、グーイを操作して、2人同時プレイも可能。すいこんで敵の能力を自分の物にするコピー能力に加え、なかまと合体して共に行動する事もできる。6ステージ+ボスステージの構成。

<操作方法>
 十字ボタン左右・・・移動、(2回連続押しで)ダッシュ
 十字ボタン下・・・しゃがむ、床を下りる、飲みこむ・コピー
 十字ボタン上・・・扉に入る
 SELECTボタン・・・コピー能力解除
 STARTボタン・・・ポーズ(一時停止)
 Aボタン・・・飲みこむ・コピー、グーイ呼び出し
 Bボタン・・・ジャンプ、(連打で)飛ぶ、(十字ボタン下と一緒に押すと)スライディング
 Xボタン・・・なかまと合体/解除
 Yボタン・・・すいこみ、攻撃
 Lボタン・・・使用しません。
 Rボタン・・・使用しません。

<ものがたり>
ひろーい宇宙のはしっこの方にある小さいけれども、平和な星『ポップスター』・・・

この物語の主人公、カービィはそんな星の『プププランド』に住んでいました・・・

ある日、カービィはグーイとお魚つりに出かけました。

小鳥さえずり、お日様ぽかぽか。

お魚つりがおひるねになりそうな気分。

カービィたちがのんきに過ごしているそのころ、

『ポップスター』に向かってまっくろな雲のような物体が大接近してきました!!

まっくろな雲は上空で止まり、小さな雲をはき出しました。

小さな雲はいたる所に散らばっていきます。

あわてたカービィの元へクーがやってきました。

『ポップスターが大変だ!』

飛び乗った小さな雲はデデデ大王と

その仲間たちにのりうつり、

彼らをあやつり始めたのです!

邪悪な雲を追い払い、みんなを、

ポップスターを救うため、

カービィは仲間を連れてまっくろな雲に立ち向かっていきました。







さぁ、彼らはポップスターを

救うことができるのでしょうか・・・

2015年12月25日

SFC『西陣パチンコ物語2』

1996年6月28日発売/KSS/10,800円(別)/TBL(パチンコ)/1人用
1736.jpg

<ゲーム内容>
 西陣の実機パチンコシリーズの第2弾(前作は1995年にスーパーファミコンで発売された)。今作では、「CR撃墜王」、「CRチキチキドリームR」、「CRエーストレイン」、「ハニーフラッシュ」が収録されている。

<操作方法>
【メニュー画面】
 十字ボタン・・・各項目を選択します。
 セレクトボタン・・・使用しません。
 スタートボタン・・・各項目を決定します。
 Aボタン・・・各項目を決定します。
 Bボタン・・・キャンセルボタンです。
 Xボタン・・・使用しません。
 Yボタン・・・使用しません。

【パチンコ台画面】
 十字ボタン・・・左右でバネの強弱、上下で画面をスクロールさせます。
 セレクトボタン・・・使用しません。
 スタートボタン・・・使用しません。
 Aボタン・・・メニューウィンドウを表示させます。
 Bボタン・・・玉の打ち出しを停止させます。(離すと解除します。)
 Xボタン・・・拡大釘を表示させます。
 Yボタン・・・玉を借ります。

【その他】
 Lボタン&Rボタン・・・名前入力画面時のみ文字切り替えボタンとして使用します。

2015年12月18日

SFC『スーパー桃太郎電鉄2』

1992年8月7日発売/ハドソン/8,800円(別)/TBL(ボードゲーム)/1〜4人用
1735.jpg

<ゲーム内容>
 『スーパー桃太郎電鉄』シリーズの第二弾。電鉄会社の社長となって日本全国をかけめぐり、地域開発に貢献しながら資産を増やし、最終的には日本一の社長になるのが目的。コンピュータの強さは8段階から選べる。PCE−HuやGBなどでも発売された。

<操作方法>
 十字ボタン・・・【移動】電車の移動。買う物件の選択にも使用。
 Aボタン・・・【決定】決定のほかサイコロを振る。コマンドを出す。
 Bボタン・・・【キャンセル】取り消しするときに使う。
 Lボタン・・・【ズームダウン】拡大マップを元の大きさにもどす。
 Rボタン・・・【ズームアップ】全体マップで使用。マップが拡大する。

2015年07月27日

SFC『ヤダモン ワンダランドドリーム』

1993年11月26日発売/徳間書店/8,800円(別)/ADV/1人用
1713.jpg

<ゲーム内容>
 同名アニメのゲーム化。スーパーファミコンマウス対応で、画面に出ている調べたいものを指してクリックする(ボタンを押す)と、何か変化が起きるクリックアクションアドベンチャー。女王様がなくしてしまった3つの魔法石を探すのが目的。「ワルものをたおせゲーム」、「ジャックとあそぼーゲーム」、「じょおうサマとたいけつゲーム」といったミニゲームも収録されている。セーブファイルは3つまで。

【特別な事ができるクリック】
■ヤダモンをクリック→持っている物と、それを見つけた場所を見ることができる。
■ジャンをクリック→”ゆめのいずみ”など行ったことのある場所を選べるようになる。
■タイモンをクリック→設定を変えることができる。

<操作方法>
 十字ボタン・・・ポインタを上下左右に動かすときに使います
 Aボタン・・・クリックするときに押します
 Bボタン・・・オープニングデモをキャンセルするときに押します
 Xボタン・・・(押している間)ポインタの動きが早くなります
 Yボタン・・・(押している間)ポインタの動きが遅くなります

2015年07月09日

SFC『キーパー』

1994年7月15日発売/データム・ポリスター/7,200円(別)/PZL/1〜2人用
1709.jpg

<ゲーム内容>
 5×5のマスに次々と出現する石板を押したり、引っぱたりして、同じ色、または同じ絵柄どうしでタテかヨコに3個以上ならべて消すというルールのパズルゲーム。1人用のモードには、とことんキーパーをプレイする「GAMEモード」と、50問の詰めキーパーを解く「PUZZLEモード」の2種類あり、2人用のモードには、協力して石板の出現を食い止める「GAMEモード」と、先に一定数の石板を消せるか競う「VSモード」の2種類用意されている。

<操作方法>
 十字ボタン・・・移動、石板を押す
 SELECTボタン・・・ギブアップ
 STARTボタン・・・ゲームスタート、ポーズ
 Bボタン・・・ジャンプ
 Yボタン・・・石板を引く

<本当はこんなストーリー>
 誰も知らない、ちょっと不思議な世界のそのまた未開の奥深く、色鮮やかな草木に囲まれた静かな森のその中に、彼らミモモ族の村がありました。

 彼らの村の中央に、へんてこな老木がありました。その老木の窪みにいつの頃からか、湧き水があふれ出るようになりました。

 河や湖はもちろん、雨さえ一度も見たことのない村人は、この湧き水を見ると心がなごみ、穏やかな気持ちになれたのです。

 やがて、ここは村の憩いの場所になりました。村人たちは水が枯れないようにまわりを囲ったりして、大切な湧き水を守りました。こうしてみんなで湧き水をながめながら、のんびり暮らしていたのです。

 ところがある日のこと、村から遠く離れたポンタラ山が大噴火を起こし、地中深く眠っていた様々な海の化石が噴き飛ばされてしまいました。不思議な事に、その化石は噴火のショックでなのか、眠っていた遥か太古の記憶が目覚め、引き寄せられるように、湧き水の上に次々と降りそそぎ始めてしまいました。

 びっくりしたのは、ちょうど老木の上で昼寝をしていたプクルとピクル。このままでは湧き水が化石で埋まってしまいます。同じ種類の物をくっつけて吹き飛ばす能力を駆使して、がんばれ、プクルとピクル。水の守護者となって、みんなの湧き水を守るのだ。

 あっ!寝るんじゃな〜い!!

<裏技>
〔ダブルモード〕・・・パスワードで、「DOUBLE」と入力する。ダブルモードになって、1つのコントローラで2体のキャラを操作できる。プクルは十字ボタンで、ピクルはA・B・X・Yボタンでそれぞれ動かす。

〔ステージセレクト〕・・・パスワードで、「ATOMIC」と入力する。いきなりレベル51からプレイすることができる。

2015年05月23日

SFC『鬼神童子ZENKI 電影雷舞(でんえいライブ)』

1995年11月24日発売/ハドソン/9,980円(別)/ACT/1人用
1704.jpg

<ゲーム内容>
 月刊少年ジャンプで連載されていた同名漫画のゲーム化。小明がプレイヤーとなって横スクロールアクションを進み、童子ゼンキがプレイヤーとなって中ボスとの対決、前鬼がアニメーションバトルでボスと闘うといったパターンで構成されている全6面のアクションゲーム。各面はパスワードで続きからプレイ可。

<操作方法>
【前鬼の基本操作方法】
 十字ボタン・・・攻撃位置、または攻撃の回避方向の決定
 十字ボタン上・・・上段への攻撃、または攻撃の回避
 十字ボタン下・・・下段への攻撃、または攻撃の回避
 十字ボタン左・・・ガード
 十字ボタン右・・・必殺技を跳ね返します
 十字ボタン入力なし・・・中段への攻撃
 Aボタン・・・パンチ攻撃
 Bボタン・・・回復(技ポイントがない時には無効です)
 Xボタン・・・必殺技(技ポイントがない時には無効です)
 Yボタン・・・パンチ攻撃
 Lボタン・・・小明のアイテム使用
 Rボタン・・・小明のアイテム使用

【必殺技】
 ヴァジュラ・・・Lv1の時にXボタン(前鬼の身体に育った金剛角が光を放ち、敵をつらぬく。)
 火焔王陣・・・Lv2の時にXボタン(地を這う炎が波のように敵を向かって押し寄せる。)
 超火焔王陣・・・Lv3の時にXボタン(さらに強力な炎が地を駆け、敵を飲み込んで焼きつくす。)
 ルドラ・・・Lv4の時にXボタン(前鬼の命を削る超必殺技。敵に致命的な大ダメージを与える。)
 金剛斧(入手後)・・・Lv4の時にXボタン(他の技と違い、体力をまったく消耗しない究極の必殺技。)

【小明の基本操作方法】
 十字ボタン上・・・上パンチ
 十字ボタン左右・・・移動
 十字ボタン下+Bボタン・・・降下 ※下に足場のある時のみ有効
 Bボタン・・・ジャンプ ※バネを使えば、より高くジャンプできます。さらにBボタンをタイミングよく押すと超ジャンプが可能。
 Yボタン・・・ヴァジュラ光弾 (一定時間押し続けてからはなすと)ためヴァジュラ光弾 ※十字ボタンと一緒に押すと、少し早く移動

【童子ゼンキの基本操作方法】
 十字ボタン上・・・上パンチ
 十字ボタン左右・・・移動
 Bボタン・・・ジャンプ
 Yボタン・・・パンチショット (一定時間押し続けてからはなすと)ためパンチショット ※十字ボタンと一緒に押すと、少し早く移動

<バックストーリー>
 この世の禍いを袚うために闘いを続ける鬼神”前鬼”と、その主人・小明の前に、新たな難敵が現われた。大神官カルマ率いる邪教集団の狙いは、この世を邪悪な生き物の棲家とすること。人間の欲望を吸い取る憑依の実を使って、次々に人々を憑依獣に変えてしまおうというのだ。この野望を打ち砕くためには、前鬼自身がレベルアップする必要があった。前鬼の命を削って繰り出す必殺技・ルドラに代わり、最強の武器「金剛斧」を手に入れるのだ。

 前鬼と小明は、さっそく「金剛斧」の秘密を知るという金剛竜のもとへ、仲間とともに向かった。ところがそこで彼らを待っていたのは、邪教集団の外導師グレンとゴウラ。「金剛斧」を横取りしようと先回りしていたのだ。そこに現われた金剛竜は、「金剛斧」を巡る醜い争いに怒り、「金剛斧を望むとあらば、時をこえて、再び参るべし」というが早く、その場にいた全員を平安時代へとタイムスリップさせてしまった。

 思わぬ展開に呆然とする前鬼と小明だったが、偶然に出逢った空海の導きにより、京の教王護国寺に金剛竜がいると知る。再び金剛竜と逢い、最強の武器「金剛斧」を手に入れるため、前鬼と小明は、京の教王護国寺を目指し歩きはじめた・・・・・・。

<裏技>
〔全面パスワード〕
 第1章・・・九六一八四四
 第2章・・・二一三三一五
 第3章・・・八六〇八六〇
 第4章・・・八〇四六四九
 第5章・・・〇四〇八三〇
 第6章・・・七八四四六〇
 スペシャルパスワード・・・二四六九一一  ※アニメーションバトルだけをプレイ。
※1面はパスワードを入れる必要無し(原作者の黒岩よしひろ氏を数値化したパスワードですね)。

続きを読む

2015年05月19日

SFC『鬼神童子ZENKI 烈闘雷伝(バトルライデン)』

1995年8月4日発売/ハドソン/9,800円(別)/ACT/1人用
1703.jpg

<ゲーム内容>
 月刊少年ジャンプで連載されていた同名漫画のゲーム化。5面×4エリア構成の横スクロールアクションゲームで、各面の最後にはボス(猛流、竜貴妃、炎十郎、剛角、死颶魔)が待ち構えている。童子の時は基本的なアクションが、鬼神の時は必殺技各種が使える。

<操作方法>
 十字ボタン・・・移動
 セレクトボタン・・・タイトル画面でモードの選択
 スタートボタン・・・ゲームスタート、デモカット
 Aボタン・・・決定
 Bボタン・・・ジャンプ、空中回転
 Xボタン・・・ルドラ
 Yボタン・・・攻撃
 Lボタン・・・バックステップ(ダッシュ)
 Rボタン・・・ダッシュ(バックステップ)

【必殺技】
 紅蓮撃・・・Yボタン連打
 裂風竜・・・上+Yボタン
 雷撃破・・・Yボタンを一定時間押してから右
 金剛角魔破・・・右を押してから右+Yボタン
 金剛角雷光牙・・・Yボタンを一定時間押してからはなす
 ルドラ・・・Xボタン

<バックストーリー>
 日本最大の呪術者と呼ばれた役小角は鬼神を使役し、この世の邪悪と闘ったという。朱き鬼神と恐れられた前鬼は、その力で世を平穏へと導いた後、小角によって石碑に封印され、役咒法堂にて永い眠りについた。再びこの世に禍いが現れるその日まで・・・。

それから一千年の歳月が流れて――。

 異変は役咒法堂で起きた。封印されていた”憑依の実”が奪われ、憑依獣が現れたのだ。憑依の実とは、人間の欲望や邪悪な心にとりついて特異な能力を与え、とりついた人間の邪心をすべて吸い尽した時、実が孵化して憑依獣となるのである。

永く深い眠りの淵より、鬼神復活。

 その時、小角の子孫である役小明は、襲い来る憑依獣を倒すため最後の手段に出た。伝説の鬼神を甦らせるべく、護法輪具を以て咒を唱えたのだ。護法輪具は、小角の後継者の証しであり、また前鬼の姿を童子から鬼神へ、鬼神から童子へと変化させ、使役するための重要な道具でもある。一瞬の静寂の後、激しく石碑が砕け散り、雄叫びとともに一千年の歳月を越え、ついに前鬼は復活した。しかしそれは、大いなる禍いの序章でもあった―。

竜皇塚の結界に近づく5つの影。

 それは不吉な夢だった。竜脈を封じた竜皇塚の結界を怪しい5つの人影が解こうとしているのだ。竜脈には、この世の覇者となれるほどの大いなる力の源が宿っているといわれている。炸裂する光に阻まれ、結界を破ることができないまま5人は去っていくが、夢にはまだ続きがあった。竜脈のある富士の山が燃え、人々が逃げ惑っている。小明は恐ろしい光景に思わず飛び起き、それが小角からの警告であることを知る。そして鬼神とともに、富士へと向かうのだが―。

<裏技>
〔ステージセレクト〕・・・タイトル画面で、CONFIGを選ぶ。カーソルをMUSICに合わせて、009、003、006、009の順番で音楽を聞く(最後まで聞く必要はない)。EXITでタイトル画面に戻してゲームを始める。ポーズをかけて、Lボタン・Rボタン・Xボタンを同時に押す。すると数字が表示されたブロックが並んだ画面になるので、好きなステージを選ぶことができる。

2015年05月06日

SFC『GHOUL PATROL(グール・パトロール)』

1995年5月26日発売/ビクターエンタテイメント/8,800円(別)/ACT/1〜2人用
1694.jpg

<ゲーム内容>
 ズィーク(男性キャラ)またはジュリー(女性キャラ)を操作し、マップ内を探索して捕虜を救出するのが目的のライフ制アクションゲーム。2人同時プレイ可能。武器の使い分けやアイテムの回収具合次第で、難易度に影響を与える。各ステージをクリアするとパスワードが表示され、続きからプレイできる。

<操作方法>
 十字ボタン・・・キャラクターの移動
 SELECTボタン・・・アイテムを使う
 STARTボタン・・・ゲームの一時停止
 Aボタン・・・武器を一巡する
 Bボタン・・・ジャンプする
 Xボタン・・・滑り込む
 Yボタン・・・武器を発射する
 Yボタン+十字ボタン・・・走る
 Rボタン・・・アイテムを切り替える

<ストーリー>
 幽霊や悪魔の展覧会を見に市立図書館にやってきた君と親友のジュリー。そこで君が見つけたものは古ぼけたトランクの中に眠っていた一冊の本だった。それは古代の霊について書かれた本だという。自慢じゃないが、好奇心は人一倍強い君。本を開けて最初のページに書かれていた秘密の呪文を唱えてみた・・・ すると突然部屋全体が揺れ始め、本の中から恐ろしげな牙をむいた悪霊が飛びだしてきたのだ。

 今やこの悪霊の親玉は唸り声をあげながら、卑怯な子分どもを操って、好き勝手にメトロポリスを荒らしまわっている。そして自分達の思い通りに過去を書き換えようと、歴史の本にその悪の手を伸ばしつつあるのだ。

 恐怖の悪霊を元通り呪文の本のなかに閉じ込め、この狂気の軍団を阻止できるのは、君とジュリーしかいない。出動だ!グール・パトロール!