2011年05月23日

FC『高橋名人の冒険島』

1986年9月12日発売/ハドソン/4,900円(別)/ACT/1人用
1240.jpg1240-ura.jpg

<ゲーム内容>
 横スクロールアクションゲーム『ワンダーボーイ』(※リンク先はGG版)の移植作品。8エリア4ラウンドの32面構成。ファミコン、ゲームボーイ、スーパーファミコンなどでシリーズ化され、Wiiウェアとしてリメイク作品もリリースされた

<操作方法>
 十字ボタン・・・名人を左右に移動させます。
 セレクトボタン・・・使用しません。
 スタートボタン・・・ゲームスタート、ゲーム中に押すとポーズがかけられます。
 Aボタン・・・名人がジャンプします。
 Bボタン・・・石オノを持っていれば投げられます。押しながら移動すると加速します。

<ストーリー>
 僕らのヒーロー・高橋名人が、南洋に浮かぶ謎の冒険島で大活躍。というのも、高橋名人の心の恋人ティナが、この島に潜む悪の大王キュラにさらわれてしまったからなのだ。島の中は森あり、山あり、洞くつあり・・・・・・。オマケにいろいろな敵も隠れている。さあ、この難関をのり越えて、大王を倒し、無事にティナを救い出すことができるだろうか?ガンバレ名人!!

続きを読む

2011年04月21日

FC『アトランチスの謎』

1986年4月17日発売/サンソフト/4,900円(別)/ACT/1人用
1235.jpg1235-ura.jpg

<ゲーム内容>
 探険家ウィンが小型爆弾ボンを武器に100以上ある様々なステージを冒険するアクションゲーム。

<操作方法>
 十字ボタン上・・・ボンを投げる時、Bボタンと同時押しで遠くへ投げれます。
 十字ボタン下・・・ウィンが、下に伏せます。
 十字ボタン左・・・ウィンが、左に移動します。
 十字ボタン右・・・ウィンが、右に移動します。
 セレクトボタン・・・使用しません。
 スタートボタン・・・ゲームスタート及びゲーム中のポーズ機能。
 Aボタン・・・ウィンが、ジャンプします。押し続けると、より高く跳びます。
 Bボタン・・・ウィンがボンを投げます。下に伏せて押すと、近くに投げます。

<ストーリー>
 突然の地殻変動により南太平洋上に巨大な島が姿を現わしてから既に数年が経過していた。これまで、何人もの探険家や冒険家が調査のためにこの島を訪れたが、誰ひとりとして、帰るものはいなかった。そして、いつのまにか人々はこの島を”アトランチス”と呼び、恐れ、近づく者はいなかった。

 ウィン(WIN)は、まだ半人前の青年探険家である。今、彼は、長く苦しい特訓を終え、アトランチス島へ挑もうとしている。実は半年前、彼の師匠がアトランチスで行方不明になっていたのだ。充分な訓練を積んだ彼は、師匠が発明し、今や形見となった小型爆弾”ボン”を手に、単身アトランチスへ旅立つのであった。

 しかし、アトランチスには、巨大な財宝を基に古代帝国の復活を狙う悪の帝王”ザヴィーラ”が待ち受けているのであった・・・・・・。がんばれウィン!アトランチスの謎を解け!

<裏技>
[面セレクト]・・・タイトル画面で、コントローラ1のセレクトを33回、コントローラ2のAボタンを22回押す。次にコントローラ1のAボタン・Bボタンを押したままスタートを押し、セレクトで面を選ぶ。

[無敵]・・・タイトル画面で、コントローラ1のBボタンを33回押し、セレクトボタンと十字キーの上、コントローラ2のAボタン・Bボタンと十字キーの下を全部押したままスタートする。

[フリープレイ]・・・タイトル画面で、コントローラ2のAボタンを11回押し、コントローラ1のBボタンを22回押してからゲームを始めると、人数が減らなくなる。

2010年10月06日

FC『CAPTAIN SAVER(キャプテンセイバー)』

1992年9月29日発売/タイトー/5,900円(別)/ACT/1人用
1195.jpg1195-ura.jpg

<ゲーム内容>
 シークレットポリス”ノバ”になり、デルタ社の野望を阻止するのが目的の縦横スクロールのライフ制アクションゲーム。武器は様々な方向に投げれるブーメランで、パワーアップアイテムを取る事によって、飛距離のアップや連射などができるようになる。ゲームオーバー後に表示されるパスワードで続きからプレイできる。

<操作方法>
 十字ボタン上・・・梯子につかまる/部屋に入る
 十字ボタン上下・・・梯子の昇り降り
 十字キー下・・・しゃがむ
 十字キー左右・・・左右に移動
 SELECTボタン・・・ライフ缶使用
 STARTボタン・・・ゲームスタート/ポーズ
 Aボタン・・・ジャンプ
 Bボタン+十字ボタン8方向・・・アタック
 十字ボタン下+Aボタン・・・スライディング

<STORY>
12月24日、クリスマスイヴ。
連邦政府の大統領宛に、一通のメッセージが届いた。
「メリークリスマス、大統領閣下。今回、我がデルタ社は、次期主力兵器として、サイボーグの開発に成功した。そこで是非、政府にこれを高額で買い取っていただきたい。無論、これを他国に売ると、国家安全に支障をきたす事は間違いないと思う。よく検討の上、一週間後に返事を頂きたい。それでは・・・・・・」
 事態を重くみた政府は、直ちにシークレット・ポリスに極秘指令を発令した。
『デルタ社に潜入し、情報収集後、完全破壊せよ。』

困難を極める任務を遂行すべく。
選ばれた男の名は、”ノバ”。
『既に、情報収集のため、女性エージェント”クリス”がデルタ社に潜入している。内部でコンタクトをとってくれ。君は、直ちに同社に潜入し、速やかなる任務実行に務めて貰いたい。尚、君にもしもの事があろうと、当局は一切関知しない。健闘を祈る。』
夜の都会に疾走するエアバイク。その背には、静かな決意と、熱い闘志を持つ男の姿。

2010年10月04日

FC『GREMLINS(グレムリン)2 −新・種・誕・生−』

1990年12月14日発売/サンソフト/6,500円(別)/ACT/1人用
1194.jpg1194-ura.jpg

<ゲーム内容>
 同名映画のゲーム化。トップビューのライフ制アクションゲーム。アイテムを買ったり、手に入れたりして進んでいく。ゲームオーバー時に表示されるパスワードで続きからプレイできる。

<操作方法>
 十字ボタン・・・ギズモの移動に使います。(8方向に移動できます。)ジャンプ中のコントロールをします。
 セレクトボタン・・・使用しない。
 スタートボタン・・・ゲームをスタートさせます。アイテム画面に変わります。
 Aボタン・・・ギズモがジャンプします。
 Bボタン・・・ギズモが攻撃します。

<ストーリー>
・・・”彼”はけっして水に濡らさないこと
              ・・・光に当てないこと
・・・真夜中の12時すぎに
            食べ物を与えないこと・・・


――あのクリスマス騒動から6年、
    舞台は、N.Y.の超高層ビルに――

 『クランプ・センタービル』―マンハッタンの大物”ダニエル・クランプ”が支配する超高層ビル。
 そこには、故郷の町を出て大都会ニューヨークに就職した”ビリーとケイト”が勤めていた。
 ある日ビリーは、研究所に捕まっていたギズモと再会をするが、不注意でギズモは水を浴びてしまい、再びあの手のつけられない凶暴な”グレムリン”を生み出してしまった。今や”クランプ・センター”は、騒々しいリトル・モンスターの大群に占拠され、その機能はマヒし、人々はパニックにおとしいれられる。
 ギズモとビリー、ケイトはこの危機を救うために立ち向かうが、”グレムリン”達はバイオの力を得て、さらに凶暴な姿へと変わり始めていた・・・。

<裏技>
[サウンドテスト]・・・タイトル画面で、Aボタンを押しながらスタートボタンを押し続ける。SOUND TEST画面に切り替わり、BGMやEFFECTが聴ける。

2010年10月03日

FC『チップとデールの大作戦2』

1993年12月10日発売/カプコン/5,800円(別)/ACT/1〜2人用
1193.jpg1193-ura.jpg

<ゲーム内容>
 チップとデールの2人が活躍するコミカルな横スクロールのライフ制アクションゲームの第2弾。2人同時プレイ可能。

<操作方法>
 十字ボタン・・・プレイヤーの移動やしゃがむ時に使用します。
 セレクトボタン・・・サブ画面表示に使用します。
 スタートボタン・・・ゲームを始める時に使用します。プレイ中に押すとポーズがかかり、もう一度押すとポーズが解除されます。
 Aボタン・・・ジャンプに使用します。
 Bボタン・・・物をかかえあげたり、キャッチしたりできます。物を持っている時は、投げることができます。

【キャラクターの基本アクション】
 歩く・・・十字ボタン左右で歩きます。
 しゃがむ・・・十字ボタン下でしゃがみます。箱を持っている時は、箱に隠れます。
 ジャンプ・・・Aボタンでジャンプします。
 降りる・・・十字ボタン下とAボタンで下の段に降ります。
 キャッチ・・・十字ボタン左(右)+Bボタン ※飛んできた箱の方向に向いて
 プレイヤー同士の持ち上げ・・・十字ボタン左(右)+Bボタン ※2人同時プレイの場合
 上投げ・・・十字ボタン上+Bボタン
 転がし・・・十字ボタン下+Bボタン
 左右投げ・・・十字ボタン左(右)+Bボタン ※投げたい方向に

<ストーリー>
チップとデールは元気いっぱいのレスキューレンジャー。

チップは冷静沈着にして大胆。
時にはチームのリーダーとして仲間たちをぐいぐいひっぱってくれるんだ。

デールは元気で陽気なナイスガイ。
いつも明るくて、チームのムードメーカーだ。
そんなふたりにまたまた事件の知らせが。

急げ、チップとデール。一日も早く、街に平和をとりもどすんだ。

2010年10月02日

FC『囲碁指南’92』

1992年3月10日発売/ヘクト/6,800円(別)/TBL(囲碁)/1人用
1190.jpg1190-ura.jpg

<ゲーム内容>
 三大棋聖や’90年度の7大タイトル戦の122局を収録した囲碁ソフト。名局を「観戦」したり、「棋力判定」する事ができる。ファミコンでシリーズ化された。

<操作方法>
 十字ボタン・・・コマンドを選ぶときに使用します。判定モードでは、石を打つ場所を決めるカーソルを動かすときにも使います。
 セレクトボタン・・・ゲームの音声を消したり出したりするときに使います。
 スタートボタン・・・ゲームをスタートするときに使用します。
 Aボタン・・・十字ボタンで選んだコマンドを実行するときや、画面を次に進めるときなどに使用します。自動観戦では、ゲームの中断と再開にも使用します。
 Bボタン・・・一度選んだコマンドのキャンセルに使用します。ゲームが始まってからは、設定を変えたり、早送りや戻し、ゲームを中止するときにも使用します。

FC『囲碁指南’91』

1991年7月5日発売/ヘクト/6,800円(別)/TBL(囲碁)/1人用
1189.jpg1189-ura.jpg

<ゲーム内容>
 ’89年度の7大タイトル戦までの名局110局を収録した囲碁ソフト。名局を「観戦」したり、「棋力判定」する事ができる。ファミコンでシリーズ化された。

<操作方法>
 十字ボタン・・・コマンドを選んだり、石を打つ場所を決めるカーソルを動かすときに使います。
 セレクトボタン・・・ゲーム中は使用しません。
 スタートボタン・・・ゲームをスタートするときに使います。
 Aボタン・・・十字ボタンで選んだコマンドを実行するとき、画面を次に進めるときなどに使います。
 Bボタン・・・ゲームを中止したり、スピードを変えるときなどに使います。

2010年09月12日

FC『レーサーミニ四駆 ジャパンカップ』

1989年8月25日発売/コナミ/5,900円(別)/TBL(ボードゲーム)/1〜4人用
1181.jpg1181-ura.jpg

<ゲーム内容>
 自分のミニ四駆を改造(パーツ入手、チューニング)し、レースを勝ち抜いてポイントを集めていき、ジャパンカップで優勝を目指すのが目的。メインはボードゲームで、最大4人まで同時にプレイできる(人間0人、COM4人といった観戦設定も可能)。

<操作方法>
 十字ボタン・・・コマンドの移動。パーツの選択。サブゲームのプレイヤー移動。画面のスクロール。
 SELECTボタン・・・ゲームスピードを変えるコマンドが表示される。また、次のレースのコースレイアウトが表示される。
 STARTボタン・・・マップ画面に切り替わる。
 Aボタン・・・選んだコマンドの決定。ルーレットのスタートとストップ。
 Bボタン・・・キャンセル。元の画面に戻す。

<裏技>
[隠しコマンド1]・・・タイトル画面で、1コンのAボタン、上、左、Bボタン、下、右の順番に押す。4つのレースとセッティングが自由に行える。

[隠しコマンド2]・・・タイトル画面で、1コンの左、下、Aボタン、右、上、Bボタンの順番に押す。ジャパンカップを含めた6つのレースとセッティングが自由に行える。

※コマンド入力時間は短いので注意。

2010年09月09日

FC『将棋名鑑’92』

1992年1月30日発売/ヘクト/6,800円(別)/TBL(将棋)/1人用
1180.jpg1180-ura.jpg

<ゲーム内容>
 日本将棋連盟監修の棋譜観戦ソフト(コンピューターや人との対戦モードは無いので注意)。「90年度タイトル戦」、「90年度公式戦話題局」、「90年度女流戦」、「古典譜・駒落戦」など全93局を完全収録し、観戦モードや解説モードによって棋譜の研究ができる。同シリーズとして、FC『将棋名鑑’93』も発売された。

<操作方法>
 十字ボタン・・・コマンドや棋譜の選択、解説モードでの次の一手の選択、早送り早戻しに使います。
 セレクトボタン・・・ゲーム中にメニュー画面を呼びだすときに使います。
 スタートボタン・・・ゲームのスタートやゲーム中のポーズ、メニュー画面から選択画面に戻るときに使います。
 Aボタン・・・十字ボタンで選んだコマンドを決定するときに使います。
 Bボタン・・・キャンセルするときのほか、棋譜を一手ずつ後退させるときに使います。

2010年09月08日

FC『GUNHED(ガンヘッド)新たなる戦い』

1990年4月13日発売/バリエ/6,500円(別)/SLG(STGの部分もあり)/1〜4人用
1179.jpg1179-ura.jpg

<ゲーム内容>
 同名映画のゲーム化。8JOの島内で繰り広げられるシミュレーションゲーム。ロボット同士が戦って経験を積み、パーツを集めたり、ロボットを増やしたりしてカイロン5を倒すのが目的。

<操作方法>
 十字ボタン・・・カーソル、ロボット等の移動
 Aボタン・・・決定、攻撃
 Bボタン・・・取消、武器セレクト

<STORY>
 2005年・・・アジアの陸地から800キロ離れた太平洋上の火山島”8JO”に、サイボテックコーポレーションの手によって世界で初めてのフルオートメーション工業地帯が建設された。施設の中心は世界最大のコンピュータ”カイロン5”であり、管理はすべてこの”カイロン5”に委ねられていた。

 それから20年後、突如として”カイロン5”は全世界に対して宣戦布告をした。それに対し連邦政府は”ガンヘッド大隊”を投入し、ロボットVSロボットの戦争が始まった。
 そして島は静寂に包まれ”8JO”は汚染地区として封鎖され、この神秘のヴェールは侵されることがなかった。

 それから13年後、名もないバンディッツの力によって全世界が守られたことを知る人は今はもういない・・・・・・。

 2040年・・・禁断の島”8JO”に起った出来事はすでに人々からは忘れ去られているかと思われていた。しかし禁断の島”8JO”で、又新たなる戦いが繰り広げられようとしていることを誰が知り得ただろう。

 ”8JO”に残された超エネルギー”テキスメキシウム”を手にいれるために、その秘密を手にした者がそれぞれの思惑を秘め”8JO”に向かった。

 ・・・・・・新たなる戦いはここから始まる。