2008年03月04日

MD『ソーサルキングダム』

1992年2月7日発売/日本コンピュータシステム/8,800円(別)/RPG/1人用
0746.jpg0746-ura.jpg

<ゲーム内容>
 無段階的にキャラクターを成長させるシステムを搭載。その為、従来のレベルや経験値とは違ったキャラクターの成長を再現している。戦闘シーンはコマンドの選択ではなく、キャラクターを動かして、よりリアルなパーティープレーによる戦闘のタクティカルバトルを採用している。新しい試みを導入したロールプレイングゲーム。

<操作方法>
 方向ボタン・・・キャラクターの移動、およびコマンド、各項目のセレクトなどに使用します。
 スタートボタン・・・ゲームをスタートするときだけ使用します。ゲーム内では使用しません。
 Aボタン・・・ウィンドウを一時的に消します。
 Bボタン・・・コマンドのキャンセルに使用します。
 Cボタン・・・コマンドウィンドウのオープン、および各コマンドの決定に使用します。

<プロローグ>
 国王は代を重ね時の流れを越えて、その伝統と教えを守り続けてきた。
伝説の時、いにしえの国王が自らをかけて守ったと伝えられる平和を守るために冒険を奨励し、冒険者に称号を与え、彼らの名誉をたたえた。
 若者はみな冒険に憧れ旅に出ていったが、国を取巻く災いはしだいにその力を増し、冒険者達は次々に倒れていった。

 国王のひざもとランデールの街に冒険者カナンを父に持つ一人の少年がいた。しかし彼の父もまた戻らぬ冒険者のうちの一人だった。父の行方を求め、やがて父を越える冒険者になるために、国王から冒険のゆるしを受けるその日をどれほど待ち望んだだろうか。


だが、災いは確かに拡がっている。
モンスターは国の至る所にはびこり、人々のくらしを脅かしていた。
 
 旅立ちの日、少年は城門の前で番兵らに向かい、誇らしげに告げる。
「冒険者カナンの子が16の齢を迎え、冒険のお許しをいただきにやってきました。どうかその門を開きたまえ。」
番兵は静かに道を開き、少年は国王のもとへと進んでいった・・・・・・。

そして今


新たなる冒険が始まる!!


<裏技>
[サウンドテスト]・・・タイトル画面で、ABCボタン全てを押しながらスタートボタンを押す。
posted by 将 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック