2008年01月31日

NG『龍虎の拳2』

1994年3月11日発売/SNK/29,800円(別)/B・ACT/1〜2人用/178M
0720.jpg

<ゲーム内容>
 ズームイン&アウト格闘アクションゲーム『龍虎の拳』シリーズ第2弾。前作の藤堂竜白が居なくなった代わりに新キャラクターが参戦。中でもユリのイメージチェンジは度肝を抜かれた。ボーナスステージには、「気力鍛錬の行」、「体力鍛錬の行」、「超必殺技伝授」の3つがあり、それぞれ成功すると”気力ゲージ増加”、”体力ゲージ増加”、”超必殺技使用可”が与えられる。難易度選択はEASY、NORMAL、MVS、HARDの4段階。また、キャラクターのアクションスピードを85%、100%、115%、130%の4段階に変更可能。

<操作方法>
 コントロールレバー・・・プレイヤーの移動。
 セレクトボタン・・・ゲーム中のポーズ(一時中断)および解除。
 スタートボタン・・・ゲームの開始、途中乱入参加。
 Aボタン・・・強弱のパンチ、受け身、気力回復。
 Bボタン・・・強弱のキック、受け身、気力回復。
 Cボタン・・・弱のパンチ、弱のキック、投げ技、受け身、気力回復。
 Dボタン・・・挑発。
 C+Aボタン・・・アッパー攻撃。
 C+Bボタン・・・ローキック攻撃。

<プロローグ>
無敵の龍、リョウ・サカザキ。

最強の虎、ロバート・ガルシア。

この2人の極限流空手家が

サウスタウンの土を踏んだのは、今からちょうど1年前。

ユリ・サカザキ救出のためであった。

 

そして、

サウスタウンは再び”龍虎”を呼び寄せる。

 

強さのみを出場資格とする

異種格闘技大会が開かれるというのだ。

名声や富を求め、あらゆるパワーがこの街に集結する。

のちに、世界中に名を轟かす事となる

最強武闘会”キング・オブ・ファイターズ”。

栄冠を手にする者は、

龍か。虎か。それとも・・・


<裏技>
[超必殺技]・・・体力が1/4以下で、気力ゲージが満タンの時に超必殺技が使える。コマンドは下記に記載。

[隠しキャラクターと対戦]・・・難易度に関係なく、1本もとられずにクリアする。最後にギース・ハワードが出現し、闘える。

<キャラクター紹介&必殺技> ※必殺技のコマンドは、キャラクターが右向きの場合です。

〇リョウ・サカザキ
 極限流空手の創始者タクマ・サカザキを父に持つ格闘家。妹ユリの救出から1年、山にこもり修業に明け暮れていた。異種格闘技大会の噂をロバートから聞き、出場のためサウスタウンに再び足を踏みいれる。

【必殺技】
 虎煌拳・・・下、右下、右+A
 空中虎煌拳(斜め)・・・ジャンプ中に下、右下、右+A
 暫烈拳・・・右、左、右+A
 飛燕疾風脚・・・左下、右+B
 空中虎煌拳(水平)・・・ジャンプ中に下、右下、右+B
 虎砲・・・右、下、右下+A
 極限流連舞拳・・・下、左下、左+A

【超必殺技】
 龍虎乱舞・・・下、右下、右、右下、下、左下、左+C


〇ロバート・ガルシア
 一代で財をなした世界有数の資産家、アルバートガルシアの息子。帝王学が肌にあわず格闘家としての道を選び、世界有数ではなく世界一を目指す。極限流空手の同門であるリョウとは、よきライバルだ。

【必殺技】
 龍撃拳・・・下、右下、右+A
 飛燕龍神脚・・・ジャンプ中に下、左下、左+B
 飛燕疾風脚・・・左下、右+B
 幻影脚・・・右、左、右+B
 龍牙・・・右、下、右下+A
 極限流連舞拳・・・下、左下、左+A

【超必殺技】
 龍虎乱舞・・・下、右下、右、右下、下、左下、左+C
 

〇ユリ・サカザキ
 リョウ最愛の妹。兄にはフィットネスクラブに通うふりをして、父タクマの道場で門下生と共に稽古に参加。短期間で驚くほど強く成長した。大会にも腕試しとして出場するが、当然、反対する父と兄には内緒だ。

【必殺技】
 虎煌拳・・・下、右下、右+A
 極限流砕破・・・下、左下、左+A
 百烈ビンタ・・・右、左、右+A
 雷煌拳・・・下、右下、右+B
 燕舞脚・・・下、左下、左+B

【超必殺技】
 飛燕鳳凰脚・・・右、左、右、右下、下、左下、左+B+C

 
〇如月影二
 日本古来の忍術(詳細は一切不明)の使い手。「我が忍術は天上天下において最強である。故に我を越えるもの、すべてを断つ」それが彼の口癖だ。そして彼は、抹殺のターゲットに極限流を選んだ。

【必殺技】
 気孔砲・・・下、右下、右+A
 流影陣・・・下、上+A
 霞み斬り・・・下、左下、左+A
 天馬脚・・・左下、右+B
 骨破斬り・・・右、左、右+A
 如月流連拳脚・・・下、左下、左+B

【超必殺技】
 暫鉄蟷螂拳・・・左、左下、下、右下、右、右下、下+B
 

〇テムジン
 5年前モンゴルから来て港の荷下ろし作業をしている彼の目に映ったのは、サウスタウンの子供達のすさんだ生活であった。罪の無い子供達を救いたい一心で、大会の優勝賞金の獲得を思い付いた。

【必殺技】 ※N=レバーニュートラル
 蒙古竜巻激・・・左、左下、下、右下、右+A
 蒙古雷撃弾・・・N、右、右下、下、左下、左+A
 蒙古気弾壁・・・下、右下、右+A
 蒙古大車輪投げ・・・N、右、右下、下、左下、左+B
 蒙古連撃拳・・・下、左下、左+A

【超必殺技】
 蒙古天武人乱舞・・・下、左下、左、右、右下、下+A+C
 

〇ジョン・クローリー
 目を負傷しエース・パイロットの座を退く。その後、海軍のマーシャルアーツの教官を努めるが、Mr.BIGに武器を様流しした疑惑が持ち上がり、軍法会議の結果、懲戒免職処分の判決が下った。

【必殺技】
 メガスマッシュ・・・下、右下、右+A
 フライングアタック・・・下、左下、左+A
 スパイラルレッグボマー・・・下、上+B
 オーバードライブキック・・・下、左下、左+B

【超必殺技】
 アトミックスマッシュ・・・右、左、左下、下、右下、右+B+C

 
〇キング
 レストランのバンサー(用心棒)を勤めていた時、リョウ達との闘いに敗れ行方をくらました。数ヶ月後、彼女はストリートファイターとして現れ、多額の金を集めているという。果たして何の為に。

【必殺技】
 ベノムストライク・・・下、右下、右+B
 トラップショット・・・下、上+B
 トルネードキック・・・右、左、右+B
 連続技・・・下、左下、左+B

【超必殺技】
 サプライズローズ・・・左、右、右下、下、左下+B+C


〇ミッキー・ロジャース
 貧しさから抜け出すため、ボクシングのチャンプをめざすが、不慮の事故により夢は断たれた。その後、密輸の仕事に手を染めてきたが、出場資格を問われないこの大会に、再起をかけて出場する。

【必殺技】
 バーニングアッパー・・・下、右下、右+A
 ローリングアッパー・・・下、右下、右+B
 チョッピングライト・・・下、左下、左+B
 クレイジーアッパー・・・下、上+A
 コンビネーション1・・・下、左下、左+A
 コンビネーション2・・・下、左下、左+A+C

【超必殺技】
 ラッシュボンバー・・・左下、左、左下、下+A 


〇ジャック・ターナー
 Mr.BIGの支配を離れたジャックは、解散した昔のチーム「ブラックキャッツ」の再結成に乗り出した。しかし、以前のメンバーはまだMr.BIGの配下にあり、新たなメンバーを集めるため大会に。

【必殺技】
 極ナックルパート・・・下、右下、右+A
 スーパードロップキック・・・左下、右上+B
 ダイナマイトラリアート・・・右、左、右+A
 ブレインショックバット・・・右、左、右+B
 ボンバーダンス・・・下、左下、左+A

【超必殺技】
 ヘルダイビング・・・投げの間合いで右、右下、下、左下、左+A


〇リー・パイロン
 中国拳法の達人中の達人。漢方医学にも優れ、格闘家と医者の2足のわらじを履く謎の多い人物である。だが高齢のため、この大会が格闘家としてリー最後の闘いになるらしいと噂されている。

【必殺技】
 鉄の爪攻撃・・・下、右下、右+A
 百裂拳・・・右、左、右+A
 華中鷹爪激・・・下、上+A
 華中猛腕脚・・・下、左下、左+A

【超必殺技】
 華中飛猿爪・・・下、左下、左、左下、下、右下、右+A

 
〇タクマ・サカザキ
 最強と噂される極限流空手の創始者。その強さゆえにユリ誘拐事件が起こったとも言える。現在は小さな道場を開いているが、かつての弟子リョウ、ロバートとタクマの対決に門下生全員が注目している。

【必殺技】
 虎煌拳・・・下、右下、右+A 
 飛燕疾風脚・・・左下、右+B
 暫烈拳・・・右、左、右+A
 翔乱脚・・・右、右下、下、左下、左+B
 鬼神激・・・下、左下、左+A

【超必殺技】
 龍虎乱舞・・・下、右下、右、左、右+A+C
 

〇Mr.BIG
 サウスタウンを陰から牛耳るとされる組織の幹部。その組織内で対立していた男がキング・オブ・ファイターズを企画した事に疑問を抱き、大会に潜伏する。彼の後には、常に欲望の渦が付きまとっている。

【必殺技】
 グランドブラスター・・・下、右下、右+B
 クロスダイビング・・・左、左下、下、右下、右+A
 スピニングランサー・・・左、右、右下、下、左下、左+B
 ドラムショット・・・左下、右+A

【超必殺技】
 ライジングスピア・・・下、右下、右、右下、下、左下、左+A
posted by 将 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ネオジオ(NG) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック