2005年09月20日

GG『女神転生外伝ラストバイブル』

1994年4月22日発売/セガ/5,500円(別)/RPG/1人用
0224.jpg0224-ura.jpg

<ゲーム内容>
 ゲームボーイから移植のRPGで、メガテン(女神転生)の外伝にあたる作品。セーブは3つまでできる。エル、キシュ、ウラノス、魔獣×3の最大6人パーティー。ただし、最初は1人(エル)のみ。また主人公の3人はネーム変更が可能。魔獣と交渉として仲魔に引き入れたり、魔獣同士を合成して新しい魔獣にしたり、ミューテーションといった魔獣の突然変異などメガテンの特長を引き継いでいる。ゲームギアでは他にスペシャルが、ゲームボーイでは1と2が、スーパーファミコンでは3が発売されている。

<操作方法>
 方向ボタン・・・コマンドの選択/キャラクターの移動
 スタートボタン・・・ゲームをスタートします/名前入力時のひらがな・カタカナの切替
 1ボタン・・・移動時のコマンドウィンドウを表示/コマンドのキャンセル
 2ボタン・・・会話をする/調べる(宝箱を開ける)/コマンドの決定/移動中に2ボタンを押すと速く移動します
※スタート・1・2ボタンを同時に押すと、リセットされ、セガロゴに戻ります。

<ストーリー>

地球に生命が誕生する遥か昔

太陽系第5惑星にある生命体が降り立った。

彼らは、宇宙の誕生の時から変質していない物質「オリハルコン」を

まだ若いその星のいたる所に設置した。

「オリハルコン」は生命の力を増幅し

その星を自然にあふれた緑の星にした。

次第に知能を持つ生命が誕生し、いつしか文明を持つ者が現われた。

彼らは、地球人と変わらぬ姿形をしていたが、ただ1つ異なる部分があった。

それは、「ガイア」と呼ばれる超能力が備わっていたのだ。
posted by 将 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームギア(GG) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック