2005年08月20日

FC『いっき』

1985年11月28日発売/サンソフト/4,900円(別)/ACT/1〜2人用
0193.jpg

<ゲーム内容>
 アーケードから移植の全4面のアクションゲーム。タイトル通り一揆がテーマで、最終的には悪代官をこらしめるのが目的。各面は自由に移動ができる。またチャレンジ・ステージというボーナスステージも用意されている。

<操作方法>
 十字ボタン・・・権べ(田吾)が、ボタンを押した方向に移動します。
 セレクトボタン・・・ゲームセレクトを選択します。
 スタートボタン・・・ゲームスタート及びゲーム中のポーズ機能。
 Aボタン・・・権べ(田吾)が、一番近くにいる敵に向かってカマを投げます。
 Bボタン・・・使用しません。
※(田吾)は2人用の場合です。

<ストーリー>
 むかしむかしの江戸時代でありました。

 ある所に働き者のお百姓さんと悪代官がいましたとさ。代官はお百姓さんの食べる米まで年貢にとりたててしまうので、このままではみんな飢え死にしてしまいます。とうとう耐えかねた2人のお百姓さんが立ち上がりました。2人の名は、権べと田吾と言います。さて、たった2人の百姓一揆、痛快時代劇ゲームの始まり始まり・・・・・・




<キャラクター>
・権べ・・・お百姓さんの1人。年長者だが元気!
・田吾・・・2人めの主人公。少し若いがしっかり者。
・忍者(黒)・・・強くはないが、数は多い。
・忍者(赤)・・・足が速いので要注意。
・代官・・・体当たりでOK!
・腰元・・・逃げろ逃げろ!
・妖怪・・・攻撃できなくなるぞ。
・鉄砲隊・・・近づくな!

<アイテム>
・小判・・・8個集めると1面をクリアできる。
・カマ・・・お百姓さんの武器は、これだけだ。
・竹ヤリ・・・竹ヤリ持てば忍者なんかこわくない。
・大根・・・足が速くなって手裏剣だってこわくない。
・巻き物・・・お百姓さん1人追加。
・煙・・・チャレンジステージに進める。

<得点>
・黒い忍者・・・100点(竹やりの場合・・・500点)
・赤の忍者・・・200点(竹やりの場合・・・500点)
・小判を拾う・・・200点
・代官をつかまえる・・・1000点
・チャレンジ・ステージ
 オニギリ・・・100点
 10個以上拾った時のボーナス・・・5000点
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック