2005年07月22日

FC『サラダの国のトマト姫』

1988年5月27日発売/ハドソン/5,900円(別)/ADV/1人用
0164.jpg

<ゲーム内容>
 パソコンから移植のアドベンチャーゲームで、登場人物は全て野菜や果物など擬人化されたキャラクターたち。「いどう」、「みる」、「しらべる」、「はなす」、「とる」、「つかう」、「わたす」、「かう」、「たたく」、「たたかう」、「ほめる」、「すてる」、「もちもの」、「かきっぱち」・・・といったコマンドが用意されていて、フラグとマッピングをしていれば解けるようになっている。バトルはすべて「あっち向いてホイ」。パスワードによってブロック毎の続きからプレイ可能。

<操作方法>
 十字キー・・・コマンドの選択。3D迷路内での移動(上−前へ進む、下−後を向く、左−左を向く、右−右を向く)。じゃんけんバトル時のグーチョキパーの決定と上下左右の決定(上下−グー、左−チョキ、右−パー)。
 セレクトボタン・・・コンティニューとスタートを選択するとき
 スタートボタン・・・ゲームをスタートさせるとき
 Aボタン・・・コマンドの決定。メッセージのつづきを聞きたいとき。
 Bボタン・・・コマンドのキャンセル。

<ストーリー>
 ここは野菜と果物たちが平和にくらすサラダ王国です。城下町のサラダロアの町は今日もにぎわって、町はずれにある「キュウリ戦士の銅像」の前では、柿のおじいさんが、子供たちを相手に昔話をしています。

 「今日は、みんなに、わしの御先祖様が、このキュウリ戦士のお供をして、悪いカボチャ大王をこらしめた、大冒険のお話をしてあげよう。」

 柿のおじいさんは、やさしく子供たちを見まわすと、ゆっくり話しはじめました。

 

 いまは、平和なサラダ王国も、昔は大きな戦が何度もあってな。とくに、わしら野菜や果物を狩って食べていた、おそろしいノーミン族との戦いはすごいものじゃった。

 このノーミン族をこらしめて、王国を守ったのが、オニオン王じゃ。オニオン王は、野菜や果物のあいだにあった身分制度をなくし、みんなが平等にくらせる世の中を築いたんじゃ。王国は栄え、国民たちはみな、オニオン王を尊敬していた。

 ところがじゃ、それまでは王国の貴族として勢力を持っていたカボチャ一族のパンプキン大臣は、威張れなくなったので、おもしろくないと思ったのじゃ。「どうして、わしらカボチャが、ピーマンやニンニクと同じにくらせねばならんのだ。よし!こうなったら反乱じゃ!」

 反乱をおこしたパンプキンは、ウツボ山脈のふもとに城をたて、みずからカボチャ大王を名乗るようになったんじゃ。カボチャ大王はカボチャが一番えらいという身分制度をつくり、強力な軍隊と重い年貢で国民を苦しめたのじゃ。そのうえカボチャ大王はノーミン族と手を結び、逆らうものをかたっぱしから捕え、ろうやに入れてしまった。

 いっぽうカボチャ軍の手をのがれた年老いたオニオン王、王女のトマト姫は、かつてのオニオン王国の兵士と、レジスタンス(カボチャ大王に抵抗する野菜と果物たちの組織)を結成しカボチャ大王を倒そうとしていたのじゃった。

 ところが、そのトマト姫が、カボチャ大王の陰謀にはまって、ウツボ山脈のふもとの城にとじこめられてしまったのじゃ。オニオン王は、悲しみのあまり亡くなってしまった。国民は深く悲しみ、トマト姫の事を心配したのじゃよ。

 そしてカボチャ大王は、こともあろうに、トマト姫との結婚を発表した。

 その婚礼が迫ったある日、旅に出ていたオニオン王国一の勇者、キュウリ戦士が、サラダ王国に帰ってきたのじゃ!

 話をきいたキュウリ戦士は、わしの御先祖様の柿っ八をお供に、捕われのトマト姫を救い、カボチャ大王をこらしめるために立ち上がったのじゃ。

 

 「わしの話はここまでじゃ。このあとは、みんながキュウリ戦士となってカボチャ大王と戦うのじゃよ。ホッホッホッ・・・・・・・・・」

 柿のおじいさんは、そういってまた、やさしく、子供たちを見まわしました。


<裏技>
[全面パスワード]

ブロック場所パスワード
スタート必要なし
サラダロアの町みふみにぬまい
サラダロア奉行所の牢屋の中せきこへかさこへにさえ
ホウレン草原の四つ角つねあせまふひほまふぬ
レジスタンス基地入口きねあとのふひほまふまつさみく
キャロット高原の真ん中ひくこしちしさせそたちあひたてなき
メインストリートねしうすちそそつてとなかそねぬこてか
カボチャ大王の城の倉庫たしきすけたちつてとなかそねぬこてほ
サラダロアの町のオレンジ公園しさきほそそたちつてとなせぬにけはませ






<登場人物プロフィール>

●キュウリ戦士

 オニオン王国一の勇者。オニオン王のもと、ノーミン族を相手に大活躍したが、もっと広く世界をみたいといって大臣の座を捨てて、諸国武者修行の旅へ。キュウリ一本流剣法の使い手。得意技はモロミの剣。トマト姫には、ほのかな恋心を抱いている。


●トマト姫

 オニオン王の娘。カボチャ大王の圧政に立ち上がるが、陰謀にはまり、捕われの身に。国民の希望の星である。歌って踊れる女王をめざしているとか。


●カボチャ大王

 カボチャ一族のリーダーパンプキン。カボチャ大王と名乗ってからは、国民を苦しみのどん底に突き落とす暴君となる。じゃんけんの強さはものすごく、一度も負けたことがない。


●柿っ八

 柿一族のお調子者。剣術はさっぱりだが、村じゃんけんでは、いつも横綱になっているくらいのじゃんけん名人。カボチャ軍の手によってノーミン族にひきわたされてしまうが、自力で逃げ出す。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック