2006年12月21日

PS2『ロックマンX7』

2003年7月17日発売/カプコン/5,800円(別)/ACT/1人用/40KB以上
0517.jpg0517-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『ロックマンX』シリーズの7作目。Xシリーズ3人目のヒーロー”アクセル”が登場。ステージ選択後に3人の主人公(エックス、ゼロ、アクセル。ただし、エックスは条件付で使用可。)から好きな2人を選び、使い分けながら戦う「ダブルヒーローシステム」を導入。従来の2Dに3Dも加えたステージ構成になっている。オープニングテーマ曲は、愛内里菜「CODE CRUSH」。エンディングテーマ曲は、森久保祥太郎「LAZY MIND」。

<操作方法>
 左スティック/方向キー・・・キャラクターの移動/項目の選択
 右スティック・・・特殊武器の切り替え
 SELECTボタン・・・武器選択画面で「クイットゲーム」画面呼び出し
 STARTボタン・・・サブ画面呼び出し/ゲームの開始
 〇ボタン・・・ダッシュ/選択の決定
 ×ボタン・・・ジャンプ/選択のキャンセル
 △ボタン・・・特殊武器(エックス:特殊武器、ゼロ:必殺技、アクセル:コピーショット)
 □ボタン・・・ノーマル武器(エックス:エックスバスター、ゼロ:ゼットセイバー、アクセル:アクセルバレット)
 L1ボタン・・・3Dプレイ時のカメラ操作
 L2ボタン・・・プレイヤーチェンジ、ライドアーマーからの離脱
 R1ボタン・・・3Dプレイ時のカメラ操作
 R2ボタン・・・ロックオンターゲットのチェンジ

<プロローグ>
―――――――21XX年
人類が安全な地下都市で暮らす間、荒廃した地上を復興する「レプリロイド」たちの作業が順調に進んでいた。
しかし一方、「イレギュラー」と呼ばれる犯罪レプリロイドも激増しつつあった。

高性能レプリロイド・エックスは、イレギュラーを取り締まる公式組織「イレギュラーハンター」の精鋭部隊隊長として活躍してきたが、力で相手を押さえつけることに疑問を感じ、平和的解決の道を求めて第一線を退いてしまう。彼が抜けて弱体化したイレギュラーハンターに代わり、非合法にイレギュラーを倒す自警集団「レッドアラート」が活動を始めた。

ある日、事件現場に急行したイレギュラーハンター・ゼロは、大型メカニロイドに追われている少年レプリロイド、アクセルと出会う。彼は、イレギュラーハンターになるためにレッドアラートを脱走してきたと言うが、多くを語ろうとはしなかった。

そこへ、レッドアラートのリーダー、レッドが現れ、アクセルを引き渡すよう要求する。しかし、本人の意志を無視して自由を奪うことは、ゼロには絶対に許せない。

こうして、一人のレプリロイドを巡り、「正義」の意味を巡って、イレギュラーハンター対レッドアラートの戦いが始まった!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: ロックマンX『ロックマンX』(ろっくまんえっくす)は、1993年にカプコンから発売されたスーパーファミコン専用のアクションゲームである。シリーズ第一作。『ロックマン (ゲーム)|ロックマン』より1世紀..
Weblog: ゲーム情報局
Tracked: 2007-07-28 16:57