2012年08月24日

FC『ソロモンの鍵』

1986年7月30日発売/テクモ/4,900円(別)/A・PZL/1人用
1420.jpg

<ゲーム内容>
 魔法使いダーナを操作し、「換石の術」で石のブロックを生成したり壊したりして、制限時間内に鍵を入手し、次のステージへ続く扉に入るのが目的の固定画面型アクションパズルゲーム。全50ステージ。換石の術以外にも「頭突き」や12種類の魔法のアイテム(マンダのつぼ、マガドラのつぼ、ライラの巻物、クリスタル・ラド、メルトナの薬、ノルムの砂時計、エドレムの薬、ライラックの鐘、マプロスの薬、宝袋、ジュエル(宝石)、金貨・銀貨)、テクニック(スパークボール誘導、遠方換石の術、バーン対策法)などを駆使して攻略できるようなステージも用意されている。ゲームオーバー時に、ゲーム偏差値(Game・Deviation・Value/プレイ中の様々な要素を、総合的に評価する画期的な方式)が表示される。PCエンジン版のアレンジ作品を含め、いくつかの機種で移植、シリーズ化された。

<操作方法>
 十字ボタン・・・上:ジャンプ 下:しゃがむ 左:左に走る 右:右に走る ※ななめに入れるとななめジャンプやしゃがみ歩きもできますよ。
 セレクトボタン・・・使用しません。
 スタートボタン・・・ゲームスタート、ポーズ。
 Aボタン・・・換石の術を使います。
 Bボタン・・・火球の術を使います。

<プロローグ>
 世界がまだカオスの状態にあった頃、悪霊たちは悪行の限りをつくし、暴れ回っていた。偉大なる王ソロモンは、魔術を研究し、その生涯の成果を記した魔法書「ソロモンの鍵」の魔力で、悪霊たちを地下星座宮深く封じ込めたと伝えられている。

 この伝説を信じ、長年探し求めた道士がいた。彼はついに星座宮を発見し、「ソロモンの鍵」にたどり着いた。魔法書を取る。と、次の瞬間、悪霊たちが溢れ出し、世界と時間を引き裂いた!世界はふたたび天地創造以前のカオス化とし、悪霊たちの支配する闇の王国となった。妖精の園ライラックの王、ユトラは、魔法使いダーナに世界の修復を命じるのだった。ダーナは今、禁断の閉じられた秘境、魔の星座宮に踏み込んでいく・・・・・・。

<裏技>
〔コンティニュー〕・・・ゲームオーバーになった時、コントローラ1のAボタン、Bボタン、上を同時に押す。アイテムは無くなってしまうが、コンティニューする事ができる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック