2005年04月05日

NG『ファイヤー・スープレックス』

1993年4月23日発売/SNK/28,000円(別)/SPT(プロレス)/1〜2人用/106M
0056.jpg

<ゲーム内容>
 正統派レスラーから悪役レスラーまで、全10人のレスラー(ロイ・ウィルソン、テリー・ロジャース、ザ・レッドドラゴン、ザ・ガンダーラ、レオ・ブラッドレイ、ビッグ・ボンバーダー、ブラバーマン、マスター・バーンズ、ゴチャク・ビッグボム、ブルース・ハブラム)が闘うプロレスゲーム。シングルマッチモード(1P対COM)、タッグマッチモード(1P・2P対COM)、VSモード(1P対2P)といった3つのモードで遊べる。難易度はEASY、NORMAL、MVS、HARDから選択可能。ネオジオCD版は1995年4月21日、5,800円(別)で発売。

<操作方法>
 コントロールレバー・・・キャラクターの操作(移動、技の回避等)に使用します。同方向に2回入れてダッシュ。
 セレクトボタン・・・ゲーム中に押すとポーズ(一時停止)がかかり、再度押すと解除されます。
 スタートボタン・・・ゲームスタート、途中参加対戦に使用します。
 Aボタン・・・攻撃(パンチやキックなど)に使用します。
 Bボタン・・・攻撃(パンチやキックなど)に使用します。
 Cボタン・・・ジャンプに使用します。
 Dボタン・・・フォールに使用します。挑発もできます。

【相手と間合いがある時】
 Aボタン・・・パンチ系の攻撃
 Bボタン・・・キック系の攻撃
 Cボタン・・・ジャンプ
 C+AorBボタン・・・ジャンプ技
 A+Bボタン+レバー左or右・・・瞬間移動

【自分から相手に仕掛ける時】※右向きの場合
 レバー右右(同方向2回)・・・ダッシュ
 レバー右右+AorBボタン・・・ダッシュ技
 レバー右+Aボタン連打・・・特殊技

【相手と組んだ時(組み技)】Aボタンを連打してパワーアップ!(テクニックゲージの量が増えます。)技をかけろの表示が出たら・・・・・・
 レバー左or右+Aボタン・・・ロープに振る
 AorBボタン・・・投げ飛ばす
 レバー上or下+Aボタン・・・短打コンビネーション
 レバー+Bボタン・・・投げ技や力技など
 A+Bボタン(+レバー下)・・・必殺技(そのままホールド)

【相手が倒れている時】敵が倒れている範囲内で、
 Aボタン・・・引き起こし
 Bボタン・・・寝技(締め技)
 Cボタン・・・寝技(落下技)
 Dボタン・・・フォール

【その他の操作】
☆コーナーポストに上がって攻撃する場合
 コーナーでレバーを上、または斜め上に入れてポストに上がる。AorBボタンでポスト技!

☆相手の背後にまわった時
 AorBボタンでバックドロップ!

☆相手が場外にいる場合
 AorBボタンで、リング内から場外の敵にアタック!
(相手が立っているか、倒れているかで技が異なります。)

☆ピンチの時(バックをとられた時、フォールや倒れた時、寝技をかけられた時、組み技をかけられた時など)
 レバーを左右に振りながらAボタンを連打

☆ロープに振られた場合
 Aボタン連打・・・戻る時に止まる
 Dボタン・・・よける

【タッグマッチの場合】
 〇体力回復・・・コーナーで待機している間にAボタンを連打し続けると、体力が回復します。
 〇タッチ交代・・・待機している味方のそばまで行き、Dボタンを押せばタッチを行います。
 〇フォールカット・・・味方がフォールされたり、寝技にかかった時点で待機中のキャラがリング内に入るので、そばまで行ってA〜Cボタンのいずれかを押します。

<バックストーリー>
 SWF(SNK WRESTLING FEDERATION)は、プロレス界の頂点に立つ団体である。そのSWFが遂に『世界統一無差別級トーナメント』の開催を決定した。大会は「真のワールドチャンピオン」を決めるためのもので、体重制限のない無差別級に世界の強豪レスラーを自由参加させて闘わせる。しかも、トーナメントには過激なデスマッチも組み込まれ、プロレス史上最も苛酷な闘いとなりそうな気配だ・・・・・・。そして、いよいよ大会開始。全世界から現SWFヘビー級チャンピオンをはじめとする強豪達がエントリー、中には暗黒の地下プロレス組織「獅子の穴」出身の凶暴なレスラー達もいた。闘う者の誇りと野望を胸に秘めて、颯爽とリングに上がる10人の男達。一体、どのレスラーの頭上に「真のワールドチャンピオン」の栄冠が輝くのか!?
posted by 将 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ネオジオ(NG) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック