2006年08月04日

PS2『虫姫さま(タイトーベスト)』

2006年8月3日発売/タイトー/2,940円(込)/STG/1〜2人用/43KB以上
0445.jpg0445-ura.jpg

<ゲーム内容>
 2005年7月21日に発売された同タイトルの廉価版。アーケードから移植の弾幕系縦スクロールシューティングゲーム。2人同時プレイ可。全5面。ゲームモードは、「ARCADE MODE」、「ARRANGE MODE」、「GALLERY」、「OPTION」の4種類。

<操作方法>
 方向キー・・・自機の移動
 左スティック・・・自機の移動
 STARTボタン・・・ポーズ/デモのキャンセル
 〇ボタン・・・ボム
 ×ボタン・・・ショット
 □ボタン・・・ショットチェンジ(ARRANGE MODEのみ)
 R1ボタン・・・ショット(フルオート連射)

<STORY>
 今とは違う時間軸。
今は砂漠の方が多い地球に、巨大な堅い甲羅を持った節足動物達が栄えておりました。その影で暮らすニンゲンは、彼らを”甲羅を持った獣「甲獣」”と呼び、森の神として崇めておりました。
 そんな森の一画に、ニンゲン達の里はありました。
200年に一度、その年に15歳の成人を迎えるもの一人を”贄”として甲獣さまに捧げることで、住むことを許されている土地でした。
”贄”を捧げた夜に、夥しい数の流星がみられたことから名付けられたと言われる「ホシフリの里」の王国。
そこに一人の元気な姫がおりました。名はレコ。

 レコ姫は小さな頃、甲獣達の住む「シンジュが森」で迷子になった事がありました。
「男の子と違った気がする。素敵な石のブレスレットをしてて、「キレーだね」って言ったらとっても驚いた顔してたけど・・・、優しく笑ってそれをくれたの。これすごいんだよ。これをしてるとみんな(甲獣)の気持ちがなんとなくわかるんだ。」
ブレスレットを輝かせ今日も、里の者が恐れて入らないシンジュが森へ好んで遊びに行くのでした。

里の人々はレコ姫のブレスレットを見て大変に驚きました。
あれは”贄”に選ばれた者に届けられるもの。
なぜ姫さまがそんなものをなさっているのか?
次は姫さまの番なのでしょうか?
でも里の誰もそのことをレコ姫には言えません。
また、いくら綺麗だと思っても、「自分も欲しい」と羨ましがる者はいないのでした。

 レコ姫が晴れて15歳の成人を迎えたこの年、ホシフリの里に疫病が流行りました。次々と未知の病気に伏せる人々。
そんな中でもレコ姫だけは元気なのでした。
人々は噂しました。甲獣様はレコ姫を求めているのではないか?
レコ姫さまが成人の年になられた。
ブレスレット。
そしてこの流行病。
200年の風習はまだ生きておったのか。
「甲獣さまがレコ姫さまを出せと言っているのか。」
「呼んでおるのじゃ。」
「差し出さなければならぬのか。」
「里のためじゃ。」
 騒ぐホシフリの里の人々の声を無視できないと思った王は悩み、震える声でレコ姫に言うのでした。
「・・・・・・シンジュが森の、甲獣神様の元に、行ってはくれまいか。」

 レコ姫は、二つ返事で承諾しました。
「里のみんなを治せるなら!」
そう言うとレコ姫は「森で友達になった」という金色の甲獣に乗りブレスレットを眺めながら、ふっと思うのでした。
「昔にも病気が流行ったことがあったって聞いた事がある。確か”贄”が遅れた時とかなんとか・・・。」
「そんなことより!」
レコ姫は森の奥に急ぐのでした。
神様ってどんなだろう。
あの男の子が神様だったらいいのにな、と思いながら。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック