2010年05月09日

MD『FZ戦記AXIS(アクシス)』

1990年10月12日発売/ウルフ・チーム/6,800円(別)/A・STG/1人用
1138.jpg1138-ura.jpg

<ゲーム内容>
 全7面(市街地、砂漠と遺跡、渓谷、洞窟、アクシス入り口、アクシス中枢部、バトリング)14ステージ構成のクォータービューのアクションシューティングゲーム。『FINAL ZONE(ファイナルゾーン)』の続編で、X68000版もあり。プレイヤーのロボットには、14箇所にユニットを装着でき、様々なパターンが得られる。難易度は、EASY・NORMAL・HARDの3段階で、それぞれコンティニュー回数も異なる。パッケージイラストは美樹本晴彦で、初回限定特典は特製イラストハガキ4枚組セット付。

<操作方法>
 方向ボタン・・・NAPを8方向移動させます。同じ方向を2回連続して押すと、スピードが上がります。移動方向と逆の方向に押すと、ブレーキがかかります。
 スタートボタン・・・ゲーム中に押すと静止状態(ポーズ)になります。ゲームを再開するときはもう一度スタートボタンを押して下さい。
 Aボタン・・・「ハンドウェポン」を撃ちます。
 Bボタン・・・「オプションウェポン」を撃ちます。
 Cボタン・・・ユニットのセレクトモードに入ります。

<バックボーン>
 EWS(※1)の出現で、ICBMを始めとする数々のミサイル兵器の使用が困難になると同時に、高性能の軍事衛星により大規模戦力が完全に監視されるようになった時、兵器は新しい”小規模陸戦兵器”時代に入った。当初は戦車をベースにした開発が進められていた。が、戦車は既に兵器として巨大すぎた。軍としては歩兵のゲリラ戦術に戦車並の重火器を兼ね揃えた新兵器が必要だったのである。NAP(※2)はその背景の中誕生した。
 ハワード・ボウィ。かつて166号作戦においてGN−16Bを破壊した男。が、その輝かしい戦功とは相反して彼の人生は暗く、血生臭いものとなる。かつての戦友との別れ、NAP投入に伴う旧態のコマンド部隊の解散・・・。しかし戦争の中でしか生きる意義を見いだせない彼にとってNAPを操るのはさして苦ではなかった。
 孤高のNAPファイターとなった彼は連邦軍を退役、軍事国家エルシリア(※3)の外人部隊アンデッドに入隊する。彼にとって戦争こそが生きるための軸なのだ・・・。

※1:EWS(Early Warning Satellites)長距離兵器を主体とした早期警戒システム。
※2:NAP(New Age Powered−Suits)ミサイル兵器に代わって開発された陸戦用機動兵器
※3:エルシリア 外人部隊”アンデッド””シャーク””アニマル”を擁す軍事国家。
posted by 将 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック