2009年08月22日

DS『頭の回転のトレーニング ルービックキューブ&超有名パズルたち』

2007年4月26日発売/デジタルワークスエンターテインメント/3,654円(込)/PZL(パズル)/1〜4人用(DSダウンロードプレイは2〜4人用)/セーブ可能データ数1個
1053.jpg1053-ura.jpg

<ゲーム内容>
 日本ルービックキューブ協会監修ソフト。キューブを揃えるタイムを計測し、クリア後にIQ診断が行われる「シングルモード」、出題される模様を相手より早くキューブで揃える最大4人まで通信対戦できる「対戦モード」、キューブの揃え方を紹介する「指南モード」、各種設定を行ったり、7種類のミニゲームをプレイできる「オプション」といった4つのゲームモードが用意されている。

[ルービックキューブとは?]
 ルービックキューブは、ハンガリーのエルノー・ルービック教授が発明した立体パズルで、1980年代に日本で大ブームとなりました。

<操作方法>
 十字ボタン・・・キューブの一時的な向きの変更。ボタンをはなすと元に戻る。
 STARTボタン・・・ポーズメニューの表示
 Xボタン・・・キューブの向きを初期状態に戻す
 Lボタン・・・キューブの向きを固定する
 Rボタン・・・操作を1手順戻す(最大20手順)
※オプションメニューの操作設定で左利き用に変更すると、十字ボタンとABXYボタンが、LボタンとRボタンが、それぞれ変更されます。

【ミニゲーム】 ※各ミニゲームとも初級・中級・上級の難易度設定あり。
■箱入り娘
 日本古来からある昔懐かしいブロックパズル。タッチペンで大きさの異なるブロックを移動させて、中央奥に位置する「娘」を中央手前に逃がしてあげよう。

■ローリーパズル
 タッチペンを使ってブロックを回転させたり、ピースをスライドして色を揃えよう。枠外をなぞれば、パズル本体が回転します。

■シルエットパズル
 ピースを動かしシルエットの穴を埋めていくゲーム。ペンをスライドさせる事でピースが移動します。ペンでピースをタッチすると反時計回りに回転します。

■銀玉迷路
 迷路の盤を動かして、銀玉を転がしてゴールまで導くゲーム。穴におちたら、スタートからやり直し。画面のはしをタッチして迷路盤を傾けましょう。

■ちえのわ
 昔懐かしい金属パズル。部品を特定の位置までスライドさせ、L(R)ボタンを押して繋げたり外したりします。規定のチャンス内に全てを外そう。

■テトリックキューブ
 落ちてくるブロックを上面のキューブ型(3×3×3)に揃えて、消していきます。最終的に6面体(6色)のブロックを消せればクリア。十字ボタンで左右移動、Aボタンでブロックが回転します。

■ルービック数脳
 マスの中の数字をスライドさせ、縦・横・斜め各列の合計をすべて34にするゲーム。タッチペンで数字を当てはめます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック