2009年08月03日

WS『麻雀 登龍門』

1999年3月11日発売/サミー/3,800円(別)/TBL(麻雀)/1〜2人用
1047.jpg1047-ura.jpg

<ゲーム内容>
 『ぎゅわんぶらあ自己中心派』シリーズのような4段に分割された画面構成で対局する4人打ち麻雀ゲーム。セーブデータは3人分用意されている。

[ゲームモード]
■フリー対局モード・・・3人の対局者を自由に選んで半荘を行ないます。
■トーナメントモード・・・賞金を稼ぎながら、6つのトーナメントを制覇していきます。
■対戦モード・・・通信ケーブルを使ってプレイヤー2人、CPU2人で対局します。
■対戦記録・・・それぞれのモードで対局成績が記録されます。
■点数計算モード・・・和了形を入力すると、符や点数の計算を自動的に行ないます。
■オプション・・・BGMやSEの有無が選べます。

<操作方法>
【基本的な操作方法】
 Yボタン・・・ページを切り替えます。
 Xボタン・・・それぞれの項目を選択できます。
 サウンドボタン・・・スピーカーの音量を3段階で調節できます。
 Aボタン・・・決定。次の画面へ進めます。
 Bボタン・・・キャンセル。
 周辺機器差し込み口・・・ワンダースワン専用通信ケーブルやワンダースワン専用ヘッドホン付アダプタ(別売り)をセットします。
※本体を横に持ってプレイします。

【対局中の操作方法】
 X1(X3)ボタン・・・残り牌の枚数チェックやリーチ・和了(あがり)・ポン・チー・カンの中から、そのときに選択できるものを表示します。
 X2(X4)ボタン・・・捨て牌のカーソルが動かせます。
 Y1ボタン・・・和了の状態を表示します(和了の場合のみ)。
 Y3ボタン・・・対局中にすべての参加者の持ち点と名前が確認できます。
 Y4ボタン・・・点数計算画面を表示します(和了の場合のみ)。
 Y2ボタン・・・使用しません。
 スタートボタン・・・使用しません。
 Aボタン・・・捨て牌、鳴く牌の決定。リーチ・和了・ポン・チー・カンの決定、および入力待ちのキャンセルができます。
 Bボタン・・・対局中にすべての参加者の持ち点と名前が確認できます。
この記事へのコメント
はじめまして!
美紀といいます。
この度ブログを始めたので挨拶で
コメントさせて頂きました。

私のブログは競艇やギャンブルが主になっちゃうと
思いますが日常の事もいろいろ書いていくので
よかったらコメントください☆

http://ameblo.jp/boat-gals/
Posted by みき at 2009年08月04日 19:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック