2009年07月15日

MD『マージャンCOP竜』

1989年12月14日発売/セガ/5,500円(別)/TBL(麻雀)/1人用
1035.jpg1035-ura.jpg

<ゲーム内容>
 闇の麻雀組織「白狼」の壊滅と竜子の救出を目的としたアドベンチャー麻雀ゲーム。全10ステージで、パスワードで続きから再開できる。暗黒雀士8人と対局できるモードや清一型の聴牌当てクイズのモードなどもある。アーケードゲーム『スケバン雀士竜子』の続編。エンディングは2種類あり。

<操作方法>
 方向ボタン・・・カーソルの移動
 Aボタン・・・麻雀牌のツモ、ステ牌の決定。配牌のスピードアップ。ウインドウのスキップ。
 Bボタン・・・キャンセル
 Cボタン・・・ツモ、ロン、ポン、チー、カン、リーチのウインドウが開きます。方向ボタンの上下で選び、Aボタンで決定します。
 Cボタン2回・・・イカリパワーとESPパワー使用のウインドウが開きます。方向ボタンの上下で選び、Aボタンで決定します。

<ストーリー>
1989年1月、闇の麻雀シンジケート「雀狼会」は日本の政財界を完全に支配し、ボス雀王は、闇の総理大臣と言われるほどの権力をその手中に収めていた。

警視庁は手も足も出ず、「雀狼会」に戦いを挑む警視庁麻雀特捜部(MJC)のエージェントたちも、すべてが闇から闇へと葬り去られた。

万策のつきはてたMJCの前に、1人のスケバン雀士が現れた。彼女の名は”竜子”・・・・・・。

「雀狼会」に単身乗り込んだ竜子は、次々と立ちはだかる暗黒雀士たちをなぎ倒した。

そして、ついにボス雀王のいるアジトにたどり着いた。

場は南4局。激しい攻防が繰り広げられていたが、わずかの差で雀王がトップに立っていた。究極の積み込み技を使った竜子の手牌には、トリプル役満聴牌の手が入ったが、それより早く雀王がリーチをかけてきた。竜子に残されたツモはあと1回。ついに禁断のイナヅマツモを使うことにすべてを賭けた。イカリパワーを極限まで高め、そのパワーが頂点を極めたとき天空に黄金色に輝く竜がいななき一筋の雷光とともに和がり牌である南をツモった。

「ツモ!字一色、大三元、四暗刻」

「うっ、そんな馬鹿な!」

「私の勝ちよ、これで雀狼会も終わりね」

竜子の活躍で「雀狼会」は完全に崩壊。竜子も、高校卒業後、正式にMJCの一員となった。そんなある日のこと・・・。

政財界の大物が次々と謎の死を遂げる事件が発生した。

彼らの手には1つの麻雀牌が握られていた!

新たなる闇の麻雀組織の存在を察知したMJCは腕利きのエージェントたちを次々と送り込んだが、すべてが消息を絶ってしまった。

この組織こそ香港に本拠地を置く巨大な麻雀シンジケート「白狼」であった。

MJCのトップエージェントとして勇躍、「白狼」に乗り込む竜子だったが・・・・・・。

<裏技>
[最強パスワード]・・・パスワード画面で「六筒、五索、一索、白、白、五筒、五筒、二索、白、二索、二索、三索、七索、東」と入力する。全てのステータスがMAX(技力100、雀運100、積み込み技レベル20、イカリパワー4個、ESPパワー2個)で、最終ステージから始まる。

<関連リンク>
スケバン雀士竜子 オープニング&デモ動画

SSSG攻略日記内(ネタバレ)あり
posted by 将 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック