2009年05月15日

PS『通天閣』

1995年12月29日発売/SME/5,800円(別)/STG/1〜2人用/1ブロック
1011.jpg1011-ura.jpg

<ゲーム内容>
 2人同時プレイが可能なプレイステーションオリジナル縦スクロールシューティングゲーム。全5面。攻撃方法が異なる3体の機体(「クイダオレッガー」「クラバー」「シュリンパー」)から選択でき、アイテムによって自機のウェポンが4段階まで強力になったり、「通天閣ビーム」や「スサノオボンバー」といった必殺技も使える。難易度は、EASY・NORMAL・HARD・MANIAの4段階。初回出荷限定特典として「通天閣展望台特別入場券付き特製かっこいい古文書ポスター」同梱(↓参照)。

〜箱裏より〜
近未来の大阪人が近未来の大阪を舞台に繰り広げる近未来大阪シューティングゲーム!
●ハイレゾリューション背景で、くどいまでのビジュアルを実現。
●爽快!大迫力!仰天!驚異の大阪ウェポンが全編で炸裂。
●クジラが!大阪城が!多彩なボケキャラ達が襲いかかる。

<操作方法>
 方向キー・・・ゲーム画面では、自機の移動に使用します。それ以外の画面では、各メニューの選択&決定を行います。
 セレクトボタン・・・使用しません。
 スタートボタン・・・ゲーム中にこのボタンを押すと、ポーズがかかります。ポーズを解除するときは、もう一度ボタンを押して下さい。
 ○ボタン・・・”ボム系”ウェポンによる特殊攻撃を行います。
 ×ボタン・・・”ボム系”ウェポンによる特殊攻撃を行います。
 △ボタン・・・通常ウェポンのラピッドショット(オート連射)を行います。
 □ボタン・・・通常ウェポン(ショット系)による攻撃を行います。
 L1、L2、R1、R2ボタン・・・使用しません。
※上記は初期設定です。コンフィグ画面で変更する事ができます。

<STORY>
大阪のほん隣にはDEEP大阪があんねんて

 わてらの住んどる世界のほかに、もうひとつの世界があることを、人々は知らへんのや。隣合わせの異世界。そこはわてらの世界とよう似た、もっとエネルギッシュな世界・・・。大阪ちゅうのはその昔「逢坂」呼ばれたらしくてな、「あっちの世界」と「こっちの世界」が出おうた場所やったらしいんや。その場所は天王寺。「あっちの世界」のごっつう大きなエネルギーにビビりよった聖徳太子が、その接点を封印したっちゅう伝承まであるっちゅうから、こらホンマのことらしいがな。興味本位でとらえられがちやけど、ことは重大や。接点を封印されてもた異世界は放出せなあかんエネルギーに満ち溢れてもて、そこは現世とは比べもんにならへんほどに「濃い」DEEP大阪になってもた。そして199X年、異世界のエネルギーは限界に達してな、ドーンとっでっかい音がしたんで空見上げたら、天王寺の真上の空が割けて、なにからなにまで吸い込みよるんや。そのへん飛んでたメカまでヒューと消えてったで。ついに恐れていた事態が発生してもた。ひとりの若者が異世界へと吸い込まれたんや。彼は侵入者を排除しようと襲いかかるDEEP大阪の魔の手をかわし(ごっつうけったいな化けもんがいるらしいな、「あっちの世界」には)現世に戻るための戦いに挑むしかあらへん。・・・・・・あの兄ちゃん、無事戻って来れるんやろか?

1011-tokuten.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック