2008年12月27日

Wii『biohazard(バイオハザード)』

2008年12月25日発売/カプコン/4,190円(込)/A・ADV(サバイバルホラー)/1人用/1〜5ブロック
0938.jpg0938-ura.jpg

<ゲーム内容>
 1996年にプレイステーションで発売され、2002年にゲームキューブへリメイクされた作品の移植版。男性キャラクター「クリス・レッドフィールド」、女性キャラクター「ジル・バレンタイン」のどちらかを選び、ゾンビやクリーチャーなどの敵や様々なトラップに対処し、古びた館から脱出するのが目的のサバイバルホラー・アクション・アドベンチャーゲーム。選んだキャラクターによって難易度やストーリーが変わり、クリア条件によって隠しモードや隠し武器の追加なども用意されている。シリーズ最新作『バイオハザード5』が、2009年3月5日にPS3やXbox360で発売予定。

<操作方法>
【ヌンチャク・スタイルの操作方法】
 コントロールスティック・・・移動(前進、後退、左旋回、右旋回)
 コントロールスティック下+Zボタン・・・180°ターン
 Zボタン・・・走る
 Cボタン・・・照準切り替え・緊急回避アイテム使用
 十字ボタン・・・180°ターン
 Aボタン・・・アクション・攻撃/調べる/決定
 Bボタン・・・武器を構える/キャンセル ※Bボタンを押している間はAボタンの機能が攻撃に変わる
 −ボタン・・・MAPを開く/スキップ
 +ボタン・・・ステータス画面を開く/スキップ
 1ボタン・・・オプション画面を開く
 2ボタン・・・使用しない

【Wiiリモコン(横持ち)の操作方法】
 十字ボタン・・・移動(前進、後退、左旋回、右旋回)
 十字ボタン下+1ボタン・・・180°ターン
 Aボタン・・・ステータス画面を開く/照準切り替え
 Bボタン・・・武器を構える/緊急回避アイテム使用 ※Bボタンを押している間は2ボタンの機能が攻撃に変わる
 −ボタン・・・オプション画面を開く/スキップ
 +ボタン・・・MAP画面を開く/スキップ
 1ボタン・・・走る/キャンセル
 2ボタン・・・アクション・攻撃/調べる/決定

【クラシックコントローラの操作方法】
 十字ボタン、Lスティック・・・移動(前進、後退、左旋回、右旋回)
 十字ボタン下+bボタン・・・180°ターン
 −ボタン・・・オプション画面を開く/スキップ
 +ボタン・・・ステータス画面を開く/スキップ
 aボタン・・・アクション・攻撃/調べる/決定
 bボタン・・・走る/キャンセル
 xボタン・・・MAP画面を開く
 yボタン・・・ステータス画面を開く/スキップ
 Lボタン・・・照準切り替え・緊急回避アイテム使用
 Rボタン・・・武器を構える ※Rボタンを押している間はaボタンの機能が「攻撃」に変わる
 ZLボタン、ZRボタン、+ボタン・・・使用しない

【ゲームキューブコントローラの操作方法】
 十字ボタン、コントロールスティック・・・移動(前進、後退、左旋回、右旋回)
 十字ボタン下+Bボタン・・・180°ターン
 START/PAUSEボタン・・・オプション画面を開く
 Aボタン・・・アクション・攻撃/調べる/決定
 Bボタン・・・走る/キャンセル
 Xボタン・・・使用しない
 Yボタン・・・ステータス画面を開く/スキップ
 Cスティック・・・180°ターン
 Lトリガーボタン・・・照準切り替え・緊急回避アイテム使用
 Rトリガーボタン・・・武器を構える ※Rトリガーボタンを押している間はAボタンの機能が「攻撃」に変わる 
 Zボタン・・・MAP画面を開く

<Prologue>
S.T.A.R.S.
探索用哨戒ヘリが消息不明

ラクーン市警に所属している特殊部隊「S.T.A.R.S.」の
ブラヴォーチームを乗せた捜索用ヘリコプターが消息を絶っている事が
24日午前、同市警のスポークスマンにより明らかになった。

ラクーン市警の発表によると、昨夜S.T.A.R.S.の同チームは遭難者が
相次ぐアークレイ山地・ラクーンフォレストの現地調査に出動したが、
本日未明の通信を最後に連絡が途絶えたとの事。
同市警では何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとして、
広く目撃者の証言を求めるとともに、
今夕にもS.T.A.R.S.アルファチームを捜索に投入する方針。

ラクーン郊外では近年、猟奇殺人事件が多発し話題となっていたが、
今回の事件で一層住民の不安を招くことになりそうだ。
posted by 将 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ウィー(Wii) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック