2016年04月10日

GB『ザードの伝説』

1991年10月18日発売/ビック東海/3,980円(込)/RPG/1人用
1764.jpg

<ゲーム内容>
 ウルが舞台のオーソドックスなロールプレイングゲーム。敵の断末魔の叫び声に音声合成があったり、予想もできないストーリー展開があったりと意欲的な作品。セーブはひとつで、GBで2も発売された。お金の単位は”コロン”。

<操作方法>
 十字ボタン・・・マップ上でキャラクターを動かす。カーソルを動かしてコマンドを選ぶ。
 SELECTボタン・・・重要なアイテム画面をよび出す(もどる時はBボタンを押す)。
 STARTボタン・・・ゲームスタート。名前の決定。ステータス画面をよび出す(もどる時はBボタンを押す)
 Aボタン・・・町、城などの人と話す(話をしたい人の方を向いていなければならない)。宝箱を調べる(宝箱の上に乗っていなければならない)。目の前を調べる(何もなければ何も起きない)。ステータス画面などでのコマンドの決定。メッセージの早送り、改ページ。ドラゴンへの乗り降り(または変身)。ただし条件が必要。
 Bボタン・・・コマンドなどのキャンセル。ステータス画面などで初期状態にもどる。お店、ステータス画面などから抜ける。

<ストーリー>
 はるか昔、この地に現われた神”ゴウド”と”ゴデス”は3つの魔法石をつくり、この世界を創造した。

 その後、彼らは3つの神殿を設置してこの石をそれぞれに託すとともに、自らの力は聖竜(ドラゴン)に与えこの世界にとどまらせた。

 神殿と聖竜の眠る場所は、限られた者達にのみ、代々語り継がれていった。

 永劫の時が過ぎ去った――。

 この世界には、800年ごとに荒廃の兆しが見られ、そのたびに勇者が現われて混乱を救い、世界は建てなおされた。平和と安寧、混乱と恐怖の時代をくり返し、この世界にはこんな伝説が生まれた。

 『・・・・・・800年に一度、大魔王”ギース”が復活し混乱を招く時、創造神ゴウドとゴデスの下僕”ザード”は蘇り、聖竜とともにギースを迎え討つ・・・・・・』

 前回の混乱から約800年が過ぎ、世界はまた、その様相を険悪なものに変えはじめた。
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームボーイ(GB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする