2016年02月12日

Panasonic FS−A1F

1987年発売/Panasonic/54,800円(別)/ハード
h097.jpg

h097-2.jpg

<特徴>
 MSX2本体。パナソニックA1シリーズの一つで、3.5インチFDDを搭載。

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/MSX2
参考サイト2:http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BBa1
参考サイト3:https://www.msx.org/wiki/Panasonic_FS-A1F
参考サイト4:http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/151/151590/
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=XERs5Jn9ntQ

その他:2016年2月11日木曜日現在、庄内通のレトロゲーム&カフェバー くいっくたいむでプレイ可能。Twilogのハッシュタグも合わせてご参考ください。
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

Joycard SuperX(ジョイカード スーパーX)

p161.jpg

<内容>
 MSXやX68等に接続できるコントローラー。ハドソン製。連射装置付き。ジョイカードシリーズの一つ。
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

スライムタワーの像およびドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアーのチラシ

adv005.jpg

撮影日:2016年2月10日水曜日
場所:ラーメンまつりin名古屋2016会場の久屋大通公園(久屋広場/矢場町駅)
その他:2月10日水曜日〜2月14日日曜日の開催期間。
ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアーのチラシも無料配布。

続きを読む

2016年02月09日

AC『麻雀やるならー』

343-MJyarunara.jpg

 稼動時期:1991年7月
 発売元:ダイナックス
 ジャンル:脱衣麻雀+アルファ
 プレイ人数:1人用
 操作等:麻雀用コントロールパネル
 参考サイト:NAKの部屋サイト内のビデオゲームリスト
 プレイ動画:みてれぅ内

続きを読む
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アーケードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

Virtual IDOL(バーチャル・アイドル)Vol.1

b572.jpgb572-ura.jpg

 1994年11月10日、徳間書店インターメディア株式会社発行、株式会社徳間書店発売。690円(込)。118ページ(裏表紙含む)。

<内容>
 PCエンジンFAN11月号増刊。美少女キャラ&声優の新アイドル誌。1994年当時の美少女キャラ(主にPCエンジン)および活動されていた声優さんの紹介をしている。1997年までシリーズ化されていたとの事。2016年2月8日月曜日現在、今池のレトロゲームバー てーぶる・まうんてんで読む事ができる。
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

「みんなで冒険!『ドラゴンクエスト スーパーライトカフェ』のメニュー」

g645.jpg

g645-2.jpg

<内容>
 スマホゲーム『DRAGON QUEST MONSTERS SUPER LIGHT(DQMSL)』と渋谷ガーデンHanaのコラボ。2015年4月28日火曜日より期間限定(終了時期は未定)でオープン。アクセスや営業時間等は、公式サイトをご参考ください。

続きを読む
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

僕らは何故レトロゲームを遊ぶのか

b571.jpgb571-ura.jpg

 2015年10月8日発行、株式会社オークラ出版発行。1,500円+税。260ページ(裏表紙含む)。

<内容>
 著者:前田尋之。17章構成で、ゲームソフトの歴史の流れを掴むことができる教科書本。

序章 家庭用ゲーム機登場前夜「スペースインベーダー」
第1章 ファミコン以前のブーム立役者「ゲーム&ウオッチ」
第2章 コマンド選択式でAVGを「ポートピア連続殺人事件」
第3章 このゲームやりたさにファミコンが売れた「ゼビウス」
第4章 ジャンプアクションの決定版「スーパーマリオブラザーズ」
第5章 RPGというジャンルを確立させた名作「ドラゴンクエスト」
第6章 シューティング全盛・アーケード移植期「グラディウス」
第7章 落ちものパズルの始祖「テトリス」
第8章 箱庭を作る喜び「シムシティ」
第9章 格ゲーから派生した人気作「ファイナルファイト」
第10章 何かを育てる楽しさ「プリンセスメーカー」
第11章 対戦がゲームにもたらしたもの「ストリートファイターII」
第12章 冒険も戦闘もしない主人公「ときめきメモリアル」
第13章 ポリゴンとムービー登場によるグラフィックの超進化系「DOOM」
第14章 収集・交換・通信・・・ソーシャルゲームの源流「ポケットモンスター」
第15章 旧作リメイクと、ダウンロード配信サービス「バーチャルコンソール」
第16章 ゲームの面白さって何だろう?

※同著の家庭用ゲーム機興亡史 ゲーム機シェア争奪30年の歴史では、ゲームハードに特化した教科書本なので、セットで合わせるとより効果的です。世代的に10代〜20代後半もしくはゲームにそこまで詳しくないけど興味がある方向け。
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

HANDY FAMIEIGHT(ハンディファミエイト)

h096.jpg

h096-3.jpg

h096-2.jpg

<特徴>
 GBASP(別売)を装着させて、ファミカセを遊べるようにした海外製品。AVケーブルで外部出力も可能。

続きを読む
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

MD『ぷよぷよ』

1992年12月18日発売/セガ/4,800円(別)/A・PZL/1〜2人用
1750.jpg

<ゲーム内容>
 上から落下してくる”ぷよ”を操作し、縦か横に同じ色のぷよを4つ以上つなげて消す落ち物パズルゲーム。コンピューターと戦うストーリーが楽しめる「ひとりでぷよぷよ」、友達と対戦する「ふたりでぷよぷよ」、自分との戦いの「とことんぷよぷよ」、ぷよの回り方や難易度、対戦時のマッチゲーム数などが変更できる「おぷしょん」がゲームモードとして用意されている。

<操作方法>
【セレクト画面】
 方向ボタン・・・モードの選択に、上へ下への大忙しです!
 スタートボタン・A・B・Cボタン・・・決めるときには、彼らにまかせましょう。
※なお、大胆不敵にも、キャンセルボタンは付いておりません。

【ゲーム画面】
 方向ボタン・・・落ちてくるぷよぷよを動かすためのボタンです。左右で移動、下に入れると速度アップと、まったくありふれたものになっています。
 スタートボタン・・・万国共通のポーズボタンです。
 A・B・Cボタン・・・ぷよぷよが右(A・Cボタン)、もしくは左(Bボタン)に回転します。これもありふれたものになっており、芸がありません。
※なお、優美華麗な操作ができるように、ボタンの配置はオプション画面で変更できます。

<プロローグ>
魔導の書、時の書に記されているオワニモの呪文。

時空の狭間へ魔物を消し去る究極の呪文の一つである。

だがこの呪文、この世に生まれてからただの一度も使われたことがない、とまで言われている。

難しいからではない。

使用価値がないからである。

なぜなら4匹の同じ色の魔物を揃えなければ、

どこにもふっ飛ばすことができない難儀な魔法だからだ。

うーん、こじつけ。

しかし、封印にも似た長い眠りにあったこの究極の呪文にも、

つい日の目を見る時がやってきた。

アルルよ、このぷよぷよ地獄で

思う存分この呪文を使いまくってくれ!

たのむから!


<裏技>
〔サウンドテスト〕・・・タイトル画面で、Aボタン、Aボタン、左、Bボタン、Bボタン、左、Cボタン、Cボタンの順番に押す。「おぷしょん」画面にSOUND TESTの項目が加わっている。
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

AC『TIGER−HELI(タイガーヘリ)』

342-TIGER_HELI.jpg

<データ>
 稼動時期:1985年
 開発元:東亜プラン
 発売元:タイトー
 ジャンル:縦スクロールシューティング
 プレイ人数:1〜2人用
 操作等:8方向レバー+2ボタン(ショット、ボム)
 移植:FC、PS(東亜プランシューティングバトル)
 ステージ数:4面
 参考サイト:ウィキ
 参考サイト2:あたっく系ブログ内
 プレイ動画:YouTube内
 その他:2016年1月30日土曜日現在、愛知県・西尾市の天野ゲーム博物館で稼動中。

続きを読む
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アーケードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする