2014年11月12日

FC『キテレツ大百科』

1990年2月23日発売/エポック社/5,900円(別)/ACT/1人用
1633.jpg

<ゲーム内容>
 同名アニメをモチーフにしたライフ制アクションゲーム。木手英一(愛称:キテレツ)、コロ助、みよちゃん、ブタゴリラ、トンガリといった原作でもおなじみのキャラクター達が登場。全5面で、8文字の合言葉(パスワード)制。発明品開発にはお金と連射能力(速ければ速いほど少ないお金で済む)が必要で、如意光、酸素クリーム、宝物探知機、念力帽、地震発生機、壁抜け服、枢破天狗、強靭丸などの発明品が使用可。マルチエンディング(ライフを借りてクリアとライフを借りずにクリアの2種類)。

<操作方法>
 十字ボタン左右・・・キテレツが左右に歩きます。
 十字ボタン上・・・キテレツが立ち上がります。
 十字ボタン下・・・キテレツがかがみます。逆さまのときは下へ降ります。
 十字ボタン左右+Bボタン・・・キテレツが左右に走ります。
 セレクトボタン・・・コロ助、みよちゃんをキテレツのところに呼び寄せます。
 スタートボタン・・・ポーズ、ポーズの解除
 Aボタン・・・キテレツがジャンプします。(水中)キテレツが泳ぎます。
 Aボタン+十字ボタン上・・・キテレツが逆さまに貼り付きます。 ※FC『重力装甲メタルストーム』のような感じです。
 Bボタン・・・発明品を使います。

<プロローグ>
 ワガハイの名はコロ助。助けてほしいナリ!実は昨日、キテレツが新しい発明品を作ったナリ。それは『夢見鏡』といって、みんなの夢の世界を映し出す不思議な道具ナリ。しかも、その世界の中に入って遊ぶことができるスグれものナリ。ようやく完成して、みよちゃんを呼びに行ったスキに、ブタゴリラとトンガリが上がりこんで、『夢見鏡』をかってに動かして壊してしまったナリ!

 ワガハイとキテレツがみよちゃんを連れて戻ったとき、『夢見鏡』はすでに壊れたまま動き始めていて、ワガハイたち5人は「ゆがんだ夢の世界」へ引き込まれ、閉じ込められてしまったナリ。5人はバラバラになってしまったけど、どこかで助けを待っているナリ。この世界から抜け出すには、きっとキテレツの発明が必要ナリ。おぬしを見込んでたのむナリ。キテレツに”早くみんなを助けに来てくれ”と伝えてほしいナリ・・・・・・。

<裏技>
[無敵パスワード]・・・あいことばを「こうああああああ」と入力する。キテレツとみよちゃんが無敵の状態で2面から始まる。