2014年10月30日

家庭用ゲーム機興亡史 ゲーム機シェア争奪30年の歴史

b527.jpgb527-ura.jpg

 2014年5月24日発行、株式会社オークラ出版発行。1,500円+税。260ページ(裏表紙含む)。

<内容>
 著者:前田尋之。8章構成で、国内の家庭用ゲーム機30年位の流れを掴むことができる。

第1章:ファミコン登場前夜 群雄割拠の時代
第2章:社会現象を起こしたファミコン
第3章:ポストファミコン争奪戦
第4章:ROMカートリッジからCD−ROMへ
第5章:2Dから3Dへ、新技術の変革
第6章:セガの最後の挑戦、ドリームキャスト
第7章:ゲーム人口の拡大へ、任天堂の挑戦
第8章:そして現代へ
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム関係の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする