2014年09月22日

MD『ウルトラマン』

1993年4月9日発売/マーバ/5,800円(別)/B・ACT/1人用
1615.jpg

<ゲーム内容>
 ウルトラマンを操り、制限時間180秒(3分)以内に怪獣を倒す1対1の格闘アクションゲーム。残り時間が60を切ると、胸のカラータイマーが青から赤に変わり点滅を始め、0になると消えて、ウルトラマンは倒れてしまう。また、ステージクリアする為には、敵のパワーメーターを0にして、FINISHサインが出ている間にスペシウム光線を浴びせて倒さなければいけないシビアさもあり。全10ステージで、基本的にはスーパーファミコン版と一緒。

<操作方法>
【バトル画面での基本操作】
 方向ボタン左右・・・ウルトラマンの移動
 方向ボタン下・・・しゃがむ
 Aボタン・・・ウルトラキック、敵と組み合っているときは岩石落とし
※ブルトンの怪光線で動けなくなったときやシッポでしめられたときに連射すると逃げられます。
 Bボタン・・・ウルトラパンチ、敵と組み合っているときはウルトラチョップ
 Cボタン・・・ジャンプ

【こんな技もつかえます。】
 方向ボタン上+Cボタンを押してからAボタン・・・急降下キック
 方向ボタン左右斜め下・・・前転、後転
 方向ボタン上+Cボタンを押してからBボタン・・・急降下チョップ
 方向ボタン下+Bボタン・・・バリアー(必殺技ゲージを1消費)
 方向ボタン下+Cボタン・・・光線技選択
 方向ボタン上+Cボタン・・・ハイジャンプ

【その他の画面での基本操作】
 方向ボタン上下・・・オプション項目選択、名前入力の文字選択
 方向ボタン左右・・・オプション項目変更、名前入力時のカーソル移動
 スタートボタン・・・オプション実行、名前入力決定

<ストーリー>
 大宇宙、怪光を放って飛ぶ青い玉と、それを追う赤い玉。ビートルでパトロールしていた科特隊のハヤタ隊員は、地球に侵入したこの青い玉を追跡した。

 だが、続いて現れた赤い玉にビートルは衝突。ハヤタを乗せたまま墜落し、爆発炎上してしまったのである。

 燃え盛る炎と、残骸の中に横たわるハヤタ。その身体が突然フワッと浮かび上がると、赤い玉に包まれ始めた。赤い玉の中、ハヤタは意識の底から問いかけた。

 「おい、誰だそこにいるのは。君は一体何者だ?!」

 「M78星雲の宇宙人だ・・・」

 宇宙人は、ハヤタと一心同体になり、地球の平和のために働きたいと、ベーター・カプセルをハヤタに渡した。青い玉となって地球に侵入したベムラーが、その姿を現わした時、M78星雲の宇宙人からその命を託されたハヤタ隊員は、ベーター・カプセルで宇宙人に変身した。マッハ5のスピードで空を飛び、強力なエネルギーであらゆる敵を粉砕する、不死身の男となったのだ。

 ベムラーを倒した宇宙人を、ハヤタはウルトラマンと名付け、平和を乱す怪獣や宇宙人との戦いが始まった。

 それ行け!我らのヒーロー!!

<裏技>
〔オプション画面〕・・・タイトル画面時に方向ボタンの上を押しながら、スタートボタンを押すとオプション画面があらわれる。難易度(EASY、NORMAL、EXPERT)やラウンドセレクト(ステージクリアしているところまで。また選択したステージのみ)、サウンドテスト、ミュージックテストが選べる。

続きを読む
posted by 将 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メガドライブ(MD) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする